初夏の旅北海道~8

 広い百合が原公園なので、撮影に夢中になり2時間半ほど滞在することとなりました。



11_201706011634509a1.jpg
花ばかりでは飽きてしまいますので、こんなものも。例によって人影が途絶えたところを狙いました。それでも柱の奥にひとりの人影が見えています。



12_2017060116345241b.jpg
もう直ぐお昼です。前ボケは赤と黄色のチューリップ。



13_20170601163454ee0.jpg
ここでも今が盛りのライラックです。



14_20170601163454e83.jpg
実に沢山咲いていました。



15_20170601163456387.jpg
白のライラックも綺麗です。



17_20170601163459395.jpg
こちらはライラックではありません。赤い実のような花はトチノキです。



18_2017060116350102a.jpg
綺麗に咲いていました。何の花か思い出せないまま撮影していたところ、何っていう花ですかと聞かれ?・・・とっさに思い浮かんだのがズミでした。でも撮り終わってよくよく見ると、足元に「ウワミズザクラ」とありました。ズとミの文字は順序は別にして思い浮かんだわけです。度忘れも甚だしいですね。(*^^*)



19_201706011635023f8.jpg
この花は名前の通り、雨上がりのしずくが似合うと思います。



20_20170601163504438.jpg
旅の最終日は沢山の花を撮れて満足しました。汽車を待つ間に閑散とした無人駅の様子を一枚。・・・・・北海道の鉄道は電化区間が少なく、ディーゼル車(気動車)が多いので、地元の人は列車すべてを蒸気機関車時代からの通称名の「汽車」と呼んでいるようです。私には哀愁を感じる響きです。



*今日はこれから新千歳空港に向かいます。次回の初夏の旅北海道~最終章は空港風景です。


[ 2017/06/04 08:00 ] 旅風情 | TB(-) | CM(4)