FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

紫陽花咲く

 いよいよ関東地方も梅雨入りの秒読み段階に入ったようです。梅雨時は雨でも蒸し暑かったり、時には肌寒い時もあったり、また晴れ間が出れば蒸し暑くなり、何とも憂鬱な時期となります。でもこの時期は、紫陽花が憂鬱な気分を和ませてくれそうです。そんな和みの花も、今年の開花は早そうです。昨日は群馬県前橋市の荻窪公園へ出かけてみました。




1_20180530195244052.jpg
この公園には10種類、16,000株の紫陽花が植えられています。



2_20180530195246673.jpg
花弁だと思っている部分は、装飾花といわれ実は顎だということです。本当の花弁は装飾花の奥の方にあるというのですが、私は未だ確認していません。



3_20180530195247369.jpg
紫陽花の基本的な色は青色とピンクですが、色彩は土壌のPHで決まるようです。酸性の場合は青色、アルカリ性の場合はピンク色となり、開花してからもそれぞれ色合いが微妙に変化するので、同じ花でも日によって違った色彩が楽しめますね。



4_201805301952484c1.jpg


5_20180530195250033.jpg


6_201805301952501ea.jpg



  1. 2018/05/31(木) 13:39:15|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:6

赤城山花ハイク 2

 今日(26日)は土曜日ということもあり、いつもの駐車場は満車でした。やむなく少し離れた駐車場に行ったところ、小沼を一周する遊歩道の奥にミツバツツジが見えました。緑の景色の中にピンク色の花はとても目立ちます。ちょっとのつもりで近づいて行くと、またその先にも花影が続いているではありませんか。更にもうちょっとと思いながら進んで行くと、今度は白い花が見えて来ました。





13_201805281453090c0.jpg
そそわれて近づいて行くと、湖面にせり出すようにミツバツツジが咲いていました。



12_20180528145309726.jpg
そしてこの白い花は、シロヤシオツツジのようです。



14_20180528145311861.jpg
紅白並んで、ハイチーズ・・・・。背景は湖面ですが、よく分からないですね。PLフィルターを持って来ればよかった。反射が抑えられて、背景がやや暗くなり花が浮き出てくるのにな・・・・・。



15_20180528145312b2f.jpg
こちらは斜面に咲くシロヤシオとミツバツツジが、うまい具合にコラボしています。
勿論私以外にも次々と通り過ぎるハイカーがシャッターを押していました。



16_20180528145313322.jpg
白樺牧場に咲くレンゲツツジです。多分赤城山でヤマツツジ、ミツバツツジ、ヤシオツツジ、レンゲツツジの花期が被るなんて、滅多にないことだと思います。今年は異常な陽気で、花も大慌てなのでしょうね。甚(花)だ遺憾に思います。(>_<)






  1. 2018/05/29(火) 07:49:57|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

赤城山花ハイク

 いつもの口癖ですが、今年の花期は全ての花で早いようです。群馬県の赤城山の今は、ヤマツツジ、ミツバツツジ、ヤシオツツジ、レンゲツツジが花盛りです。地図で見ると赤城山は日本列島のほぼ真ん中に位置します。裾野は第二の富士といわれるように長く延びています。赤城山の山は何と読むか?「あかぎさん」、「あかぎやま」と、ふたつの読みがあるようですが、地元では「あかぎやま」と呼ばれています。でも実際には赤城山という山は存在しません。7つの山を総称して赤城山と呼んでいるのです。その標高は最高峰の黒檜山(くろびさん)1,828mです。大沼、小沼、覚満淵などの湖沼があり、登山だけではなくハイキングも楽しめ、被写体も豊富かなと思います。




1_2018052709564756e.jpg
左側はヤマツツジです。橙色の混ざった赤色というのでしょうか。右側の紫に近いピンク色がミツバツツジです。正しくはトウゴクミツバツツジというのかもしれません。ヤマツツジはまだ蕾もあって、これからも見頃が続きそうです。



2_20180527095648c77.jpg
背景に小沼を入れてみました。この小沼には、湖畔を巡りながら自然を満喫出来るハイキングコースがあり、一方大沼は釣りやボートなどのリゾート的な雰囲気です。



4_20180527095651a01.jpg
これも背景は小沼です。観光化がされてなく霧が発生しやすいので、被写体としては面白いかなと思いますが、いまいちアクセント的なものが乏しいので残念なところもあります。



3_2018052709564920d.jpg
白樺をアクセントにしてみました。



5_20180527095651210.jpg
斜面の傾斜で構図に変化があって面白いかなと思います。



6_201805270956533f0.jpg
花を狙いたいのですが、手前の木々が邪魔をしてうまく狙えません。真ん中のミツバツツジを、画角を狭めた望遠レンズで覗き込んだ感じにしてみました。




  1. 2018/05/27(日) 10:28:08|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

いつもの花園

 最近は大分日が長くなって来たので夕刻が長く感じます。夕食まで時間があるので、最近ご無沙汰しているいつもの花園へ出かけてみました。花撮は花の勢いがある早朝から昼前までがベストかなと思いますが、それはそれとして・・・・・。まずはカメラを持たずに、園内をぶらぶらしながら被写体を物色します。花壇には少しずつですが、珍しい草花が植えられています。ここでは、原種を植えることに拘っているようです。そんな訳で、園内には盗掘しないようにとの警告板があちこちでみられました。万引き感覚で持って行く人がいるようです。盗る(撮る)のは写真だけにして欲しいものですね。




1_201805220904588c6.jpg
名札にはキハギとありました。ネットで調べてみると花期は7月から9月とありました。随分早咲きだなと思いますが、あの名札は果たして正確なのかな?



2_2018052209050122a.jpg
今はバラが沢山咲いています。バラは品種が沢山あるので詳しい名前には拘らずに、シンプルに「バラの花」です。



3_201805220905039cd.jpg
こちらはカルミアというシャクナゲです。シャクナゲというと大きな花を思い浮かべますが、こちらは小振りの花が房状に集まっています。左の白色もカルミアです。



4_201805220905030c0.jpg
ムシャリンドウ・・・まだ咲き始めのようです。花期は6月から7月、今年はどの花も開花が早いのでしょうか。



5_2018052209050444e.jpg
ハナイカダ・・・図鑑では見ていましたが、現物は初めてです。これはまだ蕾のようなので、数日後にまた撮影したいと思います。



6_20180522090506aab.jpg
野良ちゃんでしょうか、何撮ってんだよとにらまれてしまいました。よーく見ると、毛並みも良く随分お太りになられているようなので、多分ご近所の飼い猫なのでしょう。















  1. 2018/05/22(火) 09:33:59|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

吹割の滝 2

 吹割の滝は川床の大きな割れ目に、双方向から流れ落ちるといったもので、東洋のナイアガラと言われており、本来の滝のイメージとは違っています。川岸には遊歩道が整備されていて、目線で渓谷美を楽しめます。更に滝の落ち込み付近まで近づくことも出来ますが、足元が滑りやすく転落の危険があるため、滝つぼが見えるポイントまでの立ち入りは規制されています。パンフレットの写真では滝つぼが見えていますが、今はこのアングルからの撮影は出来ないようです。




11_20180519085846f12.jpg
渓谷風景にはヤマフジがアクセントになります。このアングルは私の定番で、橋の欄干からの俯瞰撮影です。どんな大きな橋でも構造上揺れるように出来ています。車や人の動く振動を受けやすいので、三脚などを使ってスローシャッターで撮影する時などには、橋の上に車が通過していないか、気遣いながら撮らないとブレ写真になってしまうことがあります。



12_2018051908584811f.jpg
浸食されて出来たと思われる自然のアートも楽しめます。



13_20180519085849ee4.jpg
雨でぬれた絶壁の色彩が色濃く見えます。



14_20180519085850cee.jpg
これが吹割の滝の一部分です。落差が7m幅が30m余りあるといわれています。



15_201805190858513b3.jpg
手前からと奥の方からとふたつの流れが、割れ目に落ちて行く様子を、高速シャッターで止めてみました。



16_20180519085853dd8.jpg
滝の全体は、こんなイメージです。常にしぶきが立ち込めています。さぞかし癒しのマイナスイオンが注いでいることでしょう。
滝壺はどんな感じなんだろう・・・・そこ(底)が知りたいですね。(*^^)v


17_2018051908585410b.jpg
そこ(底)が知りたくて、滝を俯瞰で見られる観曝台にやって来ました。滝との距離がかなりあるので望遠で狙ってみました。これで滝の全容が見られたかなと思いますが。思い起こせばここからの撮影は、フィルム時代で写真を始めたばかりの頃だったように思います。ああ、懐かしや懐かしや・・・・・・。










  1. 2018/05/20(日) 08:00:13|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:0
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (32)
旅風情 (36)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (69)
秋(9・10・11月) (68)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ