FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

愛機との別れ

 いつも気になっていた中古でも引き取ってもらえなかった壊れたデジタル一眼。アナログのフィルムカメラなら修理をすれば、また長く使えるのでしょうが、デジタルカメラは修理をしても修理代に見合った分だけ、後々使えるかと言ったらそうはいかないでしょう。でもただ捨てるのも残念だし、どうせ捨てるなら後学の為にいっそ分解してみようと思いました。もう処分するとなると、後々復元することなど考えることはないので気軽に出来そうだ。




1_20181111160238570.jpg
10年ほど使った愛機のひとつです。分解し始めたところで記録に残そうと思いつき、後継機のミラーレスで撮ってみました。



2_20181111160240cfe.jpg
一眼レフカメラは、レンズからの像をファインダーで覗くためミラー(反射板)とプリズムが付いています。



3_20181111160242256.jpg
シャッターを押すと、ミラーが跳ね上がります。その瞬間ファインダーの像が見えなくなりますね。強制的にミラーを上げて、シャッターを押した状態を再現しました。奥にはシャッター幕が見えます。(中央の四角い部分です)



4_2018111116024317a.jpg
カメラの裏側のカバーを剥がすと、基板と言われる電子回路でいっぱいです。



5
その基板を剥がすと、デジタルカメラの心臓部である、撮像素子(イメージセンサー)があります。この緑色の部分に像が写るわけで、これがフィルムの役目をしているのですね。このカメラのセンサーは横22.3mm、縦14.9cmmでAPSサイズと言い、フィルムサイズより小さいです。このセンサーサイズはメーカーによってやや違います。なのでアナログのフィルムサイズ(36mm×24mm)より小さいセンサーカメラでの使用レンズの焦点距離を35mm換算で表現しています。




6_20181111160246f2c.jpg
さっきのシャッター幕を後ろ側から見たところです。この部分に撮像素子(イメージセンサー)の青い部分が、レンズ側に向かって付くのです。


7_20181111160247b72.jpg
これはボタン電池です。ほとんどのデジカメに付いているでしょう。日付や時計、設定した機能が、電池を抜いても消えないのは、これがバックアップとして働いているからです。多分今はこの電池が消耗する前にカメラを買い替える人が多いので、気付かずにいるのかなと思います。ちなみにこのカメラは10年ほど使ったので、一度だけ交換しました。



8_201811111602492a4.jpg
結局愛機はこんな無様な格好になり廃棄処分となります。今のデジタル機器はある意味消耗品ですから、次から次へと新型が出て来るので、長く使いたくても保守するための部品がなくなってしまうのですね。余程愛着があるのなら、飾り物として持っているしかないでしょう。



*一眼レフカメラは、レンズを通して像を見るためのプリズムの重量がかなり重いのです。でもミラーレスは、その名の通りミラーが無いので、像を見るためのプリズムが不要です。その分軽いのです。ちなみにファインダーの付いているミラーレスもありますが、これは電子式のファインダーで、プリズムは必要ないのです。液晶モニターを小さくして見るものだということですね。



  1. 2018/11/12(月) 06:00:12|
  2. コレクション
  3. | コメント:0

紅葉北海道 2

 北海道の紅葉は広葉樹の黄色系が多いのかな。私も全道を廻ったわけではないので何とも言えませんが、私の印象ではそう感じます。紅葉の見頃予測は難しいですが、今年はキャンセルが多いと聞いていますので、直前の紅葉情報で予約も叶うのではないでしょうか。北海道は広大なので、有名なポイントだけではなく、レンタカーなどを使って地域を絞ってのポイント探しも良いのでは。



1_20180917091102c22.jpg
ニセコエリアにある神仙沼自然休養林・・・・遊歩道を歩きながら沢山の池塘が見られます。ここでは色彩豊かな紅葉が見られるので、お勧めのポイントです。(撮影日2013年10月9日)



2_20180917091105530.jpg
池塘を楽しみながら遊歩道を歩くと「神仙沼」に辿り着きました。時折ガスに覆われ幻想的な光景になると、パワースポット的な雰囲気が味わえるかも。



3_20180917091106bbf.jpg
私の紅葉撮影は気まぐれです。撮影ポイントが分からなくなることもしばしば。これは確か羊蹄山を取り巻く道路を周遊している時だったかな。路肩にある車はマイレンタです。余り交通量の少ない郊外の道路でも、景色に見とれて脇見運転をする車があるかも知れないので、綺麗な撮影ポイントがあっても駐車スペースのないところでの撮影はパスします。事故ったらせっかくの紅葉撮影の旅も台無しですからね。
(撮影日2010年10月9日)



4_201809170911071fd.jpg
羊蹄山の裾野を走行していると、こんな光景に遭遇しました。環水平アーク?虹がほぼ水平に見られたのです。時計を見たら2時(虹)ではなく、12時少し廻ったところでした。(=^・^=)(撮影日2014年10月16日)



5_201809170911098ce.jpg
道央からこちらは東へと地域が変わります。北海道で一番早い紅葉が見られる大雪山系の旭岳です。例年の見頃は9月下旬です。(撮影日2012年10月2日)



7_20180917091112c86.jpg
白金温泉の「白髭の滝」・・・このポイントは、車は通らない大きな橋の上からゆっくりと眺められます。水の色が良いですね。この年は10月始まったばかり、旭岳は紅葉が終盤でしたが、ここの標高では紅葉が始まったばかりでした。(撮影日2012年10月2日)



8_201809170911136e6.jpg
これは北海道でも人気のポイント、「青い池」です。水の色が日々刻々変化すると言われます。。なので、お気に入りの色彩はWBで微調整が効くかと思います。撮影日2012年10月2日)



6_20180917091111fea.jpg
紅葉は郊外ばかりではありません。札幌市内にある道庁の池でも、こんな光景が見られます。でもその前に雪が降ってしまうとどうなるのか?(撮影日2016年11月16日)



*偏ったポイントばかりでしたが、私のストック写真の範囲です。紅葉の季節を控えて風評被害が早く払拭されることを願いたいです。当然ながら私も近々に出かける予定です。



  1. 2018/09/17(月) 10:19:58|
  2. コレクション
  3. | コメント:4

紅葉北海道

 あの胆振東部地震から1週間が過ぎ日々復旧も進んでいるようですが、やはりこの地震の影響で、直接被害の無い観光地域での宿泊キャンセルが相次いでいるようです。でも時間とともに懸念材料は減少しつつあると思います。これからは観光での復興協力が、ある意味で道民の皆さんの励みになるのかなと思います。今月下旬には大雪山などの高山の紅葉は見頃となるようですが、その他の地域は例年ですと10月初旬から紅葉が始まるかと思います。この季節には是非北海道へ!思い立ったら今でしょう!




1_201809142039160bd.jpg
お馴染みの札幌テレビ塔から見た大通公園の紅葉風景です。数日前に降った残雪が見られます。(撮影日2010年10月27日)



2_2018091420391722e.jpg
札幌市南区定山渓にある「さっぽろ湖」。異国を思わせる佇まいです。(撮影日2014年10月15日)



3_2018091420391872e.jpg
札幌市南区定山渓 豊平峡。上流には豊平峡ダムがあり、岩肌の紅葉が見事です。(撮影日2013年10月8日)



4_20180914203920f76.jpg
千歳市郊外の支笏湖近くにある「オコタンペ湖」 天候や見る角度によって、湖面の色がコバルトブルーやエメラルドグリーンに変わって見えるという、北海道3大秘湖のひとつです。木立で視界が狭く撮影ポイントも限られているので、撮影には工夫が必要かなと思います。(撮影日2010年10月10日)



5_20180914203921452.jpg
支笏湖から洞爺湖方面に向かい、途中「三階の滝公園」入り口を左折、伊達市三階の滝公園にある「三階の滝」。(撮影日2010年10月8日)





*まだまだある北海道の紅葉名所、逆転の発想でこんな時だからこそ出かけてみては。


  1. 2018/09/14(金) 20:39:33|
  2. コレクション
  3. | コメント:6

真夏日

梅雨の中休みの今日は真夏日となりました。私の地域の最寄りの観測所である熊谷では、午後2時に最高気温34.8度が記録されました。あと0.2度で猛暑日ということでしたが、湿度が30%台ということなので、真夏の猛暑に比べれば体感的には少し優しいのかな。こうなると外出は億劫になります。仕事が無ければ、一日エアコンの効いた涼しい部屋でゆっくりしたい気分になりますよね。ストック写真で少しでも涼しく感じて頂ければ幸いです。




1
まずは冷たーいビールで喉を潤したいですね。これはテーブルフォト用に用意したノンアルコールビールですが、出始めのノンアルコールビールは味に癖がありましたが、最近は改良を重ねて来られたようで、私には違和感はなくなりました。アルコールが入っていなくても、それを知らないで飲むと酔った気分になるという実験結果もあるようなので、どなたかに試したら面白いかと思いますよ。(*^^)v



2_20180625153610905.jpg
暑い時は辛いもので新陳代謝を高めましょう。野菜カレーでヘルシーに・・・・・。セッティングに時間が掛かってしまうと、温かいものはおいしそうに見えなくなります。



3
食後はアイスティーで食休みですね。テーブルフォトも窓際などで自然光を使って撮れば、簡単に撮れると思います。食器類は百均で揃えたりしています。



4
午後3時でもまだ33度もあります。今夜は寝苦しい夜になるのかな。夏の夜は夏風邪にご用心ですね。



  1. 2018/06/25(月) 16:11:41|
  2. コレクション

母の日

 今日13日は母の日ですね。何故か父の日より盛り上がりがあるような気がします。この記念日は世界的なようですが、どんな経緯で出来たのかは別にして、日頃の母親の苦労を労う日だということは分かっているのですが・・・・。母親って全て子供からの目線ということですから、祝う側祝われる側の年齢は様々でしょう。そして、その祝う気持ちや形も色々でしょう。趣旨は変わらずも、その内容は今後時代と共に変わって行くのでしょうね。




1_201805130904555e3.jpg
母の日は贈り物が一番多いのかな。



2_201805130904577f0.jpg
ほっとひと息ついてもらうティータイムでのもてなしも良いかな。



3_2018051309045834d.jpg
バラ・・・花ならばカーネーションが定番のようですが、日頃当人が好んでいる花を贈るのが良いのかな。



4_20180513090500fe2.jpg
ルピナス・・・生花は直ぐに終わってしまうので、大きく伸ばした花の写真が良いかも。



5_2018051309050148f.jpg
タニウツギ・・・写真ということになれば、園芸種だけではなく自然の花でも良いかな。



6_20180513093414a64.jpgIMG_8466160507120102_1.jpg
ユリノキ・・・珍しい花かと思いますが、ユリというよりチューリップのような形です。かなりの高木に咲いています。



*やはり花は万人受けをするものなのかなと思います。
  1. 2018/05/13(日) 09:28:35|
  2. コレクション
  3. | コメント:2
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (33)
旅風情 (44)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (69)
秋(9・10・11月) (97)
冬(12・1・2月) (54)

月別アーカイブ