FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

彩雲


2_20201129145706651.jpg
今朝は曇り空から一気に青空が広がった。
そうかと思えば俄かに雲が太陽を覆う。
上空の風は目まぐるしく変わっているようだ。
その太陽を覆っていた雲が彩雲となったのです。
雲が太陽の近くを流れた時に、気象要素の条件が合えばこの現象が現れるという。


1_202011291457057b6.jpg
こちらは指のレントゲン写真・・・・のようだ。
左下の白いところが手のひらで、そこから斜め上の方に指が伸びている。
そう言われてみればそうなのかも、なんていわれそうですが。
想像力を養えるかと自問自答しています。


5_20201129160214190.jpg
晩秋から初冬の変わり目となり、我が家のユズの実も黄色く色付き始めました。
温かいうどんやそばの薬味に使いたいと思います。
今年も残すところ1ヶ月ですね。こんな時にコロナやインフルエンザに罹って年越しはしたくないです。
ユズ湯にも浸かり体調を整えたいと思います。


4_20201129145708a6d.jpg
これはヒーター内蔵ベストです。通販ではなく実物を見てホームセンターで購入して来ました。
ベストそのものはとても軽いですが、このiPhoneくらいのバッテリーをポートに繋げ内ポケットに。
電源のバッテリーは200gです。
ベストそのものは洗濯OKということですが、でも私は洗う気にはなりません。
温度調整は3段階、発熱部分は左右の胸と背部1ヶ所の計3ヶ所、体感的にはカイロのような感じです。
これで冬の撮影に挑戦してみたいと思います。

  1. 2020/11/30(月) 06:07:11|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

秋の空は


1_2020112614544413a.jpg
花や風景を撮る私には、これからは閑散期となってしまう。
春の花、秋の紅葉の季節は、PCに保存するファイル容量が多いが、
それに引き換え夏と冬は撮り溜めの写真は少なくなる。
そんな閑散期には何か撮らないとイライラすることがある。


2_2020112614544621a.jpg
そんな時には青空に浮かぶ雲を撮るようにしている。
とりわけ、これからの季節は空気も澄んで奇麗な雲が撮れる。
これは学名で巻積雲、別名はうろこ雲やひつじ雲とも呼ばれているそうだ。
雲の基本形は10種だというので、これくらいは覚えたいと思います。


3_202011261454461db.jpg
雲だけを撮るとスケールが分かりずらいので、地上の構築物や木々を入れると良いらしい。
確かに雲の写真はスケール感が大事かな。
秋の雲は広角レンズで広々と、夏の入道雲は望遠でぐっと迫った迫力感。
また雲の形に目を向けて、擬人化しているものを狙ってみたり。
わざわざ遠出しなくても身近で見られる雲は、安上がりの被写体と言えそうです。




  1. 2020/11/28(土) 06:07:50|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

名残の紅葉


1_202011242003362a0.jpg
見頃の定義は曖昧だと思いながらも、ネットで24日現在見頃というスポットに出かけてみた。
案の定枯れ落ち葉の方が多い光景に出会うことになってしまった。
まだ青さの多い頃の紅葉スポットと違い、枯れ葉の舞う頃は実に侘しい。
また一年待つことになるのだと思うと、あの暑い夏を乗り越えなくてはと思ってしまう。


2_20201124200337a5a.jpg
そんな心持でぶらぶらしていると、青・黄・赤と造花のような色合いの木に遭遇した。
辺りは色あせた紅葉ばかりの光景に、余計に際立つ3色のモミジだ。
これは今日の貴重な被写体なので何枚もシャッターを切った。


3_20201124200340dbe.jpg
こちらは場所を移動して、私のなじみの撮影スポット。
ここも枯れ木が目立つ中に貴重な一本のモミジがあった。
全体を見ると一部色あせた葉っぱがあったので、ぼろ隠しに思い切りハイキーにしてみた。


4_20201124200340183.jpg
クヌギ系の雑木林も足元は落ち葉のジュータン。
午後の日差しを浴びながら晩秋の思いに・・・・・
今年は何ともコロナに振り回された一年だったなー。
来年は今年の分を倍返しだ!!


  1. 2020/11/26(木) 06:19:07|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

晩秋


1_20201122164714559.jpg
紅葉前線は北から南へ高山から下界へと下る。
でも地形の影響や個体の種類で紅葉前線はセオリ通りではないようだ。
標高400mの紅葉はすでに色あせているのに、同じ標高のこの渓谷ではまだ奇麗な紅葉が見られた。
橋の上から見下ろすと奥には滝が見える。
その滝を覆い隠すようなオレンジ色のモミジが目を引く。


2_20201122164715c80.jpg
滝に通ずる階段を下りて行くと滝の正面に展望台があった。
ここに立つと何だか殺風景な風景となってしまった。
滝はスリムで迫力に欠けるし、横から突き出たモミジも何ともシンプルだ。
そこで滝の周囲を移動してみたが、結局滝と紅葉を絡めたベストな撮影ポイントは見つからなかった。


3_20201122164717d8c.jpg
車を走らせていると何とも鮮やかな赤色のモミジが目にとまった。
さっそく車を止めてカメラを構えてみたが、どうしても頭上の電線が入ってしまう。
やむなく電線部分を切り詰めた構図で撮った。


4_20201122164716e2f.jpg
カーブミラーに映った光景では、歪んで電線はずいぶん離れて見える。
こんなスナップ写真では電線もリアルでいいかも。


5_20201122164717d37.jpg
こちらは石材工場の資材置き場。
全体を見渡すと部材が散乱している空き地のようだったが、その部分を切り詰めてみたら
何ともすっきりした自然の秋の風景に仕上がった。
風景写真は余計なものは入れない引き算だというが、それが実践出来たような気がする。
山肌の紅葉は赤茶色に見える、まさに晩秋の風景に変わりつつあるようだ。

  1. 2020/11/24(火) 06:15:43|
  2. 秋(9・10・11月)

早起きして


1_20201121162545fca.jpg
4時起きして車で3時間の穴場といわれる渓谷の紅葉撮影に出かけた。
峠越えしてやっとたどり着いた上流の大滝。
あと少しのところで工事中のため通行止めの看板が。
仕方ないので木々の隙間に見える滝を望遠で撮ることにした。
すると見かねた工事の人が、手招きして朝早く来たのにと親切に滝の近くまで案内してくれた。
早起きが無駄にならなくて良かった。


2_20201121162550732.jpg
せっかく来たが見頃はもう過ぎていたようだ。
でも2本の大きなモミジの木が丁度見頃だった。
サイトを見ても正確な見頃の情報は分からない。紅葉撮影も幸運不運が付きものだ。


3_202011211625504c7.jpg
もう一本も奇麗な深紅のモミジだった。
時間が経過すると一台また一台とカメラマンがやって来る。
ここは大通りから渓谷へ入る案内板もない知る人ぞ知る穴場スポット。
来ては欲しいが大勢は御免だという隠れ観光地と言えそうだ。


IMG_5024.jpg
差し込む朝日に朝露が光る。
玉ボケを意識してマクロで一枚。
すると背景に気配が・・・・狸だ。
そう言えば今日は途中鹿と猿に遭遇した。
でもクマとの遭遇は御免だ。

  1. 2020/11/22(日) 06:04:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:0
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (62)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (161)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ