大晦日

 一年間フォトサロン「四季風情」をご愛顧頂きありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。



2016年大晦日



IMG_7545_1.jpg

[ 2016/12/31 13:33 ] コレクション | TB(-) | CM(-)

メリークリスマス

 今夜はクリスマスイブ・・・と言ってもよく分かりませんが、今夜を含めて明日までがクリスマスということのようです。クリスマスとは・・・キリスト教の祭事ということだけしか分かりませんが。分からないなりに老若男女それぞれ楽しんでいるようですね。




1_2016122415340608a.jpg
やっと間に合いました。テーブルフォトの絵をはめ込んで、クリスマスカードを作ってみました。



2_201612241534083f8.jpg
百均で集めました。真ん中は保険のアフラックのマスコットです。



3_20161224153409b48.jpg
クリスマスの花 ポインセチアです。



4_20161224153410116.jpg
デコレーションでは食べきれませんのでショートにしました。



5_20161224153412d38.jpg
苺ショートは苺が中にも・・・・・(=^・^=)



6_20161224153420242.jpg
それでは・・・・・ (@^^)/~~~
[ 2016/12/24 15:48 ] コレクション | TB(-) | CM(6)

冬至の夕景

 昨日(21日)は二十四節気の冬至でした。昼の時間が一年で最も短い日だということです。私のところの日の入りは16時32分ということでした。そんな冬至の夕景を狙いに、私のお気に入りの夕景スポットに出かけてみました。



1_201612211827421fc.jpg
只今の時刻は、日の入り3分前の16時29分ですが、太陽はすでに山影に隠れてしまいました。綺麗な夕焼けになる条件は色々とあるようですが、私は経験からなんとなく、という「勘」が結構当たります。勿論全く当て外れということもありますが。




2_201612211827445f6.jpg
16時31分 太陽が沈んだ部分が赤味を帯びて来たので、ズームを望遠にしてその部分をアップで・・・・・。



3_20161221182745496.jpg
16時33分 今度は広角にして、ほのかに青い空に描かれた飛行機雲を入れてみました。



4_201612211827473f7.jpg
16時35分 また元の構図に戻してみると、2枚目の写真と比較し光量が少なくなっているのが分かります。




5_20161221182748c81.jpg
16時40分  そして時間が経過すると、ややピンク色が加わったように見えます。このようの日没後の色彩は微妙に変化をするので、時間をずらして沢山撮ることかなと思います。



6_201612211828014fd.jpg
16時41分  日の入り時刻から9分が経過しました。よく日没から30分は粘れと言われますが、今日はもうこれで引き上げることにしました。





夕焼けは、ほどほどの雲があることが条件と言われています。また空気が乾燥していないことも条件ですので、冬はチャンスが少ないと言われますが、冬でも天気の変わり目は大いにチャンスがあるかと思います。三脚はお忘れなく!
[ 2016/12/22 09:00 ] 冬(12・1・2月) | TB(-) | CM(4)

八千穂高原雪景色

 今回はコレクションの中から、私が足しげく通う長野県八ヶ岳山麓の八千穂高原の冬の風景を紹介します。(撮影日2010年2月)





1_201612211151309ae.jpg
初夏にはドウダンツツジが咲き乱れる白樺林です。



2_20161221115133a2e.jpg
枯れすすきも雪に覆われると、自然のアートになって見えます。



IMG_0276150515131915.jpg
新緑の頃の八岳の滝はスリムですが・・・・・。



7_20161221115156824.jpg
随分メタボになりました。冬太りですかね。(=^・^=)
自然が時間を掛けて造り上げた自然のアートは迫力があります。



8_201612211151572f3.jpg
キノコのような形です。そして流れの部分は青く見えます。



9_2016122111515915f.jpg
秋には黄金色だった背景のカラマツも、今は雪化粧です。



10_20161221115201fb0.jpg
同じ景色も四季折々全く風情が変わります。




[ 2016/12/21 13:36 ] コレクション | TB(-) | CM(8)

日光・中禅寺湖

 1月2月になると本格的な寒さがやって来ますが、そんな時期には自然のアートが楽しめそうです。栃木県日光市にある中禅寺湖では、強風で湖岸に吹き付けるしぶきがアートを造り出すのです。(撮影日2011年2月)




1_201612182005547f6.jpg
湖岸にはびっしりとしぶきが凍り付いています。



2_201612182005561b3.jpg
立ち木にも氷の花が・・・・・・。



3_20161218200557d8d.jpg
蝋細工のような氷が枝に巻き付いています。



5_201612182006003c4.jpg
枝に着いた氷が氷柱状に垂れ下がっています。



6_201612182006122e6.jpg
細い枝が氷に潰されそうです。



7_20161218200613566.jpg
その昔は湖面の結氷が見られたようですが、近年は凍ることはないとか。勿論地面は氷でツルツル状態です。アイゼンを付けて恐る恐る移動しながらの撮影でした。




[ 2016/12/19 08:01 ] コレクション | TB(-) | CM(4)

富士山

 どなたもそうでしょうが、この時期は被写体が見つかりません。こんな時はコレクション写真の整理をしています。そんな中の、私には懐かしい富士山の風景をアップしてみました。(撮影日2007年11月5日)




1_201612171552320fc.jpg
富士五湖のひとつ西湖から臨んだ富士山です。


2_20161217155234661.jpg
こちらは西湖ではなく精進湖です。


3_20161217155235936.jpg
精進湖から富士山と反対の方向の山々です。あまりにも雲が面白かったので・・・・当時の記憶が蘇って来ました。



4_20161217155237145.jpg
山中湖を見下ろせる三国峠からの富士山です。



5_201612171552384e1.jpg
右側に少しだけ山中湖が見えます。望遠から広角へとズームすると裾野を広げた富士山が小さく見えます。



6_201612171552520f6.jpg
雲間に隠れそうで隠れない・・・・移動する雲とのマッチングを計ります。



7_2016121715525321e.jpg
望遠で山頂に寄ると、富士山の素顔が見えて来ました。




しばらくはコレクションの写真になりそうです。
[ 2016/12/17 16:16 ] コレクション | TB(-) | CM(8)

落陽風景

 今年も残り僅かとなり毎日が慌ただしく感じます。紅葉も終わってしまったので、今日は夕景でも狙おうかと、近くの撮影スポットに出かけてみました。スマホのグーグル検索で本日の日の入り時刻を調べると16時28分ということでした。撮影スポットに日の入り時刻の20分前に到着です。今日は鮮やか色の夕景はない気配だったので、期待はしていませんでしたが、面白い雲がゲット出来たように思います。



1_20161208180949fa0.jpg
西から東に向かう飛行機雲が見られました。



2_201612081809518d7.jpg
先ほどまで眩い光を放っていた太陽が山影に沈むと、地上は一気に薄暗くなって来ました。



3_201612081809532d8.jpg
青空はだんだんと鮮やかさが薄れて行きます。



4_2016120818095514f.jpg
太陽の光を浴びた雲が西から東へと流れて行きます。



5_20161208180956609.jpg
こちらの雲は、陽炎のようにゆらゆらと天に上って行くようです。



6_20161208181005785.jpg
太陽の光が途切れる一瞬に、頭上の雲がほんのりとピンク色に染まりました。



今日も一日ありがとうございました。
[ 2016/12/08 18:58 ] 冬(12・1・2月) | TB(-) | CM(8)

自然のアート

 紅葉もほぼ終わり、いよいよ今年も残りわずかになりました。昨日(4日)は紅葉の華やかさも薄れた、自然の風情を探しに出かけてみました。



1_20161205113842765.jpg
落葉が目立つ殺風景な風景に、ユキヤナギの紅葉が綺麗でした。



2_20161205113843eb8.jpg
今日は何でもアートにしてみようと思い、車体に映ったユキヤナギを狙ってみました。



3_20161205113844f50.jpg
枯れ木の枝ぶりも自然のアートになりますね。



4_20161205113846126.jpg
スモークツリーかな。これも自然のアートでしょう。



5_201612051138478e0.jpg
紫陽花のドライフラワーです。



6_20161205113859d32.jpg
今日は曇りの天気のようですが、何とか晴れてくれないかと祈りつつ雲のアートを待ち続けました。



7_201612051139008f4.jpg
太陽は雲にさえぎられてなかなか顔を覗かせられないようです。



8_20161205113902c5c.jpg
流れる雲の合間に顔を覗かせた太陽の光芒を狙ってみました。



10_20161205113905efe.jpg
縦構図では奥行き感が出て迫力が増したように感じます。



9_20161205113903922.jpg
地上の風はないのですが、上空はかなり強い風が吹いているようです。




冬の風景は花や紅葉などのような華やかな色彩が乏しくなるので、青空の雲や朝夕のシーンを狙ってみたいです。
[ 2016/12/05 11:56 ] 冬(12・1・2月) | TB(-) | CM(6)

黒山三滝

 小川げんきプラザの撮影の後は、昨年11月30日に出かけた越生町の黒山三滝に立ち寄ってみました。ここには天狗滝、男滝、女滝の三滝があり、その歴史は室町時代にさかのぼり山岳宗教修験道の拠点として開かれたとか。



1_20161201174315455.jpg
岩場の奥に隠れ落ちている天狗滝(落差20m)です。滝つぼへは落石などの危険があるので立ち入り禁止です。全容が撮れないので、上にある遊歩道に行ってみましたが、やはり岩陰で見えません。実に神秘的な滝です。



2_201612011743187b8.jpg
天狗滝の下流です。これは数十センチの滝?上の緑が綺麗だってので夏をイメージして撮ってみました。



3_20161201174318330.jpg
岩のテカリに魅かれました。



4_201612011743206ab.jpg
これは秋のイメージです。



5_20161201174322812.jpg
水量が少ないのでスローシャッターでも迫力に欠ける男滝(落差10m)です。



6_20161201174334e6c.jpg
男滝の滝つぼです。落ち葉がくるくる回っているのをスローシャッターで撮りたかったのですが、残念ながら昨年同様落ち葉は一枚もありませんでした。



7_20161201174336c8b.jpg
こちらは男滝の下にある女滝(5m)です。丁度スポット光が入ったのでマイナス目に撮ってみました。この滝つぼにも落ち葉はありません。


8_20161201174338858.jpg
遊歩道の途中から見える紅葉の間から男滝を狙ってみました。



9_20161201174339975.jpg
今日は昨年訪れた30日と同じ日でしたが、今年の見頃はもう過ぎていたようでした。




連日の紅葉風景アップで秋物は品切れとなりました。これからは何をアップしようか・・・・・。(>_<)


[ 2016/12/01 18:20 ] 秋(9・10・11月) | TB(-) | CM(2)