FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

8月も終わりを


1_202008271925346c6.jpg
3ヶ月予報で今年の秋は遅いという。
こんな予報の時は紅葉の色付きが心配になってしまいます。
今年は猛暑とコロナで散々、せめて秋は奇麗な紅葉で迎えて欲しいものです。
今日はPCのセキュリティソフトを入れ替えました。
今までのソフトは時々何か問いかけてきて煩わしいかったが、その何かの意味が分からない。
今度はそんな煩わしさがないようだし、料金もずっと安い。裏方に徹して見守ってくれるのがいいです。


2_202008271925364ce.jpg
猛暑のコロナが終われば、今度はインフルエンザとコロナのセットに。
とにかくコロナはいい加減にして欲しいですね。
それに加えて、これからは台風が心配です。
今のところはコースが西にそれていますが、秋が深まってくれば本来の列島縦断コースになるのでしょう。
とにかく大きな災害にならないことを祈るばかりです。


3_20200827192538df6.jpg
風になびくパンパスグラス。原産地は南米の草原(パンパス)地域で、その名が。
イネ科の植物でススキと同じ仲間になるそうですが、草丈が4mにもなるといい、
通称お化けススキといわれるそうです。
最近は観賞用として庭に植えるお宅が多く見受けられます。
風になびくススキは秋の風情に合いますね。

  1. 2020/08/28(金) 06:03:09|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0

即席ラーメンの日


1_20200824195413ac7.jpg
今日8月25日は即席ラーメンの日だとか。
1958年(昭和33年)に日清食品の創業者安藤百福さんが、
今ではお馴染みのインスタントラーメンの原型を世に出した日です。
今でも当時のものを再現した「チキンラーメン」がありますよね。
一袋35円という当時としては少しお高い価格のようでした。
今ではひと手間かけて更においしく頂けるインスタントラーメンが定番になりましたが。
安藤さんは元銀行マンで、戦後の不況で銀行が倒産してしまい、生活を立て直し一旗揚げたいと奮起、
自宅で研究を重ね完成させたというから、なんとも昭和らしい世相が伺える出来事でしたね。



2_20200824195414a4c.jpg
コロナ禍でなかなか夜の街へ出かけられないので、家の飲みの後はインスタントラーメンの締めも良いかな。
いつになったら新型コロナが、インフルエンザのような季節的な流行風邪になってくれるのだろうか。




  1. 2020/08/25(火) 06:02:06|
  2. その他
  3. | コメント:0

秋を感じる


1-1_2020082113583578e.jpg
相変わらず連日コロナと熱中症の注意喚起のニュースが続いています。
今年の夏は猛暑にコロナのマスクが加わり、例年以上に夏バテを感じることになるでしょう。
コロナは相変わらずだが、猛暑はひと段落するとの予報に安堵する。


2_202008211137319f8.jpg
年々猛暑の日が多くなり、クーラーのお世話になる時間が多くなってしまいますね。
そうなると汗もさほどかかなくなり、皮膚の汗腺が衰えて体温調整が難しくなるようです。
なので私は夜の入浴はシャワーで済ませず、必ず浴槽に浸かり汗をかくようにしています。
冬は厚着の散歩で沢山汗をかくようにして、一年中汗をかくことを心掛けています。


3_20200821113733579.jpg
私のところでは最近夜の虫の音が賑やかになって来ました。
そして朝方には、どこからとなく吹く風が涼しく、秋の気配を感じるようになりました。
9月にもなれば、日中の暑さは相変わらずでも、熱帯夜からは解放されるはず。
秋が待ち遠しい残暑の候となりました。


  1. 2020/08/22(土) 06:03:03|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

最高気温


1_202008171909296a4.jpg
昨日は静岡県の浜松で最高気温41.1度を記録。
歴代一位の埼玉熊谷の記録と並んだ。
猛暑記録も年々更新されて来そうだが、もうこの辺でいい加減にしてくれと言いたくなる。


2_20200817190931867.jpg
早咲きは7月初旬から咲いているが、今はサルスベリが奇麗だ。
猛暑も週末にはひと段落しそうだとの予報に何故か安堵する。
ただ、近年の気まぐれ天気は油断が出来ない。
これからも気象関係者泣かせが続くのだろう。


3_202008171909326e2.jpg
散歩道には秋の気配を感じさせる栗の実が生り始めている。
夕立の去った後には虫の音が賑やかに感じるようになった。
少しずつではあるが、秋に向かって季節は動いているのだろう。



  1. 2020/08/18(火) 06:08:52|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

夏空


11_20200816134330447.jpg
連日の猛暑にコロナと熱中症のダブルパンチ。
こうなると不要不急の外出自粛と言われるまでもなく、出かけることをためらってしまう。
最近は涼しい部屋の窓から、青空に浮かぶ入道雲を眺める日々が多くなった。


12_20200816134331c9d.jpg
ワンちゃんが大きな口を開けているようだ・・・私にはそう見える。
刻々と形を変えていく雲は色々なものにイメージ出来る。
二度と同じ形はない一期一会の雲のコレクションもいいかな。


13_20200816134332585.jpg
日中は青空に映える真っ白な入道雲も、日没間近になるとほんのり桜色。


14_2020081614084511b.jpg
やがて日が沈み暗闇には熱気だけが残る。
夏の夕暮れ時の雰囲気は、他の季節のように哀愁を感じるような気分にはなれない。
今夜も再び熱帯夜を迎えるのか。
お盆を過ぎると秋風が吹く・・・・そんなフレーズは温暖化の御時世には通用しないのだろう・・・。

  1. 2020/08/17(月) 06:02:41|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0

残暑


1_202008141617329d8.jpg
天空の橋上からシャボン玉が空間を飛んで行く~~。
これは合成写真ではありません。


2_20200814161733e3c.jpg
群馬県上野村にある上野スカイブリッジ。
全長225m高さ90mのこの橋の中央部分には自動のシャボン玉発生装置があり、
1日12回30分おきに天空を舞うシャボン玉を楽しむことが出来ます。
足元のゾクゾク感で涼を楽しんでからは、この橋の袂にある鍾乳洞でも、涼を楽しむことが出来そうです。


3_20200814161734ecf.jpg
残暑とは立秋(7日)を過ぎた後も暑さが続くということ。
そんなことから残暑見舞いで、ご機嫌伺をするのだとか。
昨日は冷や汁で冷や麦を頂きました。
40度の猛暑を経験すると、35度の猛暑日は不思議としのぎやすさえ感じるのです。
でも油断をすると熱中症に罹ってしまいそう。
喉の渇きに関係なく、こまめな水分補給は忘れないようにしたいです。





  1. 2020/08/15(土) 06:11:33|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

夏の思い出


11_202008121946340bf.jpg
猛暑の中を休むことなく鳴き続ける蝉たち。
長い間地中の暗闇で過ごし、やっと日の目を見たと思えば短い生涯。
なんとも理不尽な蝉の生涯だ。
そんな蝉の声が薄暗くなっても聴こえるのは耳鳴りなのか・・・・。


13_20200812194637bbb.jpg
猛暑が続くと食欲もなくなってくる。
そんな時にはのど越しの良い蕎麦かな。
そんなわけで、ここのところ昼は麺類が多い。
コロナに暑さが加わり、余計に家ごはんになってしまいますね。


12_2020081219463542d.jpg
当地方は久々の夕立で昨夜は熱帯夜から解放されたようだ。
その昔は、ほぼ毎日といっていいくらい夕立があった。
クーラーの無い時代は、そんな天然の涼で蚊帳の中。
兄の怪談話しでトイレに行けなくなる・・。遠い遠い時代が懐かしい・・・・・。




  1. 2020/08/13(木) 06:11:42|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0

高原は秋の気配


1_20200810193050072.jpg
鮮やか色の可愛い花はシャジクソウ、漢字で書くと「車軸草」。
葉っぱが昔の台車の車輪のように放射状に延びるからだという。
緑の中に赤色が映える印象的な花だ。


2_20200810193051b6a.jpg
マツムシソウはマツムシが鳴く頃に咲くから、そう呼ばれるというが、
何とも花の名の由来はどれも取って付けたように思えてしまう。
高原でマツムシソウを見かけると、何故か秋が近いのかなと思えてならない。


3_202008101930526fe.jpg
ワレモコウは漢字で書くと「吾亦紅」・・・私には全く読めません。
歌の歌詞にもなったりする。この花は愁いを感じる花なのかな。
愁いどころか食いしん坊の私には、どうしてもこの花はレーズンに見えてしまう。
甘酸っぱい味を思い出しますが、この味が愁いを感じるのかな。


4_2020081019305422b.jpg
まだ8月だというのに、ちゃっかりナナカマドが紅葉している。
春よ来いではなく秋よ来いと言っているのかな。
猛暑の真っただ中でも、高原には秋の気配が漂い始めていました。
果たして紅葉シーズンもコロナに影響されてしまうのかな。
今は自然が一番の癒しスペースなのだろうに。



  1. 2020/08/11(火) 06:02:35|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0

8月の高原


1_20200809080643878.jpg
連日の猛暑日も高原に吹く風は涼しい。
ここではマスクをする人を見かけることはほぼない。
いやマスクをするのをためらうくらいな雰囲気だ。


2_2020080908064471f.jpg
ノアザミが沢山咲いていてる。
こんな開放的な自然の空間でマスクなど不自然のように思えてしまう。
木道は幅が2mくらい、行き交うハイカーや登山者たちは、肩が触れそうな距離で「こんにちは」の挨拶をする。
普段は何気ない行動も、コロナ禍では私にはちょっぴり心配だ。
私は行き交う人がいると、タオルで顔を覆いつつ小声で挨拶を返すのだが。
こんな一瞬では飛沫は大丈夫なのか?考えすぎか?


3_20200809080645299.jpg
おひとり様は独り言を発するくらいだが、数人から数十人のハイカーともなると、
歩きながらでも会話が途切れることがないのが現状だ。
どうしても仲間が集まると会話が弾んでしまうのだろうが、勿論誰ひとりマスクをしている人はいない。
休憩ともなると休憩スペースは密接状態。でも換気は良好だ。


4_20200809080646c50.jpg
こんな自然の中での過剰な心配で、癒しの効果が半減してしまうような考えを持つのは私だけなのだろうか。
何処までがセーフなのかは正直模範解答は得られないのだろう。
誰が掛かっているかは検査をしなければわからないし、誰でもかかるものだというものだから、
常に自分が掛かっているものとして、他人に感染させない行動をするようにと言われているが、
誰でも緊張は長くは続かない、油断という心の隙間にウイルスは入り込むのだろう。
緊張が途切れ慣れに変わるのが怖い気がする。



  1. 2020/08/09(日) 08:59:47|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

暑さ指数


1_20200804190212654.jpg
いよいよ気温が気になるシーズン到来ですね。
これからは順次熱中症の予防のアラートとして「暑さ指数」なるものが予報されるというのです。
気温と湿度と輻射熱の3要素を計算するようです。その中でも湿度の影響が大部分だということですよ。
調べたところ、この指標は1954年にアメリカで提案されたとありました。
そんな大昔からあったものを、なぜ今?


2_20200804190213b87.jpg
今はあまり聞くことがなくなりましたが、一時「不快指数」というものが取りだたされた時代がありましたね。
暑さ指数も不快指数も気温はもちろんなのですが、指数には温度以外に湿度が大きく関係しているということです。
一般にサウナは90度で、温度だけでいうとやけどしそうですが、なんと湿度は10%ということで、
90度でも耐えられるという理屈ですね。
だから湿度の低い初夏は真夏日でも不快には感じませんよね。


3_2020080419021542e.jpg
3枚の写真を見て清涼感を感じていただければ幸いです。
蛇足ですが、逆に気温が低い場合は、乾燥している時より雨上がりのような湿度が高い方が気持ち良く感じませんか。


  1. 2020/08/06(木) 06:00:10|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

真夏日


1_2020080317542165f.jpg
空を見上げればもくもくと湧き上がる入道雲。
これからは毎日真夏日の日が続くのかと思うとうんざりします。
そもそも真夏日とは一日の最高気温が30度以上。
更に35度以上が猛暑日ということで、今年はその猛暑日が幾日になるのか。
近頃はこの最高気温の記録更新が話題になる季節です。
私のところは、これから猛暑の真っただ中になります。



2_202008031754241db.jpg
猛暑の中でもヒマワリは暑さに耐え元気に咲いてくれますね。
皆さんこちらを向いて、ハイチーズ。
これから地熱が蓄積されて行くに従い、夜は最低気温が25度を下らない熱帯夜が続くのか。
今までの経験では、9月になれば日中は暑くても夜は熱帯夜から解放されていたが、
近年はそんな経験則も当てにならなくなって来た。
今年も残暑が長引くようで、果たしてぐっすり眠れる夜はいつになるのやら。


3_202008031754258af.jpg
ずらりと奥の方まで繋がっています。
ちょっと密になりすぎですね。


4_20200803175425e4a.jpg
暑くて食欲が落ちた時には、ピリ辛ペペロンチーノで汗をかいてすっきりと。
代謝を促しダイエット効果もあるといわれ、疲労回復にも良いとか。
但し辛過ぎるのは逆効果、胃に良くない。
味覚もおかしくなり、味覚障害はコロナの症状と区別がつかなくなるかも。



  1. 2020/08/04(火) 06:02:15|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0

梅雨明け?


1_202008020845490a7.jpg
大分ご無沙汰致しましてすみませんでした。にもかかわらず、その間のご訪問をありがとうございます。
いろいろな事情が重なり気持ちがちょっと世間からそれている間に、昨日は関東甲信地方の梅雨明け発表がありました。
以前は梅雨明け後10日間は天気が一番安定するといわれていましたが、もう今となっては昔の定説は通用しないようです。
その後の予報も雲が多いような予報となっており、更に7月ゼロの台風が8月に入ると、いきなり2個発生で来週末までに
日本列島を遠巻きに進み、後に北海道に接近するとの予報。


2_20200802084552a80.jpg
以前は7月下旬の梅雨明けと同時に、ニッコウキスゲが見られる長野県の車山高原ですが、
今年はどんな光景となっているのだろうか。


3_202008020845538ae.jpg
天候不順の日照不足で今年の夏の農作物はどんなだろうか。
熱中症予防には水分たっぷりのスイカは欠かせません。


4_20200802084553675.jpg
関東の週間予報も雲の多い晴れとなっていますが、最高気温はちやっかり猛暑日もあるようで、
感染の広がりが危惧されているコロナ禍での憂鬱な夏になりそうですね。
経済と感染の狭間で八方ふさがりの現状では、ひとりひとりの予防の自覚が必要なんでしょうね。
ワクチンが出来るまでは、お互い踏ん張るしかないのかな。





  1. 2020/08/02(日) 09:22:03|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (63)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (210)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ