フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

黄葉

紅葉と言えば紅色の紅葉を思い浮かべますよね。でも黄葉も負けず劣らずの秋景色です。




1_20171112141622c21.jpg
眩いイチョウの黄葉を背景にしてみました。



3_20171112141625707.jpg
イチョウの葉を透過光でねらいました。後で分かったのですが、偶然にも互い違いの枝が格子状になっているではありませんか。



3-1_20171112144620edd.jpg
銀杏の幹に寄りかかりながら、広角で青空を背景に葉を見上げるように狙ってみました。広角レンズは距離感が誇張されるので、実際の高さより高く感じます。



4_201711121416272d5.jpg
色味は露出(明るさ)とWBで変わります。少し赤みを帯びた黄色になりました。



5_20171112141628441.jpg
こちらは明るい感じの黄色です。勿論露出はやや明る目です。







*今日は紅葉撮影から帰えリます。
  1. 2017/11/16(木) 07:50:00|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

木陰の秋色

 紅葉はやはり晴天の透過光が綺麗ですが、曇天や木陰の紅葉は落ち着いた色彩で、また晴天とは違った趣が味わえるかと思います。



11_2017111213250574f.jpg
そんな晴天の強い光を避けて、あえて木陰の渓谷を狙ってみました。



12_20171112132508507.jpg
岩石からの湧き水が作り出す小さな滝。岩を這うようにして流れ落ちる様は、滝の貴婦人の様です。



13_201711121325092d2.jpg
苔むしている岩肌に流れ落ちるこの滝は、(群馬県神流町)「白水(しらみず)の滝」と名付けられています。緑が濃くなる夏場は苔の緑が鮮やかさを増して来ます。



14_20171112132510c65.jpg
木陰の黄色は鮮やかに引き立ちます。



15_20171112132512e35.jpg
露出は黄色がくすんだ色にならない程度のマイナス補正が良いかなと思います。何枚か撮ってみると違いが分かりますね。





*今日からしばらく紅葉撮影に出かけますので、予約投稿となります。
  1. 2017/11/14(火) 00:20:57|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:0

冬桜

 ブログのアップもしばらくご無沙汰してしまいました。かといってネタ切れではアップも出来ませんので、今日は冬桜の花見としゃれてみました。東京都の水がめである下久保ダムを見下ろす神川町の城峯公園では、今は紅葉と桜が一緒に楽しめます。そして夜にはライトアップも楽しめるようです。



1_20171110195716103.jpg
ここの冬桜は1~2センチくらいの小さな花です。全体に白い花ですが、ちょっぴり淡いピンク色をしています。小さな花なので少しの風でもなびいてしまいます。マクロ撮影よりは全体を狙った方が良さそうです。



2_20171110195719e77.jpg
春の桜のように華やかではありませんが、一週間で終わることはありません。



3_201711101957201d0.jpg
青空には秋の雲が流れています。上空を吹く風はとても速く、雲の形はどんどんと変化して行きます。



4_201711101957223e6.jpg
紅葉も今が見頃です。



5_20171110195723aec.jpg
前ボケで覗き込むように狙ってみました。




  1. 2017/11/10(金) 20:35:14|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2

四万川の紅葉

 四万温泉を流れる四万川の紅葉撮影は、深い渓谷を俯瞰で撮るのがお勧めです。奥深い人里離れた渓谷ではなく、温泉街なのでポイント移動も楽チンです。(11月1日撮影)



1_20171102144139436.jpg
渓流撮影は白波の立つ瀬が多いと雰囲気が出るかと思います。スローの流れを表現するためには、NDフィルターとPLフィルターの二段重ねで撮ると良いですね。NDフィルターでより一層のスローシャッターに、PLフィルターで水面反射や岩のテカリを調整し、そして三脚が必携となりますね。



2_2017110214414385e.jpg
これは紅葉より水の色に目が行ってしまいそうですね。



3_201711021441449ca.jpg
この場面は橋からの俯瞰撮影ですが、三脚を使うとどうしても欄干が写ってしまうので、三脚は使わずにカメラを欄干の手すりに押し付け、息を止めブレに注意しながら数枚撮りました。7枚撮りましたが、ブレのなかったのはこの1枚だけでした。手振れ補正機能の付いたカメラは、三脚を使うときにはOFFにしないと誤作動で、余計にぶれることがあります。でもこの場合は、いくら手持ちでもカメラを固定しているので、三脚使用時と同じ理屈になりますね。



4_201711021441444cf.jpg
渓谷の俯瞰撮影では、どうしても前景の枝などが邪魔をします。何とか許容できるポイントを探すしかありません。ポイントを探す間は、ぶつぶつとひとり言が出てしまいます。でも、ここでは渓谷の轟音でぶつぶつは他の人には聞こえないようです。



5_20171102144146d57.jpg
綺麗な滝を見つけたのですが、御覧の通り枝が邪魔をしています。どうしても邪魔な時には・・・レタッチで消すことになりますね。



6_2017110214414869b.jpg
辛うじて滝が見えるポイントを探しましたが、その代り葉っぱが乏しいです。




得てして写真撮影に絶好のポイントには邪魔な木々が多く、視界の開けたポイントや展望台などには、撮影したくなるような被写体が無いことが多いように思えます。(>_<)





  1. 2017/11/04(土) 08:00:10|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:4

四万温泉の紅葉

 昨日は、群馬県中之条町の四万温泉街を流れる四万川流域の紅葉撮影に出かけました。昨年は11月2日に訪れ、今年は一日早かったのですが、カメラマン目線で見る紅葉風景は、昨年とは全く違っていました。まさに一期一会を実感する一日でした。
 平日といえど、やはり紅葉シーズンとあって温泉街は活気にあふれていました。この温泉街も塩原温泉と同じく、町中を流れる渓谷で紅葉が楽しめるのです。昼食に立ち寄った蕎麦屋さんでは、自転車を無料で貸し出してくれるということでした。



1_20171102084155990.jpg
温泉街に向かう国道沿いで見かけたこんな風景です。波ひとつ立たないダム湖(四万湖)の湖面に映る紅葉です。湖面の色はグリーンなのかブルーなのか言葉では表現出来ません。


2_20171102084158fb9.jpg
白波が立っている辺りは甌穴になっているのですが、今日はダムの放流で水かさが増して、甌穴は見えませんでした。流れる水の色は四万ブルーとでもいうのでしょうか。



3_20171102084159f7e.jpg
ダムの放流で描かれた、水の流れの幾何学模様です。


4_20171102084200112.jpg
上流のダム湖(奥四万湖)の紅葉です。



5_20171102084201230.jpg
太陽光でキラキラ輝く湖面です。クロスフィルターを付ければ面白い表現が出来そうですが、持参するのを忘れました。



6_201711020842036de.jpg
増水でダム湖の立ち木が水没しそうです。何とか絵にならないかと色々と構図を考えましたが、結果がこれです。背景を広く取るか、前景を広く取るか・・・・縦構図か横構図か??。




次回は渓流風景です。もう秋(飽き)た!なんてか言わないで下さいね。!(^^)!
  1. 2017/11/02(木) 08:20:03|
  2. 秋(9・10・11月)
  3. | コメント:2
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (30)
旅風情 (35)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (58)
秋(9・10・11月) (61)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ