FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

天空のポピー畑


1_20190530203629a14.jpg
標高500mにあるポピー畑は花盛りだ。
平日にもかかわらず狭い山道を次から次へと車がやって来る。
花の魅力はすごい。



2_20190530203631190.jpg
沢山の人に長い期間楽しんでもらうために種まきの時期をずらして、このように早咲きのエリアと遅咲きエリアとに区分されている。
カメラマンとしては一度に一面の花畑にして頂きたいところだが。
でも今の時代は皆さんがカメラマンだ。
老若男女を問わず一眼カメラやミラーレス、スマホと皆さんそれなりに楽しんでいる。



3_20190530203631f3b.jpg
雲ひとつない晴天で背景が寂しい感じだ。こんな時は立ち木が良いアクセントとなる。



5_201905302036368ff.jpg
ものぐさして立ったままのアングルでは密集した感じには撮れない。
ファインダーを覗きながら少し姿勢を低くし花の密集するポイントを探る。
でも手前はどうしても空き気味になってしまうので、手前部分はズーミングしてカットする。



4_20190530203634cb9.jpg
反対方向には山並に雲が掛かっている。これなら風景画として良いのかな。
日射しは強いが高原の空気は爽やかだ。お蔭でだくだくの汗ではなく心地よい汗がかけた。
それにしても沢山の人が訪れている。花に寄って来るのは昆虫だけではないようだ。(*^^)v

  1. 2019/05/31(金) 08:06:13|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:6

涼を求めて


1_20190528135040524.jpg
(5月27日撮影)
連日の暑さから逃れようと群馬県の赤城山に出かけてみた。
シーズンにはまだ早く新緑もまだ始まったばかり。
ミツバツツジが一輪と寂しい風景だ。


2_201905281350411ce.jpg
車を走らせていると今はヤマツツジが目に止まる。
時々車を降りて狙ってみるが、車窓から瞬間的に見た光景とは印象が違う。
瞬時に見る人の目は、自分に都合の良い印象に見えるものなのかも。
ベストなアングルが見つかっても、時としてたった一本の垂れ下がった枝が邪魔をする。
自然相手では仕方がないと諦めることが多々ある。



3_2019052813504370d.jpg
道路上から俯瞰で眺める渓谷は、得てして手前の木々が邪魔をする。
崖を降りて近寄りたいが、ひとりでは危険を冒してまで降りて行く気にもなれない。
でもキャンプ場には容易に近づける渓流がある。まだ営業の始まっていないキャンプ場の渓流は今が狙い目だ。



4_20190528135044d67.jpg
今日は三脚とレリーズ、PLフィルターが活躍した。
PLフィルターを廻し水のギラギラや岩のテカリを加減してハイパチリ。



5_20190528135046202.jpg
WBを寒色系にして流れを青くすると清涼感が増した。
暑さを逃れての渓流撮影は実に癒される。


  1. 2019/05/29(水) 05:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

懐かしの風景


11_201905261742022d4.jpg
丁度今頃の風景だ。農業用水の池が実に絵になる。昔から知る人ぞ知る長野県の御射鹿池だ。有名な画家のモチーフになったり、テレビCMにも登場した。近年はSNSなどで一般の人にも広く知られるようになり、数年前から観光ツアーの目玉となっている。



12_20190526174204a9c.jpg
観光化によって周囲に駐車場などの整備がなされ、今は水辺に近づくことが出来ない。もう今まで通りの撮影アングルでは撮れないだろう。



13_201905261742050db.jpg
こんなアングルでの撮影も今は出来ない。懐かしい風景となってしまった。



14_20190526174206eea.jpg
レンゲツツジの見頃に合わせて何年も通い続けた頃が懐かしい。



15_201905261742087c9.jpg
池の風景は無くなってはいないが、カメラマンの聖地としての存在感は薄れてしまったと思う。
これからは撮影の為に、ここを訪れることもないだろう。
これからも一期一会を大事にしたいと思う。





  1. 2019/05/27(月) 05:00:00|
  2. その他
  3. | コメント:4

清涼感


1_20190524181117821.jpg
四季の中で一番過ごしやすい5月だというのに、連日厳しい暑さが続きそうだ。
こうなると暑さに体が慣れていないので、気付かないうちに熱中症にかかってしまうかも。
こんな時には滝のマイナスイオンで体調を整えたら良いかな。
滝の音を想像しながら清涼感を味わって下さい。



2_201905241811185d9.jpg
滝はシャッタースピ―ドを速くして流れを止めるか、逆に遅くして流れをブラスかで印象が変わるのだ。
これは滝の直ぐ近くまで近づくことが出来たので、シャッタースピードを速くして流れを止めてみた。



3_201905241811200e2.jpg
エメラルドグリーンの滝壺に落ちる流れを見ていると、轟音とともに吸い込まれそうだ。



5_2019052418112293d.jpg
簾のような滝に木漏れ日が眩く差し込んでいる。マイナスイオンが押し寄せてくるようだ。



4_20190524181121c55.jpg
流れの白波は良いアクセントになる。流れを狙うには白波は欠かせない。でも露出オーバーに気を付けたい。


  1. 2019/05/25(土) 05:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

花の名前


1_20190520164048d87.jpg
最近手に入れたミラーレスカメラは実に軽い。これに手振れ補正の付いた100mmのマクロレンズを付けての撮影が多くなった。 以前はマクロ撮影は三脚で撮るものと思っていたが、今は数ミリのピント合わせも手持ちで充分撮れるようになった。
花の撮影が多くなると名無しの花のストックが多くなる。今日はいくつかの花の名前が分かった。
これは以前から花園で良く見かけていた花だ。「フロックス」という。丈は120cmにもなるという。多種多色で花期は3月から11月と長~~。


2_20190520164051794.jpg
散歩途中の雑木林で良く見かける「エゴノキ」だ。秋に実る果実を食べると「えぐい」ことから、そう呼ばれるようだが、何だか理解しがたい。ちなみにえぐいとは、アクが強い、どぎつい、気が強いという意味のようだ。
その昔は石鹸の代わりの洗剤として使っていたとか。かえってアクが付いてしまわなかったのだろうか。



3_201905201640511d7.jpg
エゴの花はこんなに可愛いらしい。緑ばかりの雑木林の中に咲いているので良く目立つ。



4_201905201640536c6.jpg
キンギョソウは金魚の姿に似ているようだ。色は7色くらいあるという。花言葉はおしやべり、でしゃばり、おせっかい。口をパクパクさせていることからのようだ。・・・花の名前も花言葉も何処の誰が決めるのだろうか?果たして語源の最初の主は?



IMG_0714.jpg
今はバラが見頃。この花も多種多様で種類が豊富だ。早速名の由来を調べたが、長くなるので省略します。
花言葉も色によって沢山ある。綺麗だけどトゲには気を付けたい花だ。
ちなみにこのオレンジ色の花言葉は「恋愛の達人」「魅惑」「信頼」「絆」「だれかがどこかで」とバラバラだ。(*^^)v




  1. 2019/05/21(火) 06:00:40|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

水辺の風景


1_201905171400553d8.jpg
5月の後半にもなると、平地ではひところよりも花の数が減って来る。そうなると次の被写体は新緑の水辺も良いかな。
緑は目に優しく水の流れは心地よい。流れは途絶えることなく繰り返される。
しばし視線をとどめ流れを見ていると、同じように見える流れの形も微妙に変化するのが分かる。



2_20190517140057409.jpg
水辺の植物は瑞々しく緑が綺麗だ。水分補給が絶え間なく行われているからだろう。
紅葉も水辺では格別に綺麗だ。




4_20190517140059cd6.jpg
大音響とともに落ちるダイナミックな滝も良いけど、小さな渓流の落ち込みも良い。
流れの音が静かでメロデー♪を聴いているようだ。



3_20190517140058fb8.jpg
こんな色彩の流れは忠実に再現したい。
清涼感は半端ではない。薄着も一枚羽織りたくなる光景だ。



5_20190517140101536.jpg
新緑の水辺は映り込みが綺麗だ。森の奥にはどんな動物がいるのかな。水中にはどんな魚がいるのかな。
想像力が湧いて来る。梅雨入り前のひと時はこんな一期一会の風景を逃したくない。




  1. 2019/05/18(土) 06:00:02|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

5月は花盛り


1_20190514194425a55.jpg
5月の花は入れ替わりが早い。4日も空けると様相が変わっている。
これは花と言うイメージから程遠いので、なかなか気付かない花だと思う。
葉の上に花を咲かせるハナイカダ。蕾なのか開花したのかよく見ないと分からない。
この花の若葉は天ぷらにして食べられると言う。どんな味がするのかな。
分かった・・・・イカだ?(>_<)



2_201905141944282e1.jpg
ムラサキツユクサだ。青色が多いようだが、紫色、白色、ピンク色もあるという。
全て色違いでもムラサキツユクサと呼ぶようだ。



3_20190514194428863.jpg
名前を聞くと、この季節には似合わないアカバナロウバイという。
今までも見かけていたが、黒っぽい赤色の花ばかりだったのでスルーしていたが、これは綺麗な赤色をしている。
綺麗な花は写真に撮ればずっと綺麗でいてくれる。


4_20190514194431e37.jpg
4日ほど前までは、このトチの木には咲いていなかった。ボリューム感がある花なので見逃すことはないはず。
こんなに早く咲くとは驚きだ。高い位置に咲いているので遠くからでも良く見える。



5_20190514194432182.jpg
ちょっと変わった形のシャクナゲだ。品種はカルミアという。本来のシャクナゲとは全く似ても似つかない。


5月を過ぎると平地での花の種類も減って来る。その後花たちは山を登って行く。夏に向かって山が花盛りになるのだろう。






  1. 2019/05/15(水) 06:00:33|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

ニセアカシア


1_2019051117453257f.jpg
アカシアの花は2月から4月にかけて咲くけど、ニセアカシアは5月から6月が花盛り。
ニセアカシアの花は房状に咲き、このピンク色と、他に白色、薄紅色がある。
実際にはもう少し濃いピンクだが、少しハイキー調にすると綺麗に写ります。



2_2019051117453443a.jpg
白色の花も見つけました。やはり白は地味な感じだ。



3_201905111745344cb.jpg
少し高い位置に咲いていたので真下から見上げるように狙いました。
これは薄紅色の花。一度に3色を見つけることが出来てラッキーだ。



4_20190511174536b4a.jpg
今は新緑が眩いので青モミジを狙っていましたが、何とモミジの花を見つけました。
モミジにも花が付くのは驚きだ。モミジは紅葉の時期しか目を向けないので知らなかった。



5_20190511174537eb3.jpg
赤色なのだが何故か鮮やかさが足りないのか、見逃してしまいそうなカナダオダマキだ。
花は木陰で背景は明るいので、そのまま撮ると花が暗くなってしまう。花が明るく写るように多めのプラス補正で撮りました。
背景は完全に露出オーバーになりましたが、花は綺麗に仕上がりました。
花撮は露出をオーバー目に変えて撮ると、思わぬものが撮れるかも。






  1. 2019/05/12(日) 05:30:01|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

新緑の山裾

1_2019050908260000e.jpg
木陰に咲くシャクナゲ。
いよいよ花たちも山へ登り始める候となりました。ここは群馬県赤城山山麓の標高600mほどにある赤城自然園です。
森林セラピーに指定されており、リラックス、ストレス抑制、免疫アップに効果が見られるというエリアだ。
今はシャクナゲ、ツツジが見頃を迎えている。他にも少量ながら色々な高山植物が見られる。
自然園と言っても管理が行き届いているので植物は守られている。



2_2019050908260366d.jpg
シャクナゲの咲く隣には見頃のヤマツツジが咲いている。
深呼吸をすると空気が旨い。小鳥の囀りも心地良い。気温もほどほどだ。



4_2019050908260506c.jpg
最近購入したミラーレスカメラが軽い。手振れ補正のレンズで手振れも解消できる。
以前のように重い三脚を持つ煩わしさもなく、マクロ撮影も構図の自由度が増した。
これはマムシグサの新芽の時期。マムシのイメージは薄れるくらいの若葉だ。



5_201905090826052af.jpg
園内の一番奥に咲いていたツバメオモトだ。昨年と同じ場所に咲いていたのでほっとした。
高山植物の仲間であるが、近年は鹿などの食害で全国的に数がめっきり減っているようだ。
いずれは絶滅危惧種になるだろう。
葉っぱがオモトに似ていること、花がツバメに似ている、果実がツバメの頭に似ている、ツバメの飛ぶ頃に咲く、ということから名付けられたようだ。



3_20190509082603c56.jpg
今年はヤマブキソウの群生が綺麗だ。緑と黄色がお互いを引き立てているよう。
そろそろランチ休憩としようかな。こんな環境で食べるお弁当はコンビニものでも格別に美味しいのだ。
都会の喧騒を逃れた自然は、リフレッシュには持って来いだ。


  1. 2019/05/10(金) 06:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:0

五月に咲く


11_20190506155550330.jpg
連休の長距離移動は渋滞に巻き込まれるので、連日近くの花園に入り浸りでした。
この時期は何とも花が入れ替わるのが早い。
このナンジャモンジャの木は3日で咲きそろった。花は紙縒りのように細長くて、くしゃみが出そう。
正式名は「ヒトツバタゴ」という。ではどうしてナンジャモンジャと言われるのか?
その昔この木は神事に使われていたようだ。この木は何の木だ?~この木はなんじゃ?~それがいつの間にか、ナンジャモンジャと言われるようになったとか。何とも信じがたい由来だ。



12_20190506084653eb7.jpg
モッコウバラ。白と黄色があり、白は香りがあるが黄色にはないそうだ。
花は小さくて沢山咲くのでアーチを作るのに良さそう。また普通のバラより育てやすいとか。



13_201905060846543d8.jpg
シランは紫、白、黄色があるというが、私は紫しか知らん?
野生種は準絶滅危惧種だということだが、園芸種は育てやすいようだ。



14_20190506084657403.jpg
面白い花を見つけました。「ストロベリーキャンドル」苺のような形でロウソクを灯したように咲く。これは名の通りだと思う。
アカツメグサ、シロツメグサの仲間で、タンパク質が豊富なため家畜の飼料に使われるとか。


IMG_0233.jpg
玉ボケを狙いましたが下から見上げるようにレンズを向けたので、玉ボケがゆがんでしまいました。
これはベニバナトチノキ。花がまとまって咲くので遠くからでも目立ちます。
色鮮やかなアカバナもありますが、こちらの方が写真向きの色だと思います。



  1. 2019/05/07(火) 05:30:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:2

新緑が眩しい


1_20190504191002ebe.jpg
花も良いけど今は新緑が綺麗だ。
これはナンジャモンジャの木です。花も咲いていましたが、あえて葉っぱに拘ってみました。
新緑はプラス補正で少しハイキーにすると若葉の感じになるかな。
背景に玉ボケが出来ました。玉ボケの大きさはレンズの焦点距離でも変わるけど、撮影位置を前後するだけでも変わります。



2_20190504191003bd5.jpg
紅葉も良いけど青モミジも良いかな。ハイキー調にしないで明るい背景を狙ってみました。
葉っぱの輪郭がくっきりと見えます。



3_20190504191005eae.jpg
モクレンはちょっと厚めの葉っぱなので、透過光でも光が抜けて来ません。
輪郭が残るくらいのプラス1補正で若葉の雰囲気になりました。



4_20190504191006853.jpg
花の旬は過ぎてしまったハンカチノキです。



5_20190504191008965.jpg
フレームに入りきれない大きさのトチノキです。虫に食われているのかな。
葉脈が分かるように造形的に捉えてみました。


  1. 2019/05/05(日) 05:00:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:6

連休は花盛り


1_2019050220082228d.jpg
バラのような赤い牡丹。
連休も後半となりましたが、観光地は相変わらずの混雑ぶり。
今は近場の公園の花壇や、ホームセンターの植木売り場が花盛りです。



2_201905022008230dc.jpg
何だろうかと思わせるようなものですみません。ジャーマンアイリスです。
暗めの木陰の背景で花がハッキリしました。



3_20190502200825faa.jpg
ちょっと元気のないテッセンのシベにピントを合わせ、ボロは前ボケで。



4_20190502200827bef.jpg
ツツジも直射日光下でちょっとしおれ気味でした。



5_201905022008282d6.jpg
モロッコナズナのひょっこりさんです。
姿勢を低くして見ると一本だけ飛び出していたので、そこにピントを合わせてみたら、周りはボケボケのひょこりさんになりました。




  1. 2019/05/03(金) 05:07:31|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

皐月



祝令和
改元で新年を迎えたような新たな気持ちになります。
新緑と花盛りの季節で、巷の盛り上がりも増しているように思います。
シンプルなポストカードを作ってみました。



2_20190430100036d6d.jpg
改元に合わせたかのような紅白のハナミズキが見頃を迎えています。



3_20190430100037f9d.jpg
私を忘れないで、とささやいているような小さなワスレナグサ。
花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」「誠の愛」・・・・



4_2019043010003987c.jpg
新緑のカツラの葉っぱが透過光で綺麗だったので思わずシャッター切りました。
新緑はプラス補正でハイキー調に撮ると季節感が表現出来るかなと思います。



5_201904301000400bf.jpg
少し傾き加減のチューリップでしたが、私はチューリップはまっすぐ立っているものが好きなので、カメラを傾けて撮ります。
マクロの花撮では水平は関係ありません。なので構図は自由度が増すと思います。
背景は大ボケになるので、色彩が良ければなんでも入れてしまいます。
工事用のブルーシートでも看板でも、形は関係ありませんね。




  1. 2019/05/01(水) 05:01:00|
  2. 春(3・4・5月)
  3. | コメント:4

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (62)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (161)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ