テーブルフォト

 雨の日は家での撮影もいいかな。一応照明などの小道具は揃えたのですが、出来栄えはイマイチです。下手なテーブルフォトのコレクションです。



1_201606262107182d9.jpg
切小細工のグラスの向こうに色紙を置いてみました。


2_20160626210720afc.jpg
ホワイトバランスを変えて撮った水滴です。


3_20160626210721326.jpg
白い皿に乗った苺です。


4_20160626210723b53.jpg
苺にコーヒーはミスマッチだったかな?


5_201606262107240fd.jpg
友達から頂いた自作の酵母パンです。


6_20160626210759cad.jpg
朝取りの紫陽花を眺めながら冷たいお茶します。


7_201606262108014f7.jpg
水饅頭は如何ですか。


8_20160626210803091.jpg
水羊かんもあります。


9_20160626210804db0.jpg
辛党にはやっぱり冷酒でしょう。



梅雨もあと半分くらいかな。今年も猛暑になる予想ですが、果たして結果は?・・・・・
[ 2016/06/29 09:00 ] コレクション | TB(-) | CM(2)

ハス

 梅雨の時季の花形は紫陽花ですが、夏の花であるハスがもう咲き始めています。ハスの花は夏の早朝に開花し、午後の3時頃には花を閉じ、3回繰り返し4日目には花弁が散ると言われています。実際に観察したことはないですが、今日咲き始めたと分かる一輪のハスの4日後を見れば、その説明が正しいのか分かるのですね。そして、ハスの根はレンコンとして食べられるということです。すり身にして、お菓子などにも使われるとか。



1_201606262038348dd.jpg
近所の公園のハスです。何とも言えない淡い色ですね。当然ですが、露出をアンダー目にすれば鮮やか色に、オーバー目にすれば淡い色になりますね。お好みのさじ加減で・・・・・・。


2_20160626203836725.jpg
花も大きく花弁は沢山で賑やかです。


3_20160626203837c60.jpg
この花は?花弁が散りそうなのか?そうであれば今日が4日目なのか?


4_2016062620383931c.jpg
ホワイトバランスを変えて遊んでみました。


5_201606262038400d4.jpg
幻想的な感じになりました。


6_20160626203852ec3.jpg
池の中に咲いているので、アップで撮るには望遠レンズが必要になります。


7_20160626203854b66.jpg
蜜を求めて来た蜂がホバリングしています。320mm望遠で撮ってもこの大きさでした。


8_20160626203855146.jpg
背景は噴水です。絞りをもう少し絞って、ぼんやり噴水と分かるようにした方が良かったかな? よーく見ると背骨のレントゲン写真のように見えます。



ハスの花は全部が一度に咲くのではないので、一輪狙いなら長く楽しめそうです。
[ 2016/06/27 09:21 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(4)

山間のあじさい

 美の山の帰りに、山の斜面にあるあじさいの里に立ち寄ってみました。(6月22日撮影)



1_201606231558141ed.jpg
皆野町金沢浦山地区にある「浦山あじさいの里」です。地元の人たちが手塩にかけた4,000株が今、花盛りです。


2_20160623155815299.jpg
遊歩道が整備されていますので、森の花園をゆっくりと鑑賞出来ます。


3_20160623155817fc2.jpg
ここは霧が晴れていましたので、はっきりとした色彩が楽しめました。


4_201606231558182f5.jpg
晴れの日には木漏れ日が差したりして違った趣になるかも。


7_20160623155847649.jpg
森の湿気を沢山浴びて花たちは生き生きしています。


8_20160623155849950.jpg
薄暗い森には白のアジサイが似合います。



9_201606231558507fa.jpg
一輪を大きく狙ってみました。


10_201606231558517d3.jpg
おまけ・・・・我が家の庭先に、こんなキノコが出現しました。


IMG_3271.jpg
花びらのようで、おちょこになった傘の形をしています。色々調べてたのですが名前は不明です。







[ 2016/06/24 09:43 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(3)

梅雨空のあじさい

 しばらくぶりのアップになってしまいました。関東地方は水不足が心配されている矢先、やっと梅雨らしい空模様となりました。こうなると標高587mほどの美の山公園に咲く霧中の紫陽花が人気です。そんな雨天でもカメラを濡らさずに三脚撮影が出来るようにと、先日百均のポンチョを改造した覆いがおおい?に活躍しました。



1_20160622200052e1c.jpg
霧中の紫陽花と言っても、霧が濃すぎるとレンズが曇っているような感じに写ってしまいます。


2_2016062220005486f.jpg
明るい感じの霧なら良いのですが。


3_20160622200056737.jpg
時折霧が薄くなる瞬間を狙います。


4_20160622200056a1d.jpg
広角レンズの特性で花にぐっと近寄って撮ると、手前の花がより大きく、そして奥の花がより小さく写ります。


5_20160622200057513.jpg
恵みの雨で、生き生きと背筋が伸びているようです。


6_201606222001115a3.jpg
紅葉したような木がありました。


7_20160622200112cac.jpg
雨の日はクモの巣が絶好の被写体となりますね。


8_201606222001142de.jpg
マクロで絞り解放です。絞ればピントを合わせやすいですが、絞ると背景のボケがうるさい感じになってしまいますね。


9_2016062220011561e.jpg
クモの糸に付いた滴が玉ボケのように見えます。



雨の日の撮影は大変ですが、やはり紫陽花は雨天が最高ですね。そして雨上がりの日差しで宝石のように光る滴が狙い目かも。
[ 2016/06/22 20:28 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(4)

赤堀花しょうぶ園

 やっとと言っていいのか?梅雨らしいはっきりしない空模様の日に、群馬県伊勢崎市にある「赤堀花しょうぶ園」に出かけてみました。(6月9日撮影)


1_2016061014121601f.jpg
どこまで続ているのかな?奥行き感が出るように縦構図にしてみました。


2_201606101412189ba.jpg
かなりのボリユームです。


4_20160610141220620.jpg
花が沢山なので、どれを狙ったらいいのか・・・・・。


3_20160610141218396.jpg
霧雨のシャワーを浴びて生き生きと感じます。


8_2016061014124620a.jpg
紫陽花も咲いていました。


6_20160610141243792.jpg
霧雨が強くなって来たので、木の下で雨宿りをしながら・・・・・。


7_201606101412444ea.jpg
霧雨が上がると薄日が差して来たので、逆光で大ボケの葉っぱを前景に・・・・・。



花ショウブを撮りに来たのですが、何故か紫陽花の撮影になってしまいました。この花しょうぶ園は広すぎて、アップで切り取るにしても背景処理に迷います。ヽ( ´_`)丿



[ 2016/06/10 14:36 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(4)

紫陽花

 いよいよ紫陽花の季節となりました。紫陽花の最高のシチュエーションは雨上がりですね。でも今年は今のところ雨の降らない梅雨のようです。水不足もささやかれている中、早くまとまった雨が欲し所です。
 昨日(8日)は熊谷市のあじさい寺「能護寺」に出かけて来ました。


1_201606081600493fe.jpg
広角レンズでぐっと迫ってデフォルメ効果を・・・・縦構図で奥行き感を強調しました。奥に見えるのが鐘楼の屋根です。


2_20160608160050035.jpg
横構図で広がりを・・・・・。


3_20160608160051f7f.jpg
手前の紫陽花は大きく誇張され、背景の紫陽花はより小さく感じます。
広角レンズを手持ちでファインダーを覗きながらアングルを色々変えてみると、面白い形が見えて来るので面白いですね。


4_20160608160052b67.jpg
これは望遠マクロです。背景が少し賑やか過ぎたようです。反省( ̄^ ̄)ゞ


5_20160608160054bf2.jpg
花が多過ぎて花の向きがまとまらないです。(?-?)/


6_20160608160127b60.jpg
前後がボケれば花が浮いて来ますね。


7_20160608160128c3a.jpg
明るい背景の大ボケです。


8_20160608160130b0b.jpg
こちらは暗い背景です。


9_20160608160132dc3.jpg
手水舎に映った「逆さアジサイ」です。


10_20160608160133d15.jpg
この色は青色Or紫色・・・・ツートンカラーなのか?



紫陽花は種類も多種、色も多色で花撮が楽しいです。
[ 2016/06/09 09:10 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(2)

秩父華厳の滝

 梅雨時の被写体は湿気を好む花ショウブや紫陽花ということになりますが、水の風景も良い被写体ですね。涼を求めて車で近場の滝に出かけてみました。(6月6日撮影)



1_20160608150239620.jpg
滝に向かう途中の渓谷の岩場にユキノシタの群生を見つけました。
ユキノシタの名前の由来は諸説あるようですが、雪が降り積もってもその下には常緑の葉があるとか、白色の花を雪に見立て、その下に緑の葉があるとか。季節によって枯れることのない常緑の草花ということなんですね。


2_20160608150241e08.jpg
残念ながら近づくことが出来ないので、アップもここまでです。


3_20160608150242ed9.jpg
滝の入り口まで来ました。駐車場から歩いて滝まで2~3分です。


4_20160608150243950.jpg
滝の全容が見えて来ました。日光の華厳の滝を想像すると・・・・・えっ、と思うでしょうね。
落差10mのスマートな滝です。今は雨が降らないので、水量が少なくとてもスリムな感じです。


6_20160608150258cdb.jpg
滝つぼはちょっと迫力に欠けますね。


IMG_4493170201s200130525101237.jpg
これは水量の多い時の滝つぼの様子です。雨上がりならもっと迫力があるかと思います。


5_20160608150245f9e.jpg
滝の下まで来ると全部を入れるのが難しいので、横構図で撮りましたが、元気がありませんね。ヽ( ´_`)丿


7_201606081503002d0.jpg
滝つぼからもう一段流れ落ちる光景も何だか元気がありません。



本格的な梅雨空にならないと滝も絵にならないようです。



[ 2016/06/08 15:41 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(1)

梅雨空

 今年の梅雨入りは遅くなるとの予報も、前触れもなしに一気に梅雨入りとのこと。天気予報も気ままな自然現象に翻弄されているように思います。でも今年は水不足が心配される中、早くまとまった雨を期待したいところです。
 そんな梅雨空のフラットな光の下、先日の花ショウブ園に出かけてみました。(6月6日撮影)



1_20160606202330d2d.jpg
先日は強い陽射しの中の撮影でしたが、今日は軟らかな陽射しで、落ち着いた感じの花を撮ることが出来そうです。


2_20160606202332a9a.jpg
今日は軟らかな陽射しの下で、のんびりと撮影することが出来ました。


3_20160606202333152.jpg
白い花も優しい感じに撮れます。


5_20160606202336ff9.jpg
きつい影も出来ません。


4_20160606202334dd6.jpg
前ボケの自然フィルターで変化を・・・・・・。


6_201606062023495c7.jpg
目に優しいといわれる緑が心地よいです。


7_201606062023500ba.jpg
黄色い花の前ボケです。


8_20160606202352fbb.jpg
花ショウブの見分けは花弁の元が黄色いということですが、これは全部が黄色です。


9_201606062023531e0.jpg
色々な色彩の花たちです。




梅雨に入り、湿度の変化で微妙に色味が変わるといわれる紫陽花も、これからが楽しみですね。
[ 2016/06/07 08:10 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(2)

ソフトフィルター

 昨日(3日)は、毎年訪れる小鹿野町の花ショウブ園に出かけてみました。6月に入り梅雨入り間近というこの時期、今年は例年に比べ異常な乾燥状態のようです。花の根元の土も水気がなく、園の近くを流れる小川も渇水状態でした。



1_201606031701054be.jpg
赤味の入ったヤマボウシです。強い日差しと乾燥で元気がなさそうなので、アップではなく遠くからの撮影です。


2_20160603170107d6a.jpg
これは普通の白色のヤマボウシです。今日はデジタル加工ではなく、レンズの先端にソフトフィルターを取り付けての撮影に挑戦してみました。


3_20160603170108da6.jpg
花一輪を狙いました。


4_20160603170110eaf.jpg
並びが面白いので真横から・・・。


5_20160603170112bdc.jpg
日差しが強い時でも、ソフトフィルター使用で軟らかな感じになりました。


6_201606031701245a6.jpg
暗い背景を探して、マイナス補正で撮ってみました。


7_201606031701257c2.jpg
葉っぱの生い茂った大きな紫陽花の株の隙間から覗き込むように、望遠で引き寄せてみました。花はずっと奥にあるのですが、重なって見えます。


8_201606031701275a8.jpg
やはり花ショウブは雨上がりの滴が似合うのでしょうね。雨上がりのタイミングに遭遇出来ることを期待したいです。


IMG_0430150608105109.jpg
これが曇り空の時に撮影したものです。落ち着いた雰囲気に撮れると思いますが。


IMG_0436150608110204.jpg
どなたでも天気が良いと気分が晴れ晴れすると思いますが、花撮の時の私には、曇り空の方が晴れ晴れですね。(*^^)v



コントラストの強い時にソフトフィルターを使ってみると、きつい感じが抑えられるかなと思います。
[ 2016/06/04 08:00 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(4)

初夏の高原

 今日から6月、日差しも増々強くなり、緑もいっそう色濃くなって来たようです。雨上がりの昨日(5月31日)は、早朝から車を走らせ長野県八千穂高原方面へ出かけてみました。



1_20160601142510e6b.jpg
峠越えの国道の斜面に咲く藤の花です。やっと見つけた駐車スペースに車を止め、望遠レンズで狙いました。背景は霧が立ち込めています。


2_20160601142513d33.jpg
もう少し早めに出かけていれば、綺麗な雲海を拝むことが出来たのかも。


3_2016060114251355f.jpg
早朝の日差しを浴びた鮮やか色のレンゲツツジに、青空を入れてみました。


4_20160601142515f55.jpg
10日ほど前の駒出池にはミツバツツジが咲き、新緑も眩く感じましたが、今はその新緑も色濃くなり、主役もレンゲツツジに変わっています。10日間で季節感は大きく変わったようです。


6_2016060114253325a.jpg
こちらはレンゲツツジの咲く蓼科高原の御射鹿池(みしゃかいけ)。
東山画伯の絵、そして近年ではシャープの液晶テレビのコマーシャルで一躍有名になった灌漑用水のため池です。昨年訪れた時には花期を過ぎていました。今年こそはと再挑戦しましたが御覧の通り、今度は少し早すぎたようで蕾が多かった。何度も訪れられる距離ではないので、リベンジは来年に持ち越しです。


7_20160601142535f35.jpg
唯一咲いた株を見つけましたが、花が少ないです。なので白樺をアクセントに入れてみました。


8_201606011425377ba.jpg
池の流れ込みの奥にコナシが咲いていましたので、それを狙ってみました。でも白色の花は目立ちませんね。


9_20160601142537ae8.jpg
小川のほとりに咲くシロバナノヘビイチゴです。シャッタースピードは1/4秒です。小川のような流れは、超スローシャッターで綿のようにするより、このくらいのシャッタースピードで流れのラインを表現した方が良いかなと思います。


10_20160601142539f4c.jpg
玉ボケを狙ってみましたが、背景に差し込んでいる光の量が足りなかったようでした。



早朝の高原は清々しいですね。




[ 2016/06/01 15:53 ] 夏(6・7・8月) | TB(-) | CM(6)