FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

いつもの花園


1_201904291955393f9.jpg
連休だというのにいつもの花園はひっそりとしていた。
しばらくご無沙汰していたら、まあ色々な花が咲いていること。
まず目に付いたのがこれだ。アマドコロ又はナルコユリというのですが。
私は図鑑のように撮らないので、色々調べたが、この写真で判別するのは無理なようです。



2_20190429195542747.jpg
これは埼玉県の県の花であるサクラソウ。
あまり見かけない品種なので、早速赤のサクラソウを前ボケにしてみました。



3_20190429195543917.jpg
ハンカチの木。
ハンカチを広げたように見えるが、ひとつ目小僧のような不気味な花にも見える。
私が初めてお目に掛かったのは7年前だった。札幌市にある北海道大学付属の植物園でした。



4_20190429195544c71.jpg
ライラック。これも初見は札幌でした。
丁度ライラックまつりの期間中だったので、大通公園が花盛りだったことを思い出します。
可愛い花なのだけどボリューム感もある花ですね。


5_2019042919554512d.jpg
こちらはフジ。これは短めなので撮影には良いが、迫力がないので物足りない感じです。
そうかといって長いものはフレームに入らないですね。
まだまだ色々な花が咲いていましたので、また次回に・・・・・





  1. 2019/04/30(火) 05:30:47|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

牡丹


1_20190424144036e1f.jpg
(撮影日4月24日)
東松山市の郊外にある「東松山ぼたん園」、曇り空が俄かに怪しくなって、途中から小雨が降って来た。
帰ろうかな・・・・いや入園料500円だぞ、1時間半濡れながらも頑張った。
この花の品種は「島錦」。品種改良で生まれる品種名、作者の思いが込められているのだ。



2_20190424144036869.jpg
牡丹の原産地は中国北西部。奈良時代に渡来して来たといわれ、当初は薬草として植えられたということ。
その後平安時代には観賞用として栽培されるようになったようだ。
牡丹の花言葉は風格、高貴、平安のその昔貴族たちの姿が目に浮かぶ。
「麻呂は牡丹が好きじゃ」(*^^)v



3_20190424144038766.jpg
明るい色が画面全体を占めている時に、花がグレーになってしまう時がある。
プラス補正をすれば解消されるはず。でも補正をし過ぎると、今度は白トビに。
こんな時は露出を変えて数枚撮った方が無難かも。



4_20190424144040cd8.jpg
こちらは少し濃い目のピンク色。
花の色はこれが一番かな。


5_2019042414404139b.jpg
派手な赤色の前ボケ、主役の花の存在感が薄れてしまったかな。
花撮はこんな前ボケと背景ボケが面白い。


  1. 2019/04/25(木) 05:30:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

夏日の花たち

1_20190422194945818.jpg
夏日の午後木陰を求めていつもの花園に出かけました。
直射日光が強い日は日向の花たちはしおれ気味。
でも木陰のタイツリソウは涼しそうだ。


2_20190422194946a48.jpg
お椀の船でゆらゆらとバッタも気持ち良さそう。


3_201904221949475ac.jpg
ワスレナグサは寒色系、こんな日は清涼感が味わえるかな。


4_20190422194949558.jpg
笠を被った踊り子のように見えるオドリコソウ。野山ではよく白を見かけるが、これはキバナオドリコソウ。
段ごとに輪になってこちらを向いている、からくり時計のように見えませんか。


5_2019042219495095c.jpg
♪薄紅色の~・・・・・♪~そんな薄紅色のハナミズキは街路樹でよく見かけますが、こちらは白色のハナミズキ。
花開いた状態ではない開き始めの瞬間に遭遇出来ました。


*今日は曇り空、こんな日は花撮には持って来いなのです。きつい影が出ないので、ソフトな花が撮れるからです。今日はこれからボタン園に出かけて来ま~す。


  1. 2019/04/24(水) 07:56:50|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

八重桜


1_201904212013002e9.jpg
先日河口湖撮影の帰り道秩父市内で見つけた八重さくら園です。個人で手入れをしている花園のようです。四季折々花を咲かせているようですが、12,000㎡の園内には300本の八重桜が見頃でした。下草の手入れも行き届いておりますが、個人での管理はさぞかし大変でしょう。オーナーは余程花好きの人なのでしょうね。


2_20190421201302639.jpg
少し高台から撮るとボリューム感のある八重桜が臨めます。濃い目のピンク色がとても綺麗です。



3_20190421201303300.jpg
ちょっと引き気味で大きく背景を入れてみると新緑が目に止まります。連休の頃には新緑も増々色濃くなって来ることでしょう。



4_201904212013048f9.jpg
密集した花は濃いピンク色に見えますが、アップで撮る花は淡いピンクなのです。



5_201904212013058cb.jpg
こちらは普通の紅しだれ桜です。八重桜より小ぶりで可愛いです。


*来週には連休が始まりますが、今年の連休は長すぎるので、どんな混乱が起こることでしょう。平穏無事に終わってくれることを祈ります。

  1. 2019/04/22(月) 05:35:23|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

庭園散策


1_20190418194737208.jpg
ここは河口湖畔にある富士ビューホテルの庭園です。四季折々の風景が楽しめるといった広い庭園です。
白樺の木かと思いきや、いや紅シダレ桜です。肝心のシダレ桜の幹が写っておりませんので、白樺の木にシダレ桜が咲いているようです。


2_20190418194739546.jpg
見頃のミツバツツジが遠くからでも良く目立ちます。実に鮮やかな春色です。


3_20190418194739641.jpg
ここにも鮮やか色の紅シダレです。全体を写すとちょっと庭園という雰囲気ではなくなりますので、下の部分はカットです。


4_20190418194740820.jpg
ここは種明かししても良いポイントなので全体像を。


5_20190418194741f54.jpg
背景に富士山が入るポインを探しましたが、どうやら上階の部屋からでないと無理なようです。


  1. 2019/04/20(土) 05:30:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:0

河口湖湖畔にて


1_20190418123527ee2.jpg
(撮影日4月17日)
河口湖湖畔に咲く桜が見頃だというので、せっかく出かけたのに生憎の曇り。青空に富士山と桜をイメージしてきましたが、残念な光景でした。曇り空と言っても雲が高いので、富士の姿は見えるのですが、桜と雪の山頂部分が曇り空に同調してしまい、輪郭と色合いがいまいちです。


2_20190418123528ad7.jpg
こんな色合いの所を入れてみましたが、富士山が浮き出て来ません。車で3時間かけて来たのにと溜息が出ます。


3_201904181235303f6.jpg
富士山は駄目でも桜は見頃だというので、背景をブルーマウンテンにしました。日陰の部分の山肌は青く見えます。それを背景にすれば明るい色の桜が浮き出て見えます。何故か柳の木が多い河口湖湖畔、新芽の緑もアクセントになります。


4_20190418123531832.jpg
桜がボタン雪のように見えます。


5_20190418123533364.jpg
湖面の青色も良い背景になります。湖畔の大石地区辺りは観光客で混雑していて撮影どころではないですが、その他のポイントは閑散としているので、時々車を止めて撮影しながら一周しました。そんな中、湖畔にあるホテルの庭園が宿泊者以外にも開放されていたので、立ち寄って撮影させて頂きました。次回に紹介します。

  1. 2019/04/19(金) 05:30:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

ポピー


1_2019041621320390d.jpg
TVのニュースで国営武蔵丘陵森林公園のポピーが見頃とのこと。早速次ぐ日(16日)に出かけることにしました。
風景の写真に人影を入れないという私のセオリで行くと、開園時間になったら我先に小走りでポピーの咲く広場まで向かわなくてはなりません。通常20分かかるところを15分で着くことが出来ました。息が荒い状態でシャッターを切ることとなり、手振れのカットも数枚ありました。でも予定通りに人影のないカットを撮ることが出来ました。



2_2019041621320412f.jpg
本来は広角で広く撮りたいところですが、御覧のようにポピーの間隔はかなり開いています。なので、手前はカットして奥の花が重なって見えるくらいの位置まで望遠側にズームしました。



3_201904162132055a9.jpg
群落を撮ったらアップに耐える旬の花を探します。アップで撮る花のピント合わせは、しべに合わせるのがセオリですが、あくまでセオリはセオリ、花弁の輪郭に合わせたり、模様のある花弁だったらその模様に合わせたりするといいかも。



4_20190416213207e2e.jpg
場所を変え野草園に移動しました。卵を割ったようなヤマシャクヤクが咲いていました。中に黄身?が見えます。開花してもなかなか横からでは花の中が見えずらいので、このように花弁の隙間から覗き込むか、真上から撮ることになります。



5_201904162132088ee.jpg
この花の名は?なかなか思い出せない。・・・・・イライラして来ました。もう自分に腹が立ちます。ああ、イカリ(怒り)ソウだ。(*^^)v


  1. 2019/04/17(水) 05:30:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

ヘリコプターの日


3_2019041421311429e.jpg
カレンダーに今日4月15日はヘリコプターの日とありました。またまた調べてみると、今日はヘリコプターの原理を考案した芸術家でもある、レオナルドダヴィンチの誕生日なのです。1986年に全日本航空事業連合会が制定したとありました。
これは紅葉撮影に出かけた時に遭遇した防災ヘリの訓練風景です。


2_20190414213111ae0.jpg
ヘリコプターはエンジンが止まっても、オートローテンションという機能で、真っ逆さまには墜落しないということです。ということですが、やはりヘリコプターの墜落事故は悲惨なものが多いようです。


1_20190414213110e97.jpg
このようにヘリを撮影すると、プロペラが止まって写ってしまいます。実はプロペラの回転速度は扇風機よりも遅いそうです。
多分1/60などかなり遅いシャッタースピードで撮らないと、廻っているように撮れないのかもしれません。今度試してみようと思います。


5_201904142131166eb.jpg
こちらはドクターヘリです。防災ヘリやドクターヘリは都道府県や政令都市単位で整備されていて、隊員は各消防本部から、またパイロットや整備士は航空会社からの派遣が多いようです。


花撮ばかりのカットでは飽きてしまうでしょうから、今日は数少ない私の航空機コレクションの中からの紹介でした。

  1. 2019/04/15(月) 05:00:00|
  2. その他
  3. | コメント:6

桜巡り


11_20190412220706877.jpg
平地でソメイ桜が散ってくる頃に、山あいをぶらぶらすると遅咲きの桜に巡り会えます。
これはソメイ桜かな。この辺りは時々猿の姿を目にします。猿も花見をするのかな?


12_20190412220708a9a.jpg
珍しい花を見つけました。初めて目にする花です。
白い花なので背景にミツバツツジを入れてみました。


13_201904122207096df.jpg
集落の斜面に小さな桜の木を見つけました。
どんな種類の桜か聞きたくて周りを見渡しましたが、人影はありません。


14_20190412220711d65.jpg
これは紅しだれ桜だと思います。まだ若い木ですが、あと10年もすれば見事な木に成長することでしょう。
丁度画面の空きの所に雲が流れて来ました。運(雲)が良かったな~~。(*^^)v


15_20190412220712769.jpg
私の家のカレンダーに今日13日は「喫茶店の日」とありました。
調べてみると・・・・1888年(明治21年)の4月13日東京の上野に日本で初めての喫茶店「可否茶館」という店が開店したことに由来するそうです。
こんなモーニングセットがあれば良いかな。私の作ったあんことコロッケのサンドイッチです。
「どうぞ召し上がれ」(*^^)v






  1. 2019/04/13(土) 06:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:6

紅シダレ桜


1_201904101141541bc.jpg
千本桜という名所は各地にあります。どう見ても千本の桜があるはずもないですが、果して何本以上あれば千本桜と言われるのか?
見頃のソメイ桜は実に華やかですが、あっという間に散ってしまいます。そして、また一年間日陰の身になるのですね。



2_20190410114156eeb.jpg
ソメイ桜の薄っすら桜色も、紅しだれ桜と並ぶと白く見えてしまいます。



3_20190410114157105.jpg
まだ若いすらっとした紅しだれ桜が2本、競うように背比べをしています。



4_20190410114158d82.jpg
背景には大空に登る鯉が見えます。風が強いので開店する恋もあります。→風が強いので回転する鯉もあります。
PC歴は14~5年になりますが、未だにブラインドタッチが出来ない私は、いつもこんな感じ(漢字)で訂正を強いられます。(>_<)



5_20190410114159abd.jpg
宙を舞う鯉のぼりを久々に見て、遠い子供の頃を思い浮かべました。その昔の登りの竿は太く長い丸太でした。大人が数人がかりで立てていたのを思い出します。そんな風物詩も住宅事情で数少なくなって来たように思います。

  1. 2019/04/11(木) 05:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

秩父花巡り


1_20190408130207e1b.jpg
桜とお地蔵さんがよく似合います。
秩父地方は春の巡礼季節となりました。秩父札所は34ヶ所です。ハイキング気分で御朱印を求め歩く方も多いようです。



IMG_1658.jpg
白装束の巡礼さんを待ちましたが・・・・なかなか見えませんでした。やむなく人影のない25番札所の風景で・・・・。



3_20190408130208c30.jpg
背景のとんがり山は市内を見下ろす武甲山です。石灰石の採掘のためピラミッドのような形になりつつあります。



4_201904081302107e9.jpg
ソメイヨシノとベニシダレのコラボです。背景の紅色がソメイヨシノを引き立てます。



5_20190408130212656.jpg
季節運行のSLです。連写で撮りましたが、狙いはSLが丁度ピンクの花の近くまで来ればいいかなと思いました。・・・・が、この位置で急に汽笛を鳴らされ、あまりにも大きな音なので、反射的にシャッターボタンから指が離れてしまい、この位置で連写は終わりました。いきなり脅されてような感覚で、心臓のバクバクがしばらく治まりませんでした。(>_<)






  1. 2019/04/09(火) 05:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

花々色々


1_2019040608282689f.jpg
桜ばかりが花じゃないとばかり、足元でタンポポが語り掛けます。姿勢を低くしてソフトフィルターで春うらら。


2_201904060828269eb.jpg
シベが見えませんが、これでも椿です。綺麗な赤ですが色飽和に気を付て彩度を落とし気味に。後で見たら、背景の花の赤い玉ボケが写っていました。ファインダーでは分かりません。見てからのお楽しみ、花撮はこんなサプライズが面白いです。


3_201904060828297c0.jpg
紫モクレンは大きな花びらで重そう。シダザクラならぬ、シダレモクレンになりました。


4_20190406082830fa2.jpg
通称ダイコンの花。群生が綺麗です。青のような紫のような、光で見え方が変わるように感じます。


5_20190406082831a52.jpg
一斉にお辞儀をしているチューリップです。いや、私がカメラを傾けたのです。チューリップは行儀よく直立が良いのかな。


  1. 2019/04/06(土) 08:43:50|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

桜の木の下で


1_201904042155310a7.jpg
すらっとした桜の木です。撮ってみたら枝が目立たないのです。枯れ木に花を咲かせた絵のように写りました。



2_20190404215532ee9.jpg
太陽が見え隠れしていたので、広角系35mm換算で28mm、絞りはf16に絞って撮りました。光芒撮影は広角気味で絞りは絞り込む。でも絞り過ぎに注意です。ファインダーを覗く時には、太陽光を直接見ないで視線を反らすことですね。



3_201904042155328fc.jpg
ソフトフィルター効果でホンワカに・・・。



4_2019040421553463b.jpg
しだれ桜です。太陽光が強い逆光で撮りましたので、コントラストのきつい桜になってしまいました。曇りの日ならば落ち着いた感じに撮れそうですが。



5_2019040421553577d.jpg
カモは警戒心が強いのですが、今日は心を開いてくれたようです。かなりの至近距離で撮れました。


  1. 2019/04/05(金) 05:00:42|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

寒空に桜


1_20190403105308de2.jpg
ここ数日は寒の戻りで花見どころではない寒さです。これは桜は桜でも早咲きのシバザクラです。


2_20190403105309edd.jpg
早咲きとはいっても、2月にはすでに数輪が開花していました。手前は白い花です。


3_2019040310531048e.jpg
こちら北関東のソメイ桜は、ほぼ見頃を迎えています。あすから寒さも治まるとの予報なので、一気に開花が進みそうです。


4_201904031053133e0.jpg
望遠レンズで狙うと、圧縮効果で満開のように見えます。


5_20190403105313c0b.jpg
北風が吹いて青空には積雲が浮かんでいます。今日は花見気分にはなれません。もう寒の戻りは結構です。






  1. 2019/04/03(水) 11:05:57|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

新元号決まる


元号
たった今新元号が発表されました。 令和 「れいわ」
万葉集からのものということですが、私にはまったく予想外でした。
意味合いなどの詳細は後ほど報道を聞きたいと思います。
5月1日即位で新たな日本が始まりますね。

背景の写真は日本の象徴富士山と桜で決めました。
人生3世代目にあたり色々なことが蘇って参ります。
心機一転新たな気持ちで取り組みたいと思います。・・・何を?勿論ブログです。(*^^)v





  1. 2019/04/01(月) 11:52:04|
  2. その他
  3. | コメント:6

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (63)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (215)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ