空の旅

 北海道の旅のもうひとつの楽しみは機上からの風景です。以前は離陸時と着陸時にはデジタル機器の使用制限がありましたが、2014年から制限が緩和され電波を発しない機器は使えるということになったのですが、うかつにもつい最近まで気付かずにいました。お蔭で今後は退屈な空の旅も楽しみが出来ました。当然ながら座席は窓際ということになりますが、主翼が視界を遮らない位置を選ばないと終始機外の風景は主翼だけで終わってしまいます。ちなみに主翼が視界を遮らない座席は、座席予約の図に示した主翼の枠から4席目以後かそれ以前がよろしいかなと思います。図に示す主翼の絵から外れていると思っても、実際はかなり主翼が目障りになってします。



1_20161115141022b58.jpg
まずは羽田空港のラウンジから窓越しに離陸を撮ってみました。屋上からでは、ワイヤーが邪魔して望遠レンズでないとワイヤーをぼかすことが出来ません。ただ窓越しですと、ガラスに反射している室内の灯りが写ってしまいます。それを打ち消すために通称「忍者」と呼ばれる小道具を使うのです。



2_2016111514102473a.jpg
駐機している機の作業状況を撮るのも面白いかと思います。



3_2016111514102604f.jpg
滑走路へ移動中の機内から見付けました。いつもは新千歳空港に駐機している政府専用機です。



4_2016111514102710e.jpg
当然飛行機は雲の上を飛ぶので上空はいつも青空ばかりですが、下に目をやると雲海の風景です。そして下界の光景はまさにグーグルアースの世界です。



5_20161115141028707.jpg
青森県下北半島の上空です。この位置になると機は着陸の為に降下を始めて高度が下がって来ますので、地上の光景もはっきり見えて来ます。



6_201611151410449b5.jpg
右前方には雪を被った大雪山系の山並が見えます。



7_20161115141046d76.jpg
復路千歳15:00発羽田行きの機上からの風景です。午後の日差しが雲の立体感を醸し出してくれます。



8_20161115141048a94.jpg
日常では見られない風景に感動です。これで夕景になると色彩が加わって綺麗なはずですが、羽田に近づいた日没の頃には下界の雲はすっかり取れて地上の景色が見えるだけでした。次回のチャンスに期待したいと思います。



10_20161115141051b14.jpg
おまけ画像・・・・・こちらは日没直後の札幌市の夜景です。



11_2016111609131371e.jpg
羽田空港からモノレールで浜松町駅、山の手線で東京駅、そして新幹線ホームへと・・・・・ここまで来るとホッと一息出来ます。
北海道新千歳空港を飛び立ち、埼玉の我が家の玄関まで到着するのに所要時間は3時間45分・・・・・速いものですね。



旅はいいものですね。見聞が広がり気分転換は出来るし、本場の食べ物はおいしいし・・・・・・また行くよ北海道  




[ 2016/11/17 08:00 ] 旅風情 | TB(-) | CM(2)

秋冬の札幌 NO.4

 旅の3日目(9日)最終日・・・今日は新千歳空港午後3時のフライトなので、午前中大通公園と旧道庁を廻ってみることにしました。 このコースは札幌観光のお決まりコースといえそうですね。ぶらっと歩きながらでしたが、今日は寒気が入って来たということで、一段と寒さを感じました。旅の最終日にやっと北海道らしい陽気となったようです。




2_20161114183828389.jpg
大通公園にやって来ました。御覧の通り他の木々は紅葉していますが、銀杏だけは完全な黄葉ではないようです。



3_201611141838299bf.jpg
ビルの谷間の紅葉風景も札幌ならではの風景なのかな・・・・・・。



4_20161114183830f09.jpg
旧道庁ですが、背景の現庁舎には違和感がありますね。せめて同じレンガ色にでもしてくれたらいいかな。



5_20161114183832ea0.jpg
こちらも背景がビルですが、外壁が風景に馴染んでいるように感じます。



6_201611141838335f1.jpg
映り込みが綺麗でした。



7_201611141838424f7.jpg
近づいても逃げる様子がないカモ・・・・カモん、カモんといっているのカモ?('ω')ノ



8_2016111418384446d.jpg
桜の紅葉がとても綺麗です。虫食いの穴がなく一枚一枚の葉がとても綺麗でした。



9_20161114183845992.jpg
ここの銀杏も完全な黄葉ではないようです。



IMG_5533161109110722.jpg
せっかくなので本来あるべき色合いにしてみました。





お名残惜しいですが、そろそろ駅まで向かうことにします。また来年お邪魔させて頂きます。


[ 2016/11/16 08:23 ] 旅風情 | TB(-) | CM(5)

秋冬の札幌 NO.3

 旅の2日目(8日)・・・・昨日の青空は何処へ行ったやら、朝から厚い雲に覆われ、歩道には傘を差す人の姿も見える。そんなことで、今日は中央区にある「ファクトリー札幌」に出かけることにしました。ここは全天候型の大型商業施設ということで、雨降りでも心配ないということです。



1_20161113083637406.jpg
入り口はこんな感じ。サッポロビールの工場跡地だということで、レンガ造りの工場の面影が感じられます。



2_20161113083639d46.jpg
早速目に飛び込んで来たのが・・・・・・サンタが煙突によじ登っている姿です。



3_20161113083641d32.jpg
いつになったら上まで行けるのかな?それにしても重そうです。もう少しダイエットしたら・・・・(=^・^=)



4_20161113083642bb0.jpg
中はこんな感じです。これなら天気は関係ないですね。奥にサンタが登っている煙突が見えます。



5_20161113083643eb4.jpg
高さ15mの大きなツリーが飾られています。このツリーはトドマツで広尾町のサンタランドから寄贈されたということです。



6_20161113083658030.jpg
午後4時からは、この吹き抜け空間全体にイルミネーションが点灯されるとのこと。でもそこまでは粘れそうにありません。



9_201611130837041c4.jpg
反対方向はこんな感じです。



7_20161113083700177.jpg
鮮やかな赤い絨毯にポインセチアがベストマッチです。



10_201611130837040db.jpg
裏側のエントランスで絵になる落ち葉を見つけ、アンダー目に撮ってみました。





次回もお楽しみに・・・・・ (*^^)v



[ 2016/11/14 08:30 ] 旅風情 | TB(-) | CM(4)

秋冬の札幌 NO.2

 今年の北大構内の銀杏並木は例年ほどではないのかな?全面黄葉とはいかないようですが、カエデ系の紅葉は賑わいを見せています。(撮影日11月7日)




11_20161111114150352.jpg
温か味を覚える黄色系のカエデが目に止まりました。



12_20161111114152df0.jpg
足元には仲良しカエデが。



13_20161111114154870.jpg
こちらは彩三昧。



14_20161111114156611.jpg
夕陽を浴びた眩い黄色とオレンジ色のコラボカエデ。



15_2016111111415626c.jpg
雪の重みで頭を垂れたドウダンツツジ。



16_201611111142080d9.jpg
鮮やか過ぎた赤色カエデ。




17_20161111114210952.jpg
こちらは根元が綺麗な大葉のカエデ。



18_2016111111421110d.jpg
凍り付いた池に彩の華が・・・・・・。




まだまだ続きます。次回をお楽しみに・・・・・・・(^^♪
[ 2016/11/12 08:34 ] 旅風情 | TB(-) | CM(4)

秋冬の札幌

 11月ともなると札幌の紅葉はちょっと時季外れか、と思いながら出かけてみたら・・・・・。思い付いたから明日行ってみようとはいかない飛行機での旅。紅葉を予測しての事前予約。前日まで雪模様の札幌、そして旅行期間中は生憎の空模様との予報と、紅葉撮影にはネガティブなことばかり。そんな7日から2泊3日の札幌への旅を敢行しました。
 初日はラッキーにも晴れ間があり明日は雨模様との予報とあって、午後の到着でしたが早速撮影スポットへと・・・・・。
札幌市内で紅葉といったら、まずは札幌駅から徒歩7分で行ける北海道大学ということになるのでしょうか。




1_20161110164241af1.jpg
おなじみの銀杏並木です。散っている葉もありますが、まだ青い葉も目立ちます。イメージとは違っていました。(撮影日全て11月7日)




2_201611101642438ff.jpg
勿論黄葉の葉もありますが、青いまま落葉したものも。消火栓の黄色が印象的でした。



3_2016111016424417c.jpg
白い画用紙に紅葉の貼りです。



4_201611101642451fb.jpg
雪景色も見られてラッキーです。関東人は一年を通して雪景色を見るのはほんの数日しかありませんので。



5_20161110164247710.jpg
夕日が差し込んで眩いばかりの構内です。道行く人が目の前で足を滑らせているのを見ると慎重になります。被写体探しに夢中になると足元がおろそかになります。旅先で怪我でもしたら最悪ですから、重心を低くして小股で歩くようにしたら結構疲れました。



6_201611101643015ca.jpg
こんなきれいな被写体を見上げる時も、必ず立ち止まって見ることを徹底しましたので、転ぶことなく撮影が出来ました。



7_2016111016430332a.jpg
幹に着いた雪が縁取りのようになっています。そこへ午後の日差しが差し込んで良い感じです。



8_20161110164304657.jpg
青空を見上げると枝の形が面白かったので、絵的な感じにしてみました。




続きは次回に・・・・・・・(*^^)v



[ 2016/11/10 17:34 ] 旅風情 | TB(-) | CM(8)