FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。               なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

ザゼンソウの群生



1_20190227180456d3a.jpg
群馬県前橋市郊外の赤城山麓に自生するザゼンソウです。人里離れた殺風景な杉林の中に咲いていました。北海道・本州の高原や湿地に自生するといわれています。丈は10~20センチで地表から直接花を咲かせます。


2_20190227180459e42.jpg
花言葉は、「沈黙の愛」「ひっそりと待つ」カップルなのか、ふたつ並んで語り合っているように見えます。
ザゼンソウは開花するときに25度くらいに発熱するので、残雪の中からでも顔を覗かすことが出来るのだそうです。


3_20190227180500380.jpg
英語名はスカンクのキャベツといわれている。花言葉のイメージが崩れてしまいますね。実はザゼンソウは開花時に悪臭を放つのだとか。何故?ハエなどの悪臭好きな虫をおびき寄せて、受粉させるために利用しているのです。受粉と言えば蜂や蝶の役目かなと思ってしましたが。


4_20190227180502945.jpg
まだ青く若い花のようですが、すらっとしたイケメンです。


5_201902271805041f2.jpg
頭上の杉林はこんな感じです。花粉をいっぱい付けていますが、無風状態なので飛散は目視では感じられません。マスクをしていましたが、鼻がムズムズ、目がショボショボしてきます。長居は無用、滞在時間は30分ほどで切り上げました。



  1. 2019/02/28(木) 06:00:10|
  2. 冬(12・1・2月)

季節の変わり目

 

1_20190226190731bbc.jpg
枯れ木に何かが光って見える。近づいてみるとガクアジサイかな?
信じ難いですが、散らずに冬を越してしまったようです。
まさか一度散ったものが、元に戻るはずはありませんよね。



2_2019022619073320c.jpg
ネコヤナギの蕾が大きくなって殻を破ったようです。まさに春の息吹を感じます。
いよいよ開花も秒読みになったかな。



3_20190226190734fd8.jpg
アネモネが元気よく花開いています。私には何かを語りかけているように見えます。
花が行儀よく咲くので、私には構図が決めやすい花です。



4_20190226190736f21.jpg
黄色のセツブンソウが開花しています。本来のセツブンソウとは花弁も葉っぱも随分印象が違います。
日射しがないとなかなか開いてくれません。日射しの柔らかい夕陽で狙ってみました。



5_20190226190737317.jpg
こちらは元祖セツブンソウです。私には、黄色セツブンソウは静寂感、こちらは踊っているようで躍動感を感じます。



  1. 2019/02/27(水) 06:03:36|
  2. 冬(12・1・2月)

夕景



1_2019022521225492e.jpg
春の兆しを感じるころになると、遠くの山々もなんとなく霞んで見えます。この時期は夕方の西の空が気になります。沈む太陽が霞んで月のように見えることがあるのです。畦道に車を止め、スマホに「日の入り時刻は」と尋ねると、5時33分との返事が。でも今日は残念ながら白飛びの太陽のようです。



2_20190225212255939.jpg
今日は月のような太陽はあきらめて、夕焼けを待ちます。太陽が山の稜線に隠れてから数分が経過しています。更にしばらく眺めていると、だんだんと西の空が色づいて来ました。



4_201902252122581e9.jpg
色味も数分数秒ごとにオレンジ色が赤みを帯びて来ます。今日は行けそうだ・・・・・・。



5_20190225212300fc6.jpg
日没時刻からから15分経過。光量が乏しくなって来たぎりぎりの時間で、ピンク色の夕焼けを見ることが出来ました。オレンジ色の夕焼けはよく見かけますが、ピンク色はそう度々お目にはかかれません。今日はイメージ通りの夕景が撮れました。遠くを走る国道には、家路を急ぐ車のテールランプの列が続いています。今日は風も無く穏やかな良い一日でした。外はちょっぴり冷えて来ましたが、車の中はその分暖かく感じます。








  1. 2019/02/26(火) 07:00:47|
  2. 冬(12・1・2月)

今どきの花

 
1_20190223154328e7e.jpg
趣味の写真生活での一年を振り返ると、やはりワクワクするのは今頃かな。これから冬枯れの風景も少しずつ色彩を帯びてくる。そして、どこからともなく春の香りが漂ってくる。
その前には、冬ボケの頭の体操をしないといけませんね。今さら聞けないことは今のうちに解決を・・・・。



2_20190223154329cf3.jpg
花を撮るからには花の名前くらいは憶えておきたいですが、すぐに忘れる。花撮中に、見知らぬ人から何を撮っているのですか?の問いかけに、「綺麗な花です」ではね。(>_<)



3_20190223154330345.jpg
早春のこの時期に咲くという「マンサク」。花というには独特な形状をしています。どの花も名の由来は諸説あるといいますが、その諸説も何だか後付けのように思えてしまう。このマンサクは他の花に先駆けて咲くことから、「まず咲く」の訛りから、「マンサク」に、また、まんべんなく枝いっぱいに花を付けることから、「マンサク」・・・・この2説とも、私にはどうもしっくりいかない。




4_201902231543329fe.jpg
ザゼンソウ・・・・花期は2月から3月、花の形が座禅僧に似ている。別名「ダルマソウ」といわれ、達磨大師に見立てたとか。そういわれてみれば、そう(僧)かな。(>_<)
この花は林の下などの伏流水のあるような湿地に生えるということで、なかなかお目にかかれない花かと思います。ちなみに、このカットは10年位前のものです。今はもうそのポイントは環境が変わってしまい、伏流水は枯れてしまっています。





  1. 2019/02/25(月) 07:02:12|
  2. 冬(12・1・2月)

三寒四温

   

1_201902231338068e2.jpg
2月の終わり頃になると、だんだんと寒い日と暖かい日が周期的に訪れるようになります。こんな雪景色も融雪とともに春景色へと衣替えが進んで行くことでしょう。



2_20190223133807782.jpg
ハクチョウたちも三寒四温で季節の変わり目を感じて始めているのだろうか。



3_20190223133808673.jpg
旅立ちに向けて筋トレをしているのかな。この鳥たちはのツアー旅はいずこへ・・・・・。


  1. 2019/02/24(日) 07:37:11|
  2. 冬(12・1・2月)
次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (31)
旅風情 (29)
春(3・4・5月) (110)
夏(6・7・8月) (71)
秋(9・10・11月) (62)
冬(12・1・2月) (53)

月別アーカイブ