FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

真夏日

梅雨の中休みの今日は真夏日となりました。私の地域の最寄りの観測所である熊谷では、午後2時に最高気温34.8度が記録されました。あと0.2度で猛暑日ということでしたが、湿度が30%台ということなので、真夏の猛暑に比べれば体感的には少し優しいのかな。こうなると外出は億劫になります。仕事が無ければ、一日エアコンの効いた涼しい部屋でゆっくりしたい気分になりますよね。ストック写真で少しでも涼しく感じて頂ければ幸いです。




1
まずは冷たーいビールで喉を潤したいですね。これはテーブルフォト用に用意したノンアルコールビールですが、出始めのノンアルコールビールは味に癖がありましたが、最近は改良を重ねて来られたようで、私には違和感はなくなりました。アルコールが入っていなくても、それを知らないで飲むと酔った気分になるという実験結果もあるようなので、どなたかに試したら面白いかと思いますよ。(*^^)v



2_20180625153610905.jpg
暑い時は辛いもので新陳代謝を高めましょう。野菜カレーでヘルシーに・・・・・。セッティングに時間が掛かってしまうと、温かいものはおいしそうに見えなくなります。



3
食後はアイスティーで食休みですね。テーブルフォトも窓際などで自然光を使って撮れば、簡単に撮れると思います。食器類は百均で揃えたりしています。



4
午後3時でもまだ33度もあります。今夜は寝苦しい夜になるのかな。夏の夜は夏風邪にご用心ですね。



  1. 2018/06/25(月) 16:11:41|
  2. コレクション

ラベンダー園

 埼玉県の中央に位置する嵐山町(らんざんまち)にラベンダー畑が出来ました。正式オープンは2019年6月ということですが、今年は事前のお披露目イベントが今週末に開かれます。現在は6ha約4万本で関東最大級ということですが、町のHPには、本オープン時は8ha5万本で作付け面積は日本最大級になるとあります。先日は天気予報番組のTV中継がされたので、早速現地視察に出かけてみました。




1_2018062120035665b.jpg
「千年の苑」と意気込みが感じられるのぼりが沢山ありました。そして、園内はイベントの準備中で落ち着かない感じです。



2_201806212004001c0.jpg
こんな被写体は奥行き感を出したいですね。その奥行き感を出すには、勿論広角系レンズで撮れば良いのですが、立った状態でファインダーを覗きながらカメラを上下すると変化が分かるかと思います。縦構図は奥行き感がより強く、横構図は広がり感が出るかと思います。



3_201806212004005e8.jpg
奥行き感を出すために高い位置からのアングルで狙うと、株がまばらになってしまうこともあるので、株が間抜けしていないポイント探しもしないといけませんね。



4_20180621200402557.jpg
身を低くしてラベンダーの香りに包まれながらのマクロ撮影です。中間の株辺りにピントを合わせて、前景ボケにしてみました。



5_201806212004024f4.jpg
中腰になって望遠系のレンズの絞りをやや開け気味にして、中間より手前にピントを合わせると背景がボケました。奥行き感はあまり感じられませんが、株が密集して見えるようになりました。



*指先から肩にかけての調子があまりよろしくないので、PCを長く出来ません。コメント欄はしばらくお休みさせて頂きます。
  1. 2018/06/22(金) 08:00:52|
  2. 夏(6・7・8月)

紫陽花歳時記

 関東地方は梅雨に入り、はや2週間になろうとしています。関東の梅雨明けの平年は7月21日頃ということで、あと1ヶ月くらいは鬱陶しい日々を送ることになります。それまでは少しでも紫陽花で癒されていたいと思います。
 そして梅雨が明けると待っているのは猛暑、連日最高気温のランク付けが報道され、熱中症に対しての注意喚起のニュースが目に止まリます。今東京では2020年に向けてマラソンコースの遮熱対策工事が始まっているようですが、この工事が日本中のすべての舗装道路に普及される日が来ることを願いたいです。



1_201806191951546e2.jpg
標高500mほどにある紫陽花園は一面花盛りです。背景の山はつい先日まで一面ポピーで賑わっていました。このように紫陽花を俯瞰で見られるのは、なかなかない光景だと思いますが。



2_20180619195155f93.jpg
淡色の紫陽花の背景には山の稜線が伺えます。



3_20180619195156be8.jpg
紫陽花ロードは、お天気には関係なく連日盛況です。




5_20180619195158f16.jpg
ガクアジサイの花言葉は「謙虚」、本紫陽花に比べ花数が少なく、その姿が謙虚に見えることからそういわれているようです。



4_20180619195157213.jpg
その本紫陽花の花言葉は「浮気」「移り気」などといわれますが、なるほど土壌環境などの周囲に影響されて色が変わるということなのですね。本紫陽花はもともとピンク色で、どんな色でも老化に近づく終末には、赤やピンク色になるのだとか。果たしてそうなのか?今後は注意深く観察してみることにします。


*今日は朝からどんよりとした雨模様の天気ですが、花たちにしてみれば恵みの雨の一日なのかも。





  1. 2018/06/20(水) 08:04:12|
  2. 夏(6・7・8月)

今時の花

 毎年出かける山間いの花菖蒲園へ出かけてみました。現地に着いてみると、えっ、こんな程度の花数?・・・・いつも沢山咲いている場所に「一年もの」の看板が。ハナショウブは同じ場所に長く栽培していると、土壌の栄養不足で連作障害を起こすとか。管理をしている人がそんな話をしてくれました。綺麗な花を観るのは、そう簡単なことではないのですね。





2_20180617191902b6b.jpg
花数が少なく前ボケが出来ないので、ソフトフィルターを使ってみました。今日は一日曇り空の予報なので、私には花撮日和と言えそうです。



4_20180617191906edd.jpg
ヒメジオンに蜂が止まっています。あれ、これは蜂ではなくアブの仲間だったかな?



5_201806171919078e6.jpg
以前にもアップしたと思いますが、ウツボグサです。肘を付いてカメラを草むらに入れると、前ボケが出来ました。戦国武将の弓矢を入れるうつぼに似ていることから名付けられたとか。そして、何と消炎作用のある薬草として使われているのです。




1_20180617191902f8e.jpg
これは我が家の朝顔です。シベが花弁の白と同じ色で見えずらいので、赤の部分にピントを合わせました。子供の頃に蕾を摘んでは先の方をつまみ、お尻の方を口に当ててぷっと膨らませて、パーンと破裂させて遊んだことを思い出します。



3_2018061719190436c.jpg
紫陽花に二匹のカタツムリを乗せてみました。一方の方は閉じこもったままでしたが、こちらは直ぐにポーズをとってくれました。
カタツムリは苔や葉っぱを食べるそうですが、紫陽花の葉っぱは食べないようです。紫陽花の葉には毒があるからだそうです。またカタツムリは、何故かコンクリートやブロック塀などを這っています。これは殻を作るために、コンクリートの中のカルシウムを食べているとか。   



       


  1. 2018/06/18(月) 07:56:29|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

梅雨休み

 関東地方では梅雨入りが発表されてから、まとまった雨が降っていないようです。夏の水がめは大丈夫なのかな。猛暑で水不足は頂けません。近年の猛暑は当たり前になって来て、これから更に異常な気象現象が心配されます。




1_201806141406317b9.jpg
梅雨の晴れ間は、秋のような雲が見られます。入道雲と秋雲のコラボも見られるかと思います。



2_20180614140633fe6.jpg
単焦点の100ミリマクロで撮りました。主役の紫陽花にピントを合わせつつ、前に出れば背景の玉ボケは大きくなり、下がれば小さくなります。ズームレンズではついつい前後の移動を忘れてしまいます。



3_201806141406341cb.jpg
前景の葉っぱにレンズを押し付けて大きなボケを作り、主役の紫陽花が隠れない程度の構図にしました。



4_2018061414063759b.jpg
晴れの日の花撮はコントラストが強く白トビもしやすくなり、花の優しさが表現出来ません。木陰の花を狙った方が良いかと思います。露出補正は基本的にはマイナスが良いかと。



5_20180614140638c66.jpg
木漏れ日を少し入れてやると、晴れの日の木陰の風情が表現できるかなと思います。



*やはり紫陽花は露が似合う花かと思います。小雨か曇りの日が狙い目かも。



  1. 2018/06/14(木) 15:28:57|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

思い出の高原

 私が八千穂高原を初めて訪れたのは、20代の頃に遡ります。流行りのスカイラインの中古を手に入れ、初めての遠出のドライブでした。その頃すでにカメラに興味があり、一眼を持って出かけた記憶がありますが、その時の写真は何処へ行ったやら。当時は高速道路もなく、車もいつ故障するかも分からず、林道はほとんど舗装がないような状況でした。そんな回想をしつつ年に4回ほど訪れる、思い出深い八千穂高原です。




11_201806091252277ac.jpg
標高1,700mの展望台、ここにはレストランがあります。山麓に高速道路のインターが出来たので、人出を期待してかリニューアルされました。食事をしながら、こんな風景が見られるのです。右側はサラサドウダンの木です。そして、向かいは浅間山・・・・。



12_20180609125229be9.jpg
サラサドウダンはツツジ科の花で、釣り鐘状の可愛い花です。遠くからでは花だと気付かないくらいの、落ち着いた色合いの花です。サラサ模様から名付けられたと言われています。



13_20180609125230189.jpg
ベニバナイチヤクソウ・・・紅色の可愛い花です。いつも群生しているポイントへ行ってみましたが、見頃を過ぎてしまったようで、群生は見られませんでした。今年は高原でも花期が早まってしまったようです。



14_20180609125231c34.jpg
駐車場にバスが2台、都会の喧騒か?と思われるようなツアー客の話し声。そのツアー客が帰るのを待って八千穂高原自然園に・・・・静寂を取り戻した園内は別世界でした。閉園まで2時間あるというので、それまでのんびりと撮影をします。



15_2018060912523300c.jpg
園内にある「もみじ滝」です。滝の音と共に小鳥の囀りを聴きながら、至福のひと時を味わいました。撮影していると、ひとりの男性が道を尋ねて来ました。出口が分からなくなったようです。私は親切に教えつつも、内心で案内板もあるし受付で地図も渡されているはずなのに、こんなそそっかしい人もいるんだなとつぶやきましたが、・・・・・・あれ、それって私のことか。(>_<)



16_2018060912523568b.jpg
豪快な「飛竜の滝」は清涼感たっぷり・・・・時々ドスンドスンと騒音が聞こえます・・・・。ふと上を見上げると、ここは国道に掛かる大橋の下でした。



*八ヶ岳山麓の八千穂高原界隈での熊出没情報は、長年通っている私は聞いたことがないので、真相を探るべくネットで調べてみると、居るとしても個体数は限られているとか。八ヶ岳の環境はあまり熊に向いていないようだとの情報が・・・・。
更に検索すると、クマは○○病院で。。。。何んのこっちゃ?・・・・クマはクマでも顔のクマ取りでした。(^o^)丿










  1. 2018/06/10(日) 08:00:43|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:4

梅雨の晴れ間

 梅雨入りの次ぐ日は晴れるというジンクスがあるとのことですが、ご多分に漏れず昨日は青空となりました。今年は肩の調子が思わしくなく、病院通いでしばらく撮影に出かけることが出来ませんでした。まだ本調子ではないのですが、梅雨時の貴重な晴れ間は逃すことが出来ません。気晴らしも兼ねて急きょ長野県八千穂高原へと出かけてみました。




1_201806081542116dd.jpg
雲が出て来ましたが、天気を崩すようなものではなさそうです。レークでは釣り糸を垂らす人影が見えます。



2_20180608154214fe5.jpg
高原の空気は美味しく緑が眩く感じます。来て良かった。



3_20180608154216cb9.jpg
木陰では造形が面白いシダの緑が目に止まります。



4_2018060815421731f.jpg
白樺林にはレンゲツツジが彩を添えます。そして、騒音に等しいほどの春ゼミの鳴き声が響き渡っています。




5_20180608154217150.jpg
渓流の水辺に咲くカラマツソウの背景に、玉ボケが出来ました。カラマツソウは名の如く、花弁がカラマツの葉に似ているということです。


*台風接近で大雨が心配されます。身構えを怠らずに・・・・。








  1. 2018/06/08(金) 16:08:56|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

梅雨入り

 私のブログのカテゴリは6月からは夏、関東では本日平年より2日、昨年より1日早い梅雨入りとなりました。気付けば今年もあと半年、月日の経つのが早く感じます。我が家の庭も新緑が日に日に多くなり、剪定をしないとジャングルのようになりそうです。コスモスが花を咲かせ、朝顔も大分ツルが伸びて来ました。




1_20180606123033a07.jpg
家電やさんから頂いたサービス品の種からコスモスが花開きました。



2_20180606123036270.jpg
チドリソウも綺麗な紫色に・・・・。



3_20180606123037ae5.jpg
昨日の暑さでしおれていたアナベルも、朝からの雨で生き生きして来ました。



4_201806061230380bb.jpg
これは、良く見かける「てまり」と呼ばれている紫陽花ですが、そもそも今日本に出廻っている紫陽花は、もともと日本古来のガクアジサイが原種で、西洋で改良されて逆輸入されているものだとか。、そこから日本で更に改良され、大きく分けると50種類、園芸種を混ぜると2,000種類以上もあるとか。そんな紫陽花は和の風情に合います。そして鬱陶しい日本の梅雨の風物詩なのですね。



5_201806061230403b1.jpg
スカシユリ・・・・我が家にはこの黄色とオレンジ色があります。花が大きいのでマクロで撮るには、造形的に撮ると面白いかなと思います。



6_2018060612304185c.jpg
オレンジ色は如何でしょうか。手前の花を思い切り前ボケにしてみました。以前は普通のマクロレンズで撮っていたので、煩わしい三脚を使っていましたが、最近は手ぶれ補正の付いたマクロレンズを手に入れたので、手持ち撮影が楽になり、前ボケ作りをはじめ構図決めも容易になりました。




  1. 2018/06/06(水) 14:32:21|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:4

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (32)
旅風情 (36)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (69)
秋(9・10・11月) (68)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ