FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。               なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

今年の紅葉は


21_2019101313233079c.jpg
前代未聞の台風19号は各地に爪痕を残し、足早に去って行った。
避難所からの帰り道の空は何事もなかったかのように見える。
こんな光景に目をやる暇もない被害地域の実情を思うと、自然の気まぐれさに唖然とするばかりだ。
被災地域の早急な復旧を祈るとともに、お見舞いを申し上げたいと思います。


22_20191013132334a01.jpg
私には馴染みの八千穂高原も気温の高め傾向が続いているため、紅葉の見頃は遅れているようだ。
このような光景はもう少し先になるのだろう。
こんな年は紅葉の色付も良くないことが多いように思うが、そうでないことを祈りたい。


23_2019101313233670a.jpg
紅葉が綺麗でない年には水辺の紅葉を狙うと良いかなと思う。
今までの経験でそんなことを記憶している。
夏の乾燥期でも水辺の空気はほどほどの湿り気があるからなのか。


24_20191013132337189.jpg
水面に映る紅葉風景は瑞々しく感じる。
朝露で枯草も生き生きしているように見える。
こんな光景に出会うとワクワク感が増してくる。


25_201910131323371c5.jpg
朝霧の漂う高原の早朝も、色彩がいっそう鮮やかさを増すようだ。
背景だけに霧が掛かっているので、赤い紅葉部分は鮮やかさがそのまま表現できた。








  1. 2019/10/14(月) 00:00:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:0

小さな秋


21_201910091447130ac.jpg
週末にまた台風がやって来る。しかも今季最大級の台風だという。
被害は免れないであろうが、最小限の被害であって欲しいと祈るだけだ。
まさに嵐の前の静けさだろうか二日続きの晴天に、群馬県の赤城山に出かけてみた。
まだ全体に緑が濃く紅葉の光景は見ることが出来なかった。
更に木々の枝先を見ると紅葉というより枯れ葉が目立つ。
週末の台風による被害と共に紅葉が心配だ。


22_2019100914471537e.jpg
カメラを構えるまでの紅葉も無いので、道端に咲く小さな秋風情を狙ってみた。


23_20191009144717393.jpg
何枚も撮ったススキの中の一枚。
穂の並びが落ち着ける一枚が撮れた。





  1. 2019/10/10(木) 06:30:08|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

懐かしの紅葉風景


11_20191007163636161.jpg
9年前の2010年10月は北海道への紅葉の旅だった。(2011年10月11日撮影)
支笏湖に宿泊し、雨上がりの早朝にレンタカーで恵庭渓谷に向かった。
ここラルマナイ自然公園では三つの滝を見ることが出来る。
これは落差15m、幅18mの「白扇の滝」 
白い扇を広げたような優雅な姿に見えるところから名付けられてという。
絶え間なく続く滝の音を聞いていると時を忘れそうだ。


12_20191007163641500.jpg
こちらは岩床を這うように流れる「ラルマナイの滝」
アイヌ語で水無沢という意味だ。というものの水量は少なくはない。


13_2019100716364207f.jpg
流れが三段になって落ちて来る「三段の滝」
この奥地の熊の沢という沢地には源義経の財宝が眠るという黄金伝説があるそうだ。


今年は予定していなかったが、来年は訪れてみたい紅葉の北海道だ。

  1. 2019/10/08(火) 05:35:03|
  2. コレクション
  3. | コメント:2

巾着田の彼岸花


1_201910031717224eb.jpg
ここは日高市にある巾着田曼殊沙華公園だ。
川の蛇行した形が「きんちゃく」に似ていることから巾着田と呼ばれ、
その河川の増水などで漂流物に混じった彼岸花の球根が根付き、この群生になったと考えられている。


2_20191003171725f1d.jpg
見頃のこの時期は出店やイベントが行われており、入場は有料となる。
群生を囲むように遊歩道があり、広角で撮影すると奥の方にはほぼ人影が入ってしまう。
自然の風景を撮りたい私はファインダーを覗きながら、人が木の影に隠れる瞬間を待ってシャッターを切る。


3_20191003171726fea.jpg
橋の上から俯瞰で撮るとこんな感じに撮れる。
これだけ密集した光景はなかなか見られないだろう。


4_201910031717263f1.jpg
イベントに出演の猿が出店に挨拶して愛嬌を振りまいていた。


5_20191003171727148.jpg
帰りに秩父市にあるミューズパークに寄ってみた。
お馴染みの銀杏並木は緑色から黄色く色付き始めていた。
例年だと10月下旬から見頃を迎えるようだ。

  1. 2019/10/04(金) 00:00:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:8

シュウメイギク


21_2019100110233826c.jpg
8月から11月に掛けて咲くというシュウメイギクは、秋の風物詩と言われている。
漢字で書くと「秋明菊」だが菊の仲間ではないそうだ。
春に咲くアネモネの仲間だとか。


22_20191001102339c36.jpg
花の色は白、ピンク、紫をよく見かける。
耐寒性が強く日陰でも育つようで、繁殖力の強い多年草と言われる。


23_20191001102339d63.jpg
花言葉は「薄れゆく愛」「忍耐」「淡い思い」だとか。
耐え忍ぶという日陰の印象の花に思えてしまう。
繁殖力が強いということで雑草魂も兼ね備えている花のようだ。


24_20191001102341101.jpg
この花もコスモス同様あっち向いてホイ的で花の向きが一様ではない。
これも私には構図が決めにくい花だ。


25_201910011023432d9.jpg
これはおまけの「扶養家族」だ。
私は花の名前を覚えるために駄洒落で覚える。
インスピレーション的にパット頭に浮かんだものが良い。
ひねり過ぎた駄洒落では思い出すことが出来ないことになる。
このフヨウは7月から10月の花で8月9月が見頃だという。
花のひとつひとつは3日ほどで散るが、次々と咲くので長く楽しめる花だとか。



  1. 2019/10/03(木) 00:00:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:0
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (35)
旅風情 (39)
春(3・4・5月) (110)
夏(6・7・8月) (87)
秋(9・10・11月) (77)
冬(12・1・2月) (53)

月別アーカイブ