フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

あしかがフラワーパーク NO.3

 急に冬に逆戻りか。上空に寒気が入り天気図は冬型だとか。気温は冬のようではないですが、強風で体感温度はかなり低く感じます。春の陽気が一変して着るものにも戸惑ってしまいます。
 フラワーパクは紫色をはじめ、うす紅色、さらに白、そして黄色の藤があります。(4月25日撮影)



1_20160429135748080.jpg
あしかがフラワーパークは2014年に世界夢の旅行先10ヵ所に選ばれたようです。こうなると入園料も・・・納得してしまいそう。


2_201604291357511f7.jpg
藤棚に支えられながら長寿記録を樹立中です。


3_20160429135752924.jpg
滝のような枝垂れです。

4_20160429135753737.jpg
下から見上げると、本当に滝が流れ落ちて来るように感じます。


5_20160429135755eb3.jpg
これは花弁が八重になっている「八重黒龍」という品種です。


6_201604291358068de.jpg
こんな花弁です。


7_2016042913580793c.jpg
紫、うす紅色、白色、黄色の4色の藤を順にご覧下さい。うす紅色が一番早く咲き、黄色は一番最後に咲くようです。


8_20160429135809b81.jpg
「うす紅藤」は、桜を思わせる色ということから外国人に人気だとか。


9_201604291358108b5.jpg
「白藤」は黄ばみがでないうちに見たいですね。(2009年5月撮影)


10_20160429135812f91.jpg
「きばな藤」あまり見かけないと思いますが。(2009年5月撮影)



5月に入ると一段と新緑が目に付くようになりますね。

  1. 2016/04/29(金) 14:41:25|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

あしかがフラワーパーク NO.2

 春夏秋冬日本の四季はそれぞれの魅力がありますが、私は春が好きです。やはり春は花の種類が多いですからね。なので、このフラワーパークもこの時期の入園料は高額になっているということなのでしょう。それでもゴールデンウイークには大混雑が予想されます。そうなる前に早めの来園をしておいて良かったと思います。(*^^)v  (4月25日撮影)



1_20160427090139ffc.jpg
藤は枝ぶりも見事で、大きな盆栽を見ているようです。


2_20160427090142ad4.jpg
ほれぼれする姿です。


3_20160427090143ff5.jpg
でもツツジの鮮やかさには負けそうです。


4_20160427090145fd5.jpg
これなら藤が引き立つかな。


5_20160427090146d02.jpg
こんな濃い目の藤は如何でしょうか。


10_2016042709020643c.jpg
やはり鮮やかさでは赤が一番かな。でもデジタルカメラではこんな鮮やかな赤は色飽和(花の立体感がなくなる)を起こしやすいのです。こちらは彩度を落として撮った見た目に近い感じです。


IMG_7967.jpg
これは彩度を落とさずに撮ったものです。鮮やかさは良いですが、ひとつひとつの花弁が絵の具で塗りつぶしたようになっています。でもこちらの方が良いという人もいるでしょうね。日本人は彩度の高いものを好むとか言われ、国内向けのデジカメはこの味付けで、海外向けでは彩度を落としたスペックで製造しているとか。


9_20160427090205d08.jpg
創作花壇とでもいいましょうか、ルピナスの山です。


8_20160427090203458.jpg
こちらは木陰で寂しそうにしているクレマチスです。


7_20160427090202ecc.jpg
こんなところでお花見は如何でしょうか。


6_20160427090201504.jpg
こちらはゆったりと出来ますよ。



ゴールデンウイークには、この席も満席状態が続くのでしょうね。

  1. 2016/04/28(木) 08:30:36|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

あしかがフラワーパーク

 今はツツジと藤が見頃期です!
 栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」は平日だというのに沢山の来園者でいっぱいです。大きな駐車場はマイカーや観光バスでいっぱいです。花を観るためにこんなにたくさんの人が集まって来るものかと・・・・・改めて花の魅力って何だろう?と考えさせられました。
 開園は朝7時からですが、もうゲート前には沢山の人が待っているます。ここの入園料はその日の花の咲き具合で、開園時間の7時に決まります。ちなみに昨日は1,600円でした。今日はサイトで確認したら1,700円になっています。これが高いか安いかは観てのお楽しみというところでしょう。開園中も管理する人たちが慌ただしく作業しています。当然ながらディズニーランドのように、園内はゴミひとつない環境でした。(4月25日撮影)



1_20160426081941c0f.jpg
開園して間もない時間で来園客が散らばっているすきをみて、無人の景色を撮りました。


2_20160426081944fe0.jpg
三脚撮影は禁止されていないようですが、混雑を予想して今日はすべて手持ち撮影です。


3_20160426081945ef7.jpg
早朝なのでまだ木陰ではひんやりとしますが、花の暖かさが伝わって来るようです。


9_20160426082008ea9.jpg
野兎でしょうか?首の下には価格が書いてあったような?実に精巧に出来ています。よくみると目玉には私の撮影姿が写っているのです。


4_2016042608194767e.jpg
クルメツツジです。賑やかな色彩で目を楽しませてくれます。


5_2016042608194829b.jpg
今は何といってもここの目玉は「藤」です。


6_20160426082003e73.jpg
日中になると霞んでしまいそうな青空を、広角レンズでいっぱい入れてみました。


7_201604260820053ae.jpg
藤と言えば紫色を連想しますが、ここには他にも色々あります。これは「うすべに藤」です。桜をイメージさせるからなのか外国人客に好評のようです。


8_20160426082006c5f.jpg
藤の魅力って何だろう?枝垂桜のような枝垂れのしなやかさにあるのかな?また藤は富士山を連想させる?藤娘なる日本人形も?いずれにしても和のイメージを思い起こさせる花のように思います。


10_2016042608201055a.jpg
やはり花園ですから、あちらこちらで魅せるための演出がいっぱいです。



次回をお楽しみに・・・・









  1. 2016/04/26(火) 09:11:48|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:6

続々・花盛り

 「ふかや緑の王国」も日々様相が変化しています。次から次へと様々な花が開花しています。



1_20160422110457c7d.jpg
この花壇には3月はセツブンソウ、つい最近まではイチゲ、そして今はヤマシャクヤクが咲いています。卵を割ったような可愛い花です。


2_20160422110459723.jpg
ムラサキツユクサです。前景ボケに赤のポピーを入れてみました。


3_20160422110500f42.jpg
パンダ目のひょうきんなポピーです。


4_201604221105029f4.jpg
ポピーは蕾も絵になりますが、ちょっと色彩的に寂しいので、背景にピンクを入れてみました。
どれもこれもうなだれていて、何かを反省しているのかな?


10_20160422110524c3a.jpg
その背景はこのシバザクラです。


6_20160422110517d62.jpg
サクラソウもシバザクラに負けじと頑張っています。


5_20160422110503ca4.jpg
ライラックも花の株が増えて来ました。


7_2016042211051985e.jpg
こちらは役目を終えたタンポポです。これから子孫繁栄のために遠くへ旅立つのですね。


9_201604221105228f6.jpg
これは何の木か?若葉の模様が絵になります。


8_20160422110520eb4.jpg
ハンカチノキも、ひとつ目小僧で賑わっています。



来週末には花フェスタが開かれるとか。


  1. 2016/04/22(金) 11:44:28|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

続・花盛り

 私にとって今の緑の王国は、まさに癒しの花園と言っても良いかな。被写体が多過ぎて迷ってしまいます。(*^^)v



1_20160420131823b75.jpg
沢山花が咲いていると言っても、絵になる旬の花を撮りたいですよね。そうなると見つけ出すが大変です。
このフジは何処も傷んでいないようです。


2_2016042013182534b.jpg
シャガは花弁の柄が面白いですね。Tシャツの柄にしても良いかな。


3_20160420131827c49.jpg
ヤマブキ色と言えば、このヤマブキを連想しますよね。


4_20160420131828168.jpg
これもヤマブキの仲間、シロヤマブキです。葉っぱは確かにヤマブキと同じです。


5_20160420131830d00.jpg
ひとつ目のお化け・・・・ハンカチノキです。まだ若木なので花も小振りなのかな。


6_20160420131913f71.jpg
キバナオドリコソウ、花の形が笠を被っている踊子のように見えることから、そう名付けられたということです。
野山で良く見かけるオドリコソウは薄いピンク色をしています。


7_20160420131915133.jpg
これはアマドコロかナルコユリなのか?見分けが付きにくいのです。柄のところの形が違うとか。私はアマドコロと思っています。


8_2016042013191635d.jpg
前ボケをちょっぴり入れて、カツラの葉っぱを逆光で透かしてみました。


9_20160420131918738.jpg
春の花の代表といえばチューリップですね。


10_201604201319194f6.jpg
チューリップも沢山の品種で色は色々です。


11_20160420131942f43.jpg
万歳をしているように見えます。



今のうちに沢山の花を撮り溜めしたいです。
  1. 2016/04/20(水) 13:51:56|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:3

花盛り始まる

 今年は季節の進みが早いように感じます。私がよく出かける深谷市郊外にある「ふかや緑の王国」では、もう花盛りが始まっています。これから絶え間なく様々な花が楽しめる季節となります。ボランティアの方々が精魂込めて育てている花も沢山あります。
(4月18日撮影)


1_20160418202547372.jpg
薄紅色の🎵~🎵・・・・ハナミズキが今盛りです。


2_2016041820254890f.jpg
ハナミズキと新緑が初夏を思わせます。


3_20160418202549456.jpg
白のハナミズキもありますよ。


4_20160418202550ee8.jpg
淡いピンク色のクロフネツツジです。大きいものは4mほどの高さになり、大輪の花を咲かせるということから、ツツジの女王と呼ばれています。


5_201604182025517be.jpg
柔らかい春の日差しを浴びて、女王様もご満悦のようです。


6_201604182026069b5.jpg
シャクナゲもこんなに咲いています。


7_20160418202607bae.jpg
鮮やかなピンク色の花を見つけました。ハナズオウと言います。


8_201604182026081ba.jpg
これも鮮やかなピンク色です。名前は?


9_20160418202610170.jpg
これは八重桜です。花は幾重にも重なりボリューム感のある花です。


10_20160418202612ede.jpg
新緑は絵になります。紅葉はその年によって当たり外れがありますが、新緑は毎年期待を裏切ることはありません。



まだまだ花盛りは続きます。


  1. 2016/04/19(火) 08:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

美の山公園

 皆野町と秩父市にまたがる美の山(みのやま)公園(標高581m)は今花盛り。ソメイヨシノはすでに散り始めていますが、ヤマザクラや紅シダレ桜が見頃を迎えています。展望台からは360度のパノラマを楽しむことも出来ます。週末ということもあって家族連れやハイカーたちで賑わっていました。(4月16日撮影)


1_20160416175127f0b.jpg
ヤマザクラが彩を添えてくれます。ヤマザクラ系は花と葉っぱが一緒なので、見頃を過ぎてしまったのかと思ってしまいますね。


2_2016041617512940d.jpg
この公園には色々な種類の桜が植えられています。その中の紅シダレが今は見頃です。


4_20160416175131caf.jpg
桜の下には東屋があります。休憩しながらの花見も出来ますが、みなさんがカメラを向けるので、この東屋で休憩する人は見かけないです。


5_201604161751328ec.jpg
花付の賑やかなところを切り取ってみました。大盛りポリューム満点です。


6_20160416175146f88.jpg
こちらはヤマザクラです。


7_20160416175148d03.jpg
ここでも萌黄の風景が見られました。


8_20160416175149f43.jpg
小さな池を新芽が眩いモミジが覆っています。小鳥たちのオアシスのようです。


9_2016041617515098c.jpg
何という花か分かりませんが、近づいてみるとひょうきんな感じの花でした。


10_20160416175152501.jpg
早々とヤマツツジが咲き始めています。



新芽の頃は低山でのハイキングがお勧めです。小鳥の囀りを聴きながらの森林浴としゃれてみては如何ですか。
  1. 2016/04/17(日) 08:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

萌黄始まる

 今年は早いのか?山々はすでに萌黄色の世界が始まっています。そして、斜面や渓谷にはミツバツツジが目立つようになりました。(4月14日撮影)


1_20160415135403d83.jpg
御覧のように枯れ木で殺風景な山肌にも、萌黄色の季節到来です。


2_20160415135406738.jpg
枯れ木の中にミツバツツジが彩を添えてくれます。


3_201604151354073da.jpg
新芽の柔らかい感触が伝わって来るようです。


4_20160415135408626.jpg
こんな萌黄色の枝も数日が過ぎると、見違えてしまうほどの新緑に変わって行くのです。


5_20160415135409f52.jpg
殺風景な渓谷の流れも、ミツバツツジで本来の潤いを取り戻して来たようです。


6_20160415135423d4a.jpg
シャクナゲもボチボチ目覚めて来ました。


7_201604151354255a3.jpg
常緑樹を取り囲むように萌黄の彩が広がって来ました。


8_20160415135427ccc.jpg
短い萌黄の時を堪能して頂けたら幸いです。


9_20160415135428f68.jpg
萌黄色は薄日でも眩く感じます。


10_2016041513543001d.jpg
花桃をアセイントにしてみました。



萌黄が進むと、それからは当たり外れのない新緑の世界が広がって来るのです。
  1. 2016/04/16(土) 09:00:15|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

華のある季節

 4月から5月にかけてのこの時季が、一番華やかな頃かなとつくづく感じます。冬山の殺風景な風景から解放され、一斉に植物が芽吹き始めることで、色彩豊かな風景を目にするからかな。アドレナリンが体から噴き出しそうに感じます。(*^^)v(4月13日撮影)




1_2016041415030590c.jpg
上野村からお隣の神流町に向かい、龍松寺のシダレザクラにやって参りました。ここも初めて訪れたのですが、ここはちょっぴり見頃を過ぎてしまったようです。でも山合いにぽつりと立つシダレザクラはとても風情を感じます。


2_20160414150306276.jpg
広角で空を大きく入れて、そびえたつといった雰囲気にしてみましたが?


3_201604141503080af.jpg
林道を下って行くと、視界の開けたところに花桃が・・・・山影を背景にして里山の風情を出してみましたが。所々でこんな風景が見られ、時々車を止めてしまう有様です。


4_201604141503098de.jpg
ミツバツツジです。これは自然のものではなく植樹されているのです。里山の人たちは何て花好きなんだろう。


5_20160414150311a92.jpg
またまた花桃です。


6_20160414150340393.jpg
標高の高いところでは、まだまだ花見頃が続きます。


7_201604141503422b3.jpg
個人所有の山だとの表記があり、そこにはこんなシダレ桜が沢山植えられています。



里山の花まつり?は、まだしばらくは続きそうです。
今年はほとんどの花の時季が早いように感じます。
  1. 2016/04/15(金) 09:00:56|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

里山の春

 この時期の里山は日に日に様相が変わって行きます。木々が目覚め次第に山の斜面は彩り豊かになって行きます。視界に飛び込んでくる景色は目を見張るものばかりで、車での移動も脇見運転に気を付けないといけません。(4月12日撮影)



1_20160414084648cd4.jpg
車を走らせていると、はるか遠くにシダレザクラを発見。早速国道から集落へとつながる小路を進んで行くと・・・・・・。
昔は墓地の近くに桜を植える習慣があったのですね。里山の桜を辿ると必ず墓地や塚に辿り着きます。


2_20160414084649653.jpg
この先車は行き止まり、更に山道が続きます。


3_20160414084651971.jpg
ここは樹齢250年と言われるシダレ桜のある下仁田町の長楽寺です。そのシダレはすでに散っていました。これは次世代になるであろう樹齢浅い紅シダレです。桜を眺めると、しきりに歳月の重さを感じます。


4_201604140846522fa.jpg
こんな風景が今の里山には目白押しです。


5_20160414084654782.jpg
下仁田町から上野村へ移動しました。ここ上野村は日航機の事故があったところなんです。


7_20160414084717ffa.jpg
光芒を入れてみました。太陽がちらっと見えるアングルで撮らないとうまくいきません。何度も撮りなおしていると目に良くないので、これで良しとします。


8_20160414084718696.jpg
花付きも最高、ボリューム満点です。


9_2016041408472099e.jpg
広角レンズで撮るとかなりスリムに撮れてしまいますね。でもせっかくの青空を入れない手はありません。


10_20160414084721c3f.jpg
これぞ樹齢500年と言われる風格です。


IMG_7401_20160414094130ef7.jpg
初めて訪れたところですが、見頃撮り頃に恵まれたようです。



この地方は村中が花で埋め尽くされているようです。ああ、癒されます。
  1. 2016/04/14(木) 09:59:53|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

荒船湖の桜

 今日は束の間の青空になりそうなので、群馬県西部の下仁田町にある荒船湖に出かけて来ました。




1_2016041222124257a.jpg
ソメイヨシノは満開です。紅シダレもあり、これも見頃です。


2_20160412221243b16.jpg
今日は青空が綺麗です。


3_20160412221244a0e.jpg
前景にはレンギョウ、背景には山影を・・・。


4_2016041222124775c.jpg
湖面の岸に咲く桜も今が見頃です。湖面のブルーと良くマッチしています。


5_2016041222124821e.jpg
高い柵が邪魔なので手すりから身を乗り出して、やや斜め構図で撮りましたが、基準のものがないので分かりませんね。


6_20160412221335473.jpg
これはシダレ桜ではないようですが、ピンク色が綺麗です。



7_201604122213375be.jpg
こちらは湖面ではないので、下から見上げて撮れました。


8_20160412221338065.jpg
縦構図で背景の岩山を入れてみました。このあたりの山肌は岩で出来ています。



取り急ぎアップしました。続きは次回に・・・・・。

  1. 2016/04/12(火) 22:34:18|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

名残桜

 開花を待ちわびたソメイヨシノも、気まぐれお天気に翻弄されつつ、今年も最終章と相成りました。(撮影日4月9日)




1_20160409153243105.jpg
早朝から近くの公園へ出かけてみました。桜のジュータンが出来ています。


2_201604091532469db.jpg
左側から朝の光が差して右へと抜けています。やや遅れて開花したこの桜も赤味を帯びたがくの色が目立ちます。


3_20160409153247b37.jpg
同じ場所にあっても、植わっている環境で微妙に差が出るのですね。この木はまだ見頃かなと思うほど花弁が多く付いています。


5_20160409153250b95.jpg
全体を遠目で見渡すとまだまだ楽しめそうでした。


6_201604091533097cf.jpg
こちらはオオシマザクラ?いやヤマザクラ系?未だ決めつけられないんです。


7_20160409153311fb7.jpg
若木の紅シダレです。桜色が何とも言えません。


8_20160409153312a5d.jpg
このパステルカラーが良~いんですね。


9_20160409153313422.jpg
背景を暗めにしてみました。


11_2016040919463319b.jpg
こんな暗めのシチュエーションなら桜吹雪が浮き出るかと時を待ちましたが、風吹けど桜散らず・・・・。


桜前線は北上していますが、北上しなくとも少し標高の高いところへ行けば、ソメイでもまだこれから見られますよ。


  1. 2016/04/10(日) 06:00:50|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

春満喫

 桜の人気はまさに春の嵐のごとく、一気に去って行く。
       「兵どもが夢の跡」あの賑わいは何処に・・・・でも桜が散っても春の役者たちは次から次へと登場するのだ。




1_20160408204436342.jpg
萌黄色を見つけました。緑でもない黄色味のある緑、若葉色とでもいうのでしょうか。


2_201604082044373fc.jpg
オキナグサです。すみません、ちょっと毛深いですが。
これが実を付けると想像できない形になるのですね。


3_20160408204439ad9.jpg
木陰に黙って咲いています。口数の少ないヒトリシズカ(ひとり静か)です。


4_201604082044401cb.jpg
こちらもお一人様のイチリンソウです。


5_2016040820444195f.jpg
イチゲの仲間なのか?純白の花です。


6_20160408204507fcd.jpg
キバナカタクリです。改良種なので黄色も様々。これは薄い黄色で背が高いです。


7_20160408204509532.jpg
これは葉っぱの形からチューリップの仲間かなと推測します。


8_20160408204510e51.jpg
これはまさしくチューリップです。



花壇では次から次へと花たちのパレードが続きます。
  1. 2016/04/09(土) 07:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

桜散り行く頃

 「花散らしの雨」と言うより花散らしは風の仕業によるものです。昨日は各地で台風並みの大荒れの天気で、桜のフィナーレは散々な状態だったようですが、私の地域では穏やかな雨だけのフィナーレとなったようです。



4_20160407172126df6.jpg
長瀞町の法善寺のシダレザクラです。境内には樹齢が100年ものを代表に数本のシダレザクラがあります。薄いピンクなので色彩には欠けますが、やはり枝ぶりに風格があります。


5_201604071721283bd.jpg
直下から見上げてみました。


6_2016040717214762b.jpg
まだまだ花にボリュームがあります。


7_20160407172149dc4.jpg
まだ樹齢が浅いようで幹回りもさほどではないようですが、次世代のものとして育って行くのでしょう。


1_201604071721216ab.jpg
こちらは花桃です。この花桃は里山の集落で良く見かけます。


2_20160407172124950.jpg
何と言っても春色はピンクでしょう。


3_20160407172125c01.jpg
白色の花桃です。ちょっと色彩的に寂しいので背景に菜の花をあしらってみました。


8_2016040717215119d.jpg
通りすがりの道端に緑色の花?を見つけました。近づいてみると白い花に葉っぱが付いていました。オオシマザクラか?いやヤマザクラ系なのか? 蛇足ですが、そう言えば御衣黄(ギョイコウ)と呼ばれる緑色の桜もあるのです。


11_20160407200940a91.jpg
参考までに昨年撮った御衣黄です。桜のイメージが当てはまらないように感じます。


9_2016040717215292b.jpg
背景のピンク色とコラボで良い感じです。


10_20160407172153b46.jpg
上空には渦巻状の雲が・・・・・。



ソメイが去れば今度は萌黄から新緑の世界ですね。



  1. 2016/04/08(金) 09:12:36|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

花散らしの雨?

 今日は「花散らしの雨」になりそうと、お天気番組で伝えていました。ああ、雨が降り風も吹くということで、満開になった桜の花が散ってしまうのか・・・・・と素直に思いました。でも本来の意味はそうではないらしいです。あるサイトで、花散らし=3月3日を花見とし、翌日若い男女が集会して飲食すること 、とあり、使い方がおかしいとの指摘がありました。またその指摘に反論の弁もありました。これだけでは何のことかとなるでしょうが?。私にはこれ以上はどうでもいいのですが、要するに言葉や季語は本来の意味云々ではなく、時代と共に使われ方が変わるということなのです。
 それで本来の意味とは違う現代的な解釈を元に、昨日は満開の桜の撮り納めに行って参りました。


1_2016040709135195e.jpg
前々回は菜の花だけの風景を撮りましたが、今回は桜が加わりました。


2_201604070913534f5.jpg
日本晴れに桜と行きたいところですが、この時期は春霞で抜けるような青空というわけにはいきません。でも桜には青空、この風景が定番ではないでしょうか。


3_20160407091354fe4.jpg
広角レンズで桜にぐっと近づいてみました。迫って来るように感じませんか。


4_20160407091355265.jpg
ここにある桜の多くは、個人が自分の記念にと寄付をした記念樹で構成されています。結婚記念や成人の記念などなど・・・・
成人記念に植樹されたとされる、かなりの太さの幹がありますが・・・果たしてこの方はまだご存命なのか?結婚の記念樹を見ると・・・・ご夫婦健在でいるのか?時の流れを推測しつつ様々な状況が想像されます。


5_20160407091356b29.jpg
これはすくすくと上へと伸びています。植樹された人は身長の高い人なのかな?(-_-)


6_20160407091415581.jpg
柔らかい日差しを浴びてウトウトしているように感じます。


7_201604070914171c7.jpg
足元にはタンポポが・・・・・・。ああ、何とも良い日和です。(^^♪



続きは次回です。
  1. 2016/04/07(木) 09:48:33|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

春爛漫

 昨日は各地でお花見が盛り上がったことでしょう。桜という花の開花でこれだけ盛り上がるのは日本だけなのかな?歴史を辿れば花見は日本の文化ですから。そんなこの時期は色々な花が咲き乱れる、まさに春爛漫の候ですね。桜が散ればこれを合図とばかり、山々に芽吹きが始まり山笑う季節到来です。



1_201604040857405d6.jpg
丘陵地の斜面に咲く満開のソメイヨシノです。桜だけだと何とも味気ないので、両端に菜の花をアクセントに入れてみました。
田園地帯に車を走らせるとこんな被写体が次々と目に飛び込んで来ます。
ここまで壮大になるには何年を要したのか。・・・・・時の長さを感じます。


2_20160404085744f38.jpg
菜の花畑の向こうにお寺の白い塀、菜の花と桜が横一線に分割され、何ともお行儀の良い風景だろう。


3_20160404085743f61.jpg
桜の咲くこの時期、まだまだ冬の花(椿)も頑張っています。


4_20160404085744d36.jpg
せっかくの青空を逃す手はないと、散り始めた紫モクレンを遠方から狙いました。
足元には枯れ落ちた花弁でいっぱい、近接撮影では黄ばんだ花弁ばかり。でも遠目で見ればこんなに美人?に見えます。(*^^)v


5_20160404085746ed6.jpg
これは旬が過ぎたコブシです。


8_201604040858104c2.jpg
ハナダイコン・・・・これは近接撮影にも耐えそうです。


6_20160404085807eef.jpg
道端の畑で農作業していたお婆さんにお断りして撮らせてもらいました。
花桃です。実を付ける桃の木とは違い、これは鑑賞用なので花付も見事です。


7_2016040408580907c.jpg
風景写真のテクニックは引き算、余分なものは排除すると言われていますが、私の場合は風情を壊すようなものの排除に拘っています。なのでかなり窮屈な構図が多いかなと思います。




「四季風情」に拘っていますので、悪しからず。('ω')ノ



  1. 2016/04/04(月) 09:38:23|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

いつもの散歩道

前日はバッテリー切れ寸前で思ったように撮れなかったので、今回は万全の準備で散歩道の風景を再び切り取ってみました。


1_201604011625064a1.jpg
普段は殺風景な河原も今はすっかり菜の花で埋め尽くされています。


2_20160401162509bec.jpg
菜の花にオオアラセイトウ(別名ハナダイコン)の紫色が菜の花を引き立ててくれます。


3_201604011625096ca.jpg
背景は花桃、これは濃い赤色です。他にも白やピンクなどがあるようです。


4_20160401162511b7f.jpg
散歩の復路は公園です。手前のソメイヨシノは7~8分咲きのようです。背景のピンク色は河津桜の改良種です。


5_2016040116251241d.jpg
アップで撮るとこんな感じです。


7_20160401162530b88.jpg
ずっと前から公園を賑わせていましたが、ソメイが咲き始めたのでホッとしたのか、ボチボチ散り始めています。長い間お疲れ様でした。(*^^)v


8_20160401162532de1.jpg
この公園では2種類の桜が競合して咲くので、毎年紅白の花見が出来るのです。


9_20160401162533924.jpg
緑の雑草も桜を引き立ててくれます。


10_2016040116253444f.jpg
今年も癒しをありがとう。



見頃を過ぎれば、今度は花吹雪が楽しめますね。そして、桜前線は北上して行きます。

  1. 2016/04/03(日) 00:00:12|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

菜の花風景

 いつもの散歩道も今は菜の花盛りです。散歩しながら菜の花風景を切り取ってみました。



1_20160331114348a42.jpg
キラキラ光る川面の反射を狙ってみました。この最初の一枚でバッテリー切れのサインが出ました。我ながら何ともお粗末です。家に戻るのも大変だし・・・・。バッテリーさえあれば何枚でも撮れるのに。フィルム時代の貴重さを思い浮かべながら一枚一枚大事に撮ることになりました。


2_2016033111435051c.jpg
ワンシーンツーカットまでということにしました。で・・・・露出補正が問題だ。


4_20160331114353588.jpg
萌黄色が眩く感じます。


5_20160331114354a2c.jpg
縦位置で木の頭まで入れてました。


6_20160331114425846.jpg
ちょっと生意気に撮り鉄に挑戦です。


7_201603311144268e6.jpg
青空が綺麗なので・・・・・相性の良い黄色と青色のコラボです。


8_201603311144270c9.jpg
丁度電車が来たのでと・・・・・かろうじてシャッターは切れましたが、この一枚で電気はすべて使い果たしたようです。本当に絞り出した感じです。モニター画面は消えたままです。


教訓・・・・バッテリーは必ず確認すること! 一枚一枚考えて撮れ! !(^^)!
  1. 2016/04/02(土) 08:00:37|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

ひとり占めの春

 どうやら東京のソメイヨシノは満開を迎えたようですが、咲いてすぐ散るせっかちなソメイヨシノは、それはそれでで良いかなと思いますが、ヤマザクラはソメイトは違って花期が長いので、じっくりと楽しめる桜かなと思います。そんなヤマザクラを求めて、ひとりのんびりとドライブをしながらの春探しに出かけてみました。この時期の山々はまだ葉の付いていない木々ばかりなので、斜面に咲くヤマザクラやモクレンなどの花々が遠くからでもとても良く目立ちます。(3月31日撮影)




1_20160331103947734.jpg
ここは皆野町のムクゲ自然公園の山頂です。と言ってもムクゲは咲いていませんが、斜面にはヤマザクラが点在しています。ヤマザクラは樹高が高いのが特徴のようです。なので遠くからでも見つけやすいです。花期も長いので長い期間楽しめるようです。今日は何故か園内に人影がありません。だれひとり遭遇することなく、この公園の春をひとり占めにすることが出来ました。勿論話しかける相手は被写体のみです。


2_20160331103950292.jpg
花粉が飛散しているせいかスッキリとした青空にはなりません。少しでも青さを表現しようとPLフィルターを使ってみました。


3_2016033110395043a.jpg
青みを帯びた山影を背景にしてみました。


4_20160331103953e43.jpg
これは緑も入れて変化のある感じにしてみました。


5_201603311039541a7.jpg
黄色のレンギョウも綺麗です。


6_20160331104014e66.jpg
サンシュユです。ピントを中間に合わせて前後ボケで賑やかな感じにしてみました。でも枝ぶりが煩雑でまとまりがなかったかな?


7_201603311040159df.jpg
ミツマタです。枝が3つに分かれるところからミツマタと言われています。


IMG_2534.jpg
花弁はなく萼片のみのようです。香りは良いですね。


8_2016033110401696b.jpg
斜面に「く」の字で立っています。バランスを取っているのでしょうか。


9_20160331104018c1d.jpg
鮮やか色のピンクは目を引きます。松の葉っぱ越に覗き込んだようにしてみました。


10_20160331104020a3e.jpg
周りが枯れ枝だとピンクが引き立ちませんが、緑とコラボさせると良いかなと思います。


11_2016033110403258a.jpg
青空に浮かぶ雲も良いアクセントになるかと思います。


  1. 2016/04/01(金) 09:00:36|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (19)
旅風情 (24)
春(3・4・5月) (74)
夏(6・7・8月) (37)
秋(9・10・11月) (35)
冬(12・1・2月) (32)

月別アーカイブ