フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

いつもの花園

 最近は大分日が長くなって来たので夕刻が長く感じます。夕食まで時間があるので、最近ご無沙汰しているいつもの花園へ出かけてみました。花撮は花の勢いがある早朝から昼前までがベストかなと思いますが、それはそれとして・・・・・。まずはカメラを持たずに、園内をぶらぶらしながら被写体を物色します。花壇には少しずつですが、珍しい草花が植えられています。ここでは、原種を植えることに拘っているようです。そんな訳で、園内には盗掘しないようにとの警告板があちこちでみられました。万引き感覚で持って行く人がいるようです。盗る(撮る)のは写真だけにして欲しいものですね。




1_201805220904588c6.jpg
名札にはキハギとありました。ネットで調べてみると花期は7月から9月とありました。随分早咲きだなと思いますが、あの名札は果たして正確なのかな?



2_2018052209050122a.jpg
今はバラが沢山咲いています。バラは品種が沢山あるので詳しい名前には拘らずに、シンプルに「バラの花」です。



3_201805220905039cd.jpg
こちらはカルミアというシャクナゲです。シャクナゲというと大きな花を思い浮かべますが、こちらは小振りの花が房状に集まっています。左の白色もカルミアです。



4_201805220905030c0.jpg
ムシャリンドウ・・・まだ咲き始めのようです。花期は6月から7月、今年はどの花も開花が早いのでしょうか。



5_2018052209050444e.jpg
ハナイカダ・・・図鑑では見ていましたが、現物は初めてです。これはまだ蕾のようなので、数日後にまた撮影したいと思います。



6_20180522090506aab.jpg
野良ちゃんでしょうか、何撮ってんだよとにらまれてしまいました。よーく見ると、毛並みも良く随分お太りになられているようなので、多分ご近所の飼い猫なのでしょう。















  1. 2018/05/22(火) 09:33:59|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

吹割の滝 2

 吹割の滝は川床の大きな割れ目に、双方向から流れ落ちるといったもので、東洋のナイアガラと言われており、本来の滝のイメージとは違っています。川岸には遊歩道が整備されていて、目線で渓谷美を楽しめます。更に滝の落ち込み付近まで近づくことも出来ますが、足元が滑りやすく転落の危険があるため、滝つぼが見えるポイントまでの立ち入りは規制されています。パンフレットの写真では滝つぼが見えていますが、今はこのアングルからの撮影は出来ないようです。




11_20180519085846f12.jpg
渓谷風景にはヤマフジがアクセントになります。このアングルは私の定番で、橋の欄干からの俯瞰撮影です。どんな大きな橋でも構造上揺れるように出来ています。車や人の動く振動を受けやすいので、三脚などを使ってスローシャッターで撮影する時などには、橋の上に車が通過していないか、気遣いながら撮らないとブレ写真になってしまうことがあります。



12_2018051908584811f.jpg
浸食されて出来たと思われる自然のアートも楽しめます。



13_20180519085849ee4.jpg
雨でぬれた絶壁の色彩が色濃く見えます。



14_20180519085850cee.jpg
これが吹割の滝の一部分です。落差が7m幅が30m余りあるといわれています。



15_201805190858513b3.jpg
手前からと奥の方からとふたつの流れが、割れ目に落ちて行く様子を、高速シャッターで止めてみました。



16_20180519085853dd8.jpg
滝の全体は、こんなイメージです。常にしぶきが立ち込めています。さぞかし癒しのマイナスイオンが注いでいることでしょう。
滝壺はどんな感じなんだろう・・・・そこ(底)が知りたいですね。(*^^)v


17_2018051908585410b.jpg
そこ(底)が知りたくて、滝を俯瞰で見られる観曝台にやって来ました。滝との距離がかなりあるので望遠で狙ってみました。これで滝の全容が見られたかなと思いますが。思い起こせばここからの撮影は、フィルム時代で写真を始めたばかりの頃だったように思います。ああ、懐かしや懐かしや・・・・・・。










  1. 2018/05/20(日) 08:00:13|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:0

吹割の滝

 昨日(17日)は、群馬県沼田市にある吹割(ふきわり)の滝に出かけて来ました。たまたまTVで水量がピークであると知ったのです。水の流れの白いしぶきは、晴れの日には露出オーバー気味になってしまうのですが、予報が曇りのようでしたので、朝になって出かけることに決めました。現地へ着くと、曇り空どころかポツリポツリと雨が降って来ました。雨具など装備が大変でしたが、絶好の撮影日和とばかりポイントへと向かいました。




1_20180518132622ef7.jpg
吹割の滝は片品川にあります。水源はあの有名な尾瀬湿原辺りなのです。清流の片品川もこのあたりになると、川床は浸食されやすい地質になり、御覧のようにゴツゴツとした川床になっています。



2_201805181326243aa.jpg
全体的に水深は浅く流れは速くなっています。



3_2018051813262570b.jpg
3-1_20180518132629417.jpg
浸食された川床へ流れ落ちる瞬間です。上が1/400で止めたもの、下がスローシャッター1/8で流したものです。このように黒い部分がある時はスローでも良いかなと思いますが、白いしぶきの多いポイントでは、ハイスピードでしぶきをリアルに表現した方が良いかと思います。スローで流したものは、雲のようにただ白いだけで流れのリアル感がありません。



4_2018051813262998b.jpg
流れだけではなく、切り立った絶壁の造形も面白いです。



5_201805181326308bd.jpg
絶壁に生える緑も綺麗です。紅葉の時も逃がせない風景になりそうです。




6_20180518132631334.jpg
下流に向かってくると、これからはだんだんと見どころが多くなり、吹割の滝へと流れ着きます。


*次回をお楽しみに(*^^*)





  1. 2018/05/18(金) 14:22:35|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

渓谷

 花もひと段落して緑が多い季節となりました。またまた気温が高くなるとの予報です。そして今年は例年よりも降水量が多いとか。そうなれば渓谷が面白いかな。昨日はダムの上流へと出かけてみました。カメラマンは私だけ、玉に遭遇する人影は渓流釣りの人たちです。途中ダムの資料館へ寄ってみたところ、全国のダムをモチーフにした写真展の作品が展示してありました。撮り鉄ならぬ撮りダムもいるのだと驚きました。夜景や四季折々のダムの姿をうまく切り撮った力作ばかりでした。




1_20180515192806ba6.jpg
晴れた日の渓谷は清涼感たっぷりで気持ちが良いですが、木漏れ日が入る場面はコントラストが強く露出が難しいです。



2_201805151928071e1.jpg
なるべく木漏れ日の無い木陰を狙いたいのですが、中々うまいポイントが見つかりません。



3_20180515192808bdd.jpg
狙った訳ではなく撮ってみたら、木漏れ日で流れのしぶきがきらりと光っていました。



4_20180515192810958.jpg
沢から流れ出る小さな小さな滝を見つけました。広角レンズで狙ったらスケール感が出ました。実寸は落差50センチくらいの滝なのですが。水分豊富で緑の葉っぱが生き生きいています。



5_20180515192811c21.jpg
両岸に緑があるので、真ん中に流れを入れて欲張り構図にしてみました。



6_20180515192813931.jpg
深い渓谷の橋から望遠で引き寄せて撮りました。渓谷も上から狙うと木々が邪魔をしてしまいます。あの木が無ければ絶好の構図なんだけどな・・・・・・。台風であの枝が折れてくれればいいのに・・・不謹慎な心のつぶやきが過ぎります。××(>_<)




*渓谷の撮影はほとんどが望遠での俯瞰撮影なので、構図ばかりに気を取られていると転落などの思わぬ事故になり兼ねません。もう少し寄りたいなと思っても無理をしないことですね。


  1. 2018/05/16(水) 07:53:36|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:8

母の日

 今日13日は母の日ですね。何故か父の日より盛り上がりがあるような気がします。この記念日は世界的なようですが、どんな経緯で出来たのかは別にして、日頃の母親の苦労を労う日だということは分かっているのですが・・・・。母親って全て子供からの目線ということですから、祝う側祝われる側の年齢は様々でしょう。そして、その祝う気持ちや形も色々でしょう。趣旨は変わらずも、その内容は今後時代と共に変わって行くのでしょうね。




1_201805130904555e3.jpg
母の日は贈り物が一番多いのかな。



2_201805130904577f0.jpg
ほっとひと息ついてもらうティータイムでのもてなしも良いかな。



3_2018051309045834d.jpg
バラ・・・花ならばカーネーションが定番のようですが、日頃当人が好んでいる花を贈るのが良いのかな。



4_20180513090500fe2.jpg
ルピナス・・・生花は直ぐに終わってしまうので、大きく伸ばした花の写真が良いかも。



5_2018051309050148f.jpg
タニウツギ・・・写真ということになれば、園芸種だけではなく自然の花でも良いかな。



6_20180513093414a64.jpgIMG_8466160507120102_1.jpg
ユリノキ・・・珍しい花かと思いますが、ユリというよりチューリップのような形です。かなりの高木に咲いています。



*やはり花は万人受けをするものなのかなと思います。
  1. 2018/05/13(日) 09:28:35|
  2. コレクション
  3. | コメント:2
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (29)
旅風情 (35)
春(3・4・5月) (108)
夏(6・7・8月) (47)
秋(9・10・11月) (61)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ