FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

北海道ツアー 2

 ツアー2日目(29日)は、ホテルを出ると一路積丹半島の神威岬に向かいます。今日は念願かなって積丹ブルーの海を見ることが出来るということになります。滞在時間は60分ということです。バスを降りてから岬を往復するのに40分位だということですが、写真を撮りながらでは1時間はフルに使うことになりそうです。ここの観光が終わると、余市に戻ってニッカウヰスキーの工場を見学し、小樽市内で昼食休憩です。その後は高速道路で三笠ICまで行き、峠越えで富良野到着となります。締めて本日の移動距離は315Kmとなりますが、他力運転で楽ちん楽ちんです。




1_2018100222485516b.jpg
これから岬の突端にある灯台を目指してアップダウンの道を向かいます。往路はとりあえず落とせない撮影ポイントを撮影しながら向かい、復路は時間を気にしながら撮影することになりそうです。見学はいつでも自由にということではなく、そして季節によって開閉門の時間が変わります。ここは強風が吹くことが多く、その時には女人禁制の門が閉鎖されるとか。今日は無風状態で少し歩くと汗ばむくらいの陽気です。人出も少なく外国の観光客もまばらで撮影もスムーズに出来そうですが、これも地震の影響なのでしょう。何とも複雑な心境です。



2_20181002224856cd6.jpg
岬の突端にある神威岬灯台です。明治時代に造られ今現在現役のようですが、勿論無人となっております。案内板には女人禁制の地に建つ灯台とあります。古き時代には女性は来られなかったということですね。何故女人禁制か?あれ、ガイドさんの説明は・・・・忘れました。(>_<)



3_201810022248589e2.jpg
これがよく観光ポスターなどで見る、積丹ブルーに囲まれた神威岩です。スケール感が分からないでしょうが、正直私にも分かりません。観光船でも近づいてくれればいいのですが、待っている時間はありません。(^o^)丿



4_201810022248597cc.jpg
復路は時間を気にしながら、積丹ブルーの綺麗なところをつまみ食いです。



5_20181002224901c16.jpg
積丹ブルー如何でしょうか。色彩はWBや露出補正で微妙に変わります。どれが正しいというのではなく、自分のイメージした色合いが出ていれば良しとしたいですね。


7_20181002224854d59.jpg
これは特に綺麗だと感じたので夢中で撮りましたが、水面だけでは雰囲気が出ませんね。



6_201810022249026fd.jpg
水面だけでは変化がないので、構図的に面白い配置の岩などアクセントになるものを入れると良いのではないでしょうか。今回はなるべく水平線を入れるようにして、距離感スケール感を意識して撮りました。



*次回は余市、小樽方面へ向かいます。


  1. 2018/10/02(火) 23:00:35|
  2. 旅風情
  3. | コメント:6

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (33)
旅風情 (44)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (69)
秋(9・10・11月) (91)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ