FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。               なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

六義園

 六義園(りくぎえん)とは、五代将軍・徳川綱吉の庭園で、後の明治時代に三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後東京市(都)に寄付されて、現代では都立公園となり国の特別名勝とされています。




1_20181130083314fea.jpg
まずは庭園の風情と言ったらこれでしょう。入園したら早速皆さんここで記念撮影となります。



2_2018113008331643f.jpg
中央に大きな池があり、この池を中心に周囲を散策出来るという「回遊式築山泉水」庭園です。その名の通り、山あり水ありの何とも優雅で贅沢なものです。平成の時代も終わるというのに、ここだけはまだ江戸時代の風情が漂っています。周りのビル群との対比が面白く感じられます。



4_20181130083319839.jpg
和の風情から望むコンクリートのビルは如何なものでしょうか。



3_2018113008331851a.jpg
順光で見ると見劣りする紅葉風景も、逆光では見違えてしまいます。そして背景はやっぱり青空ですね。



5_20181130083320765.jpg
落ち葉の絨毯はここでも人気です。皆さん記念撮影には余念がありません。写真を見ていると静寂な風景ですが、シーズンの名勝地は日本語だけにとどまらず、聞き慣れない言語が実に騒がしや、ああ騒がしや・・・・・×△◆*?○!!。(>_<)





  1. 2018/11/30(金) 09:06:47|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:4

小春日和

 秋だというのに、最近はニュースで小春日和という言葉をよく耳にしますが、実は小春とは旧暦の10月の別名で、現在では11月から12月上旬の季語だとか。小春日和とは、晩秋から初冬に訪れる暖かい晴れの日のことを意味しているとのこと。そんな小春日和の午後の日射しに誘われて、久々のいつもの花園に出かけて来ました。(撮影日11月28日)



1_201811281511374c3.jpg
いつもの花園も今は紅葉シーズンです。メタセコイアに斜陽が射して眩く見えます。この木は滋賀県高島市の並木で知られているようですが、この葉が落葉したら道路はどんなことになってしまうのかな。


2_20181128151138f8e.jpg
これはメタセコイアの花?実?どちらか分かりませんが、形が面白そうでした。メタセコイアはかなりの高さまで成長するようです。あるブログでは28mが日本一とありました。



3_20181128151139137.jpg
ちょっと分かりずらいですが、ナンキンハゼです。この木は濃い目のオレンジ色でとても綺麗に紅葉します。アップで撮れるところに木があったのですが、まだ紅葉していないので次回に再挑戦したいと思います。



5_201811281511391ec.jpg
赤いモミジもありました。ここには様々な種類のモミジがあります。紅葉の時期もズレがあるようなので、しばらく楽しめそうです。背景の木漏れ日が玉ボケになりました。



4_20181128151139a3a.jpg
こちらの赤い実はハナミズキです。紅葉の葉はすっかり落ちて赤い実だけがくっきりと見えます。これだけ沢山実っているということは、小鳥たちには不評なのか?毒があるのかな。



*今日はこれから所用で東京に出掛けます。東京都内も紅葉が見頃のようですので、帰りに公園の紅葉でも撮影して来よう(紅葉)と思います。(*^^)v


  1. 2018/11/29(木) 07:00:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

晩秋の草木湖

 どちらかというと暖かな陽気の日が多かった11月も押し迫って参りました。そのせいで紅葉の進みもゆっくりで、今年は紅葉が長く楽しめたように感じます。そんな紅葉の季節も、いよいよ本格的な晩秋の風景となりつつあります。(撮影日11月26日)




1_20181127095003f3a.jpg
群馬県から栃木県日光市へと向かう、国道122号線沿いにある草木ダム周辺では、まだまだ紅葉が楽しめそうです。ダム湖が満水状態のせいなのか、周りの紅葉も綺麗に感じました。



2_20181127095004d17.jpg
赤色の紅葉風景の引き立て役は、こんな黄色の葉っぱではないでしょうか。



4_20181127095007b33.jpg
鮮やか色のモミジですが、赤色だけではなんとなく物足りなさを感じませんか。



5_20181127095007c2e.jpg
レースのカーテンのように撮れました。ダム湖近くにある不動滝です。何処へ行っても不動滝はあるようです。決まって滝不動が祀ってあるのもいつもの光景ですね。



6_20181127095008ccd.jpg
周囲は綺麗に紅葉しているのですが、残念ながら滝をからませて撮る構図には収まりません。少し枯れ落ちている木を入れて、「晩秋の不動滝」ということで締めくくりたいと思います。(*^^)v



  1. 2018/11/27(火) 10:20:31|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:4

高尾山 2

 高尾山は富士山が関係するという風水のパワースポットということで、若い人が多く見られました。ここはお寺のはずですが、神社の社殿があったり、縁結びのお守りなどもありました。



3_20181123195741722.jpg
どう見ても神社の社殿のように見えますが。



1_20181123195739d01.jpg
これは縁結びの願掛けをする鈴です。まさに鈴生りです。



2_20181123195739f16.jpg
五円玉を紐に通して結び付けられています。これぞご縁(5円)がありますようにですね。



4_2018112319574217f.jpg
599m山頂からの眺めです。右側の稜線がV字になった部分に富士山が見えるはずです。しばらく待ちましたが、雲が取れる気配はありません。天気予報では文句なしの晴れだと言っていたのに・・・・。



5_20181123195745a32.jpg
ここには8つのハイキングコースがあるので、いろいろなバリエーションが楽しめます。往路は一般の観光ルートでしたので、帰りは紅葉風景が多く見られそうなコースで帰ることにします。


6_201811231957461a1.jpg
こんなシチュエーションでは、どこに視線が行くのでしょうか?太い幹でしょうか、それとも枝ぶりでしょうか?紅葉の葉っぱでしょうか?



7_20181123195748dac.jpg
一瞬綺麗だと思った風景ですが、こんな時はオートフォカスでは、なかなかピントが合わないかも知れません。でも私の目は全体にピントが合っているように見えます。人間の目はファジーにピントを合わせることに優れているのでしょうね。




  1. 2018/11/23(金) 19:54:24|
  2. 秋(9・10・11月)

高尾山

 東京都八王子市郊外にある高尾山は標高599.15m。都心から50Kmに位置し電車で1時間というアクセス。高速道路のICからも直ぐのところにあり、交通の便は大変に良い所です。この山は古くから修験道の霊山として知られているようですが、自然豊かな国定公園に指定されており、自然探勝やハイキングなどに人気があるようです。(撮影日11月20日)




1_20181121095736df3.jpg
今回は最近手に入れたミラーレスカメラを持参しました。一眼レフカメラと比べると格段に軽いので、坂の多い山での撮影には重宝します。勿論今日は手持ち撮影オンリーです。下からずっと歩いて登って行くコースもありますが、今回は途中までこのケーブルカーで登ります。ロープウエイのように眼下の風景を見るのと違い、目線での風景を見るだけになります。始発の下りは流石この時間に下って来る人はいないようで、この電車は運転士と空気を運んで来ただけということになります。(*^^)v



2_20181121095737da3.jpg
山頂駅はまだ本来の山頂599mの途中ですが、ここからからは都心のビル群が見えます。今日は快晴との予報でしたが、何故か雲が多いです。中央にはこの山より高い634mのスカイツリーが見えます。夏には、ここから夜景を見ながらのビヤガーデンがオープンするのです。



3_201811210957385c2.jpg
朝の光に白く光っているのは相模湾です。江の島も見えます。でも、せっかくの絶景も雲が多くて残念です。



4_20181121095740f23.jpg
目線を落とすと八王子市内の銀杏並木が望めます。



5_20181121095742825.jpg
更に下を覗き込むと、先ほど乗って来たケーブルカーのすり替えが見られました。2台が並ぶタイミングを狙っていましたが、慣れないカメラで、シャッターボタンを勘違いして違うボタンを押してしました。タイミングを逃してしまい2台が少しずれてしまいました。



6_20181121095743b94.jpg
高速道路も見えます。この道路を建設するにあたり、利便性と自然保持とのどちらを優先するかで裁判までになったのです。



  1. 2018/11/21(水) 10:44:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (26)
旅風情 (29)
春(3・4・5月) (95)
夏(6・7・8月) (48)
秋(9・10・11月) (62)
冬(12・1・2月) (53)

月別アーカイブ