FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

桜三昧


21_20200401153653995.jpg
ソメイ桜の見頃は雲のようだ。
桜雲(おううん)・・・桜の花が一面に咲きつづいて、遠方からは白雲のように見えること、とある。
果して他にこのような花があるだろうか。
押し迫るような迫力があるが、それでいてひとつひとつの花は優しく見える。
何とも不思議な花だ。


22_20200401153654612.jpg
花だけではない。枝ぶりも均整がとれていて、実に心地よい。


23_20200401153656983.jpg
咲きそろうと、あっという間に散ってしまう。
ソメイヨシノのルーツは江戸、パット散る潔さは江戸っ子気質に似ている。


24_202004011536576f8.jpg
こんな場面ではオートフォカス任せで撮りたくなるが、ピントを合わせるポイントで微妙に印象が変わる。
ここではマニュアルフォーカスでピントの位置を変えて数枚撮ってみた。
幹に合わせるか手前の枝部分に合わせるか。


  1. 2020/04/05(日) 06:07:53|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

今年も会えた


11_20200331170200a7f.jpg
今年も桜と菜の花のコラボが見られた。
菜の花の花期は長いので、先に咲いて桜の開花を待つということになる。
その待った甲斐があったようだ。今年も仲良く咲き揃って春風情を味わえた。


12_202003311702051f4.jpg
欲張り構図になってしまったが、こちらは桜を主役と考え桜の割合を多くした。


13_20200331170208676.jpg
こちらは菜の花を主役としたが、ちょっと菜の花のボリュームが足りなかったかナ。


14_20200331170209bb0.jpg
桜のトンネルには誰もいない。急いでパチリ。
いつもの年の足元は緑色の草で覆われているのだが、今年は早々除草剤が巻かれ雑草が茶色に枯れたのだ。
色彩的には面白いのではないかな。

  1. 2020/04/03(金) 06:00:53|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

春うらら


1_202003310847003e7.jpg
「春うらら」
例年ならば年度代わりの出会いと別れの時ではあるが、今年はそんなどころではない。
一年中で一番ウキウキする季節のはずだが、コロナ自粛で外出や人との繋がりもままならない。
こんな時には写真で春の気分を味わうことしかないかと、撮り溜め写真を整理してみた。


2_20200331084702c56.jpg
菜の花は桜と違い花期が長い。
散歩道の河川敷も黄色い花が延々と繋がり、黄色と緑のコラボが実に心地よく感じる。


3_202003310847039bc.jpg
ハナモモ、この花も花期が長い。
白、ピンク、赤の三色が程よくマッチしている。
もう少し画角を広げようと思ったが、風景画に拘れば、出来得る限り人工物は入れなくないので、構図もいっぱいに切り詰めた。
スナップ写真的に撮るならば、人工物はあえて取り入れた方が生活感が出て良いと思うが。
右隅の幹の向こうには白い看板があったが、幹で隠れるように撮影位置を変えて撮ったのだ。
私の拘り病は治りそうにない。(>_<)



  1. 2020/04/01(水) 06:01:01|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

思いがけない出会い


11_20200328190940ba9.jpg
カタクリの咲く環境で良く見かけるニリンソウだ。
ひとつの茎に2つの花芽を持つところから二輪草といわれる。
花期は3月から6月、この花に似た名前の一輪草がある。
一輪草はその名の通りひとつの茎にひとつの花芽を持ち花期は4月から5月。
二輪草の花が2センチくらいに対し、一輪草は4~5センチとひと回り大き目だ。


12_202003281909414bf.jpg
絵になる形と色彩のアマナだ。
最初はスルーしたが、カタクリの撮影が終わって帰り際に何となく撮ってみた。
花は細長く閉じているものが多く中のシベが良く見えない。
たまたま開いていた花があったので真上から狙ってみた。
後で調べてみたらアマナという花で希少な花だということが分かった。
もう少し撮っておけばよかった・・・・・。


13_20200328190943a16.jpg
この水芭蕉もカタクリ撮影の帰り際に見つけたのだ。
この花は綺麗な水を好むといい、寒さに強いことで雪解けの湿地が似合いそうだ。
白い部分は花ではなく仏炎苞(ぶつえんほう)と言い、肉穂花序(にくすいかじょ)を包むものだという。
その肉穂花序とは花のことで、緑の棒状の部分に見える小さなぽつぽつのこと。
拡大して見ると確かに小さな花だと分かる。


14_20200328190944784.jpg
綺麗な水を好むと言えば、このワサビの花もそうだ。
私は花を写真表現として撮っているので、図鑑のようにはっきり撮らない。
なので分かりずらいと思う。悪しから。(*^-^*)




  1. 2020/03/31(火) 06:07:24|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:0

カタクリ


1_20200328161254c93.jpg
カタクリの花期は3月から5月だという。
森の落ち葉の中から顔を出す春の妖精とも言われている。
花は陽が当たらないと開花しないので、日の当たらない時間帯や曇天の時などには見られないようだ。


2_2020032816125561e.jpg
春の花なので春らしくやんわりと表現したい。
前ボケなどのボケを生かして露出を多めにしてやると、思わぬ表情が撮れるかも。


3_20200328161255472.jpg
今ではジャガイモやサツマイモのデンプンが片栗粉として使われていると言うが、昔はこのカタクリの根から抽出したのだと言う。
私はあのカタクリ粉の触覚を思うと、雪を踏みしめた時のキュッキュッという感覚が思い浮かぶ。


4_2020032816125731b.jpg
花の部分にだけに木漏れ日が射したものを見つけた。
少し暗めに撮ったら影がくっきり表現出来た。
カタクリの手持ち撮影では姿勢が低くなる。
どんな格好なのかなと、他の人の撮影の姿勢を見てみたら・・・
丁度猫が伸びをしている格好に思えた。
撮影が終わるととても肩が凝った・・・・これぞ正しくカタコリの花だ。(*^^)v

  1. 2020/03/30(月) 06:00:10|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (41)
旅風情 (43)
春(3・4・5月) (130)
夏(6・7・8月) (87)
秋(9・10・11月) (94)
冬(12・1・2月) (86)

月別アーカイブ