FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

大晦日

1_202012301715140d4.jpg
コロナに翻弄された2020年も本日一日となりました。
全世界の人々に影響を与えた新型コロナウイルスでしたが、来年は是非人類の英知で撲滅して欲しいものです。
一年間ご訪問頂きありがとうございました。
気が早いですが、来年の今頃は是非笑顔で年越しが出来ることを祈りたいと思います。
これから全国的に寒波で急に冷え込みが強くなるようです。
気を引き締めてコロナは勿論インフルエンザや風邪などに気を付けて年越しをお迎え下さい。(*^^*)

  1. 2020/12/31(木) 06:13:37|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

師走の街


IMG_6523288,0200400120210105505
不要不急の外出自粛といわれても、生活必需品を手に入れないわけにはいきませんよね。
スーパーやホームセンターなどは、それなりに賑わっています。
ホームセンターや花屋さんの店先には沢山の花が。
暗い世相には花が一番、何だかほっとする光景です。
今年の年末から年明けは大雪の予報で、外出自粛のタイミングに合ったようですが、
今度は物流が滞る心配がありそうです。


3_20201229185319a8e.jpg
2020年はコロナに明けコロナで終わるという波乱に満ちた一年になりました。
とにかく年末年始の自粛の効果が表れる来年1月中旬に注目したいですね。
階段を上り詰めたその先は・・・・物事の道理・・・始まりがあれば、必ず終わりがある。
世界中の人々を翻弄させたコロナ収束(終息)のその後は、一体どんな時代が待っているのだろうか?
  1. 2020/12/30(水) 06:10:55|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

夕景


1_20201227171934c65.jpg
冬至を過ぎると日の入り時刻は少しずつ遅くなってくる。
というより日の入りは冬至前から徐々に遅くなっているのです。
ちなみに、日の出はまだまだ少しずつですが遅くなるということです。
ということは、冬至を境にという基準は当てはまらないということですね。
それは地球の傾きや軌道が楕円であることが要因だということのようです。


2_2020122717193597b.jpg
今年もPCに書き込んでいる日記や記録を見ながら一年を振り返っています。
毎日の体重、散歩の回数時間、ブログの更新回数、クレジットカードなどなど、
よくも事細かに記録を残してあるもんだなと我ながら驚いていますが、
こういったルーティンが脳の活性化につながるのだと思って継続しています。

依然とコロナ感染者が増加しています。どうやら2020年は残念な年越しになってしまいそうですね。
自粛の努力が報われるのが2週間後・・・・年末年始の自粛成果が良い結果になることを祈りたいです。

  1. 2020/12/28(月) 06:20:33|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

初詣


1_202012252122553cc.jpg
コロナの一年がそのまま年を越そうとしています。
初詣の密を避けなければならないと思うと、いつ行こうか迷ってしまいますね。
私は例年3日に出かけているのですが、元旦に詣でていた人たちがどのくらいずれ込むのだろうか。
仕事始めが4日だとなると、3日は混雑が予想される。
今年中に出かけてしまおうかとも思うが、やはり初詣は年明けでないと・・・・・。


2_20201225212255e10.jpg
来年の願い事は、誰もがコロナの収束だろう。いや出来れば終息だ。
果たして来年はどんな展開になるのだろうか。
専門家でも予想の付かない未知のウイルスとの戦いはいつまで続くのだろう。
昨夜のニュースで日本でも入国者から変種のウイルスが検出されたという。
とにかくこれ以上感染を広げないことしかないのだろう。
政治家の皆さんに言いたい。対岸の火事ではないよ。




  1. 2020/12/26(土) 06:30:22|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

サンタクロース


1_20201224195038e41.jpg
今年のクリスマスイブは家で過ごした方が多かったのでは。
久々に素面で帰るお父さんを玄関先で待つお子さんもいたことでしょう。
枕元に置かれたプレゼントをサンタが届けてくれたと信じるのは何歳までだろうか。
レンガの煙突から入って来るサンタさんは何故黒くならないのだろうか?
真剣に考えた頃の自分が愛おしい。
煙突はともかくサンタが空から舞い降りて来る現実はもうそこに。





  1. 2020/12/25(金) 06:06:39|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

夕暮れ時


1_202012231725208c7.jpg
寒気襲来で日本海側はまれにみる大雪。
関東地方は連日乾いた晴天が続き、コロナ禍で恵みの雨が欲しいくらい。
風のない穏やかな日和に誘われ、午後の公園で密を避けてぼんやりするが・・・。
流石に師走の夕刻は冷え込んでくる。


2_20201223172524a91.jpg
夕陽を浴びて枯れ木のシルエットが浮かび上がる。
太陽が稜線に隠れると、辺りは急に冷え込んで来る。
夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・・♪♪~
広報塔から流れるこのメロディーを聴きながら、ふと古の子供の頃を思い浮かべる。


4_20201223172525ad3.jpg
外灯も数少ない夕暮れの路をひたすら歩いて家路に向かったもんだ・・・・・。
そんな古の思いに更けながら歩いているとホットする灯りが・・・・。
小銭を持ち合わせていたので立ち寄ることに。
今は温かい缶コーヒーの温もりを感じながらの家路となる。
随分便利な世の中になったものだ。


  1. 2020/12/24(木) 06:09:28|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

スマホ写真


1_20201221194531841.jpg
撮ったままのスマホ写真をしみじみ眺めてみました。
料理の写真が多いのに驚きました。
スパゲッティー専門のレストランで頂きました。
メニューは皇帝。。。スパとかいうネーミングだったかな?コーンたっぷりのスープ系のパスタです。
お腹にたまりました。ランチで頂いたのですが、夕食が食べられないくらいでした。


4_20201221194534ded.jpg
こちらは撮影に出かけて立ち寄った道の駅。
甘じょっぱのタレに浸した脂肪系のとんかつと、さっぱり系の蕎麦が絶妙なハーモニーでした。
交互に食べると味に飽きが来ないのです。


3_202012211945339ed.jpg
これは旅先のホテルの朝食だったかな。
今年は一度も出かけることがなかったので、来年はこんな雰囲気を味わいたいです。

オフシーズンで撮影にも出かけないし、しばらくはこんな写真で間を取りたいと思います。
なんちゃってGotoイートです。

  1. 2020/12/22(火) 06:15:31|
  2. その他
  3. | コメント:2

冬至


IMG_5202181201202304.jpg
今日は二十四節気の冬至、一年のうちで昼の時間が一番短く夜が長い日とされ、
太陽の力が一番弱まるといわれる日です。
そんな意味で寒さに立ち向かう体作りで血行を良くするために、
古くからゆず湯に入る風習があるといいます。
ゆずの皮はクエン酸、ビタミンCがひび割れやあかぎれに効能があり、皮の芳香油が湯冷めを防ぎ、
香りはリラックス効果があるとされ、風邪予防や冷え性、腰痛の改善に効果があるようです。
また端午の節句の菖蒲湯と並んで、香りの強いゆずが邪気を払うと信じられていたようです。


IMG_2452180103120146.jpg
私のところでは「お切込み」や「煮ぼうとう」と呼ばれる煮込みうどんに、
刻んだゆずの皮を入れて薬味として食べます。
「お切込み」は群馬県、「煮ぼうとう」は埼玉県の北部地方の郷土料理で、
明確な違いはよく分かりません。
きしめんのような幅広のうどんと根菜類などの野菜を入れ、みそ味やしょうゆ味で煮込む、
煮込みうどんのイメージです。
作りたてが好みの人もいれば、一日置いて味がしみ込んだものを好む人もいます。
郷土料理は時代とともに少しずつアレンジされていくのでしょうが、
元の味はきっと生涯忘れることはないと思います。

何故か師走は慌ただしくなり、野暮用も増える時です。
ブログ更新も途切れ途切れになりそうです。悪しからず。(>_<)


  1. 2020/12/21(月) 06:07:12|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

神頼み


1 (2)
鳥居は神社の内外を分ける境目の役割をしている。
鳥居をくぐればそこは神聖なゾーン。
一途な心でお願い事をすべきだろうが、いつも願い事が多すぎて雑念が脳裏を行ったり来たり。
でも来年は、「コロナ収束、平常な生活が戻って来ますように。」と一途に祈りたいです。


11 (2)
今年は全世界がコロナにしてやられてしまった。
来年は反撃の時、ワクチンがどんな効き目をするのか未知数、でも多くを期待するしかないですね。
先行きのめどが立たないと気が滅入ってしまいますよね。


11_2020121520172559d.jpg
苦しい時の神頼み。本当にそんな気持ちになってしまいます。
目に見えないウイルスには、目に見えない神々の御利益に期待したいところです。
でも水面下では、いろいろな方面で反撃の剣が作られているようです。
コロナを逆手にとってのビジネスも始まっているようですよ。
今は踏ん張り時なのでしょう。

  1. 2020/12/17(木) 06:07:54|
  2. その他
  3. | コメント:0

青空のキャンパス


11_202012131416325aa.jpg
標高581mの美の山公園は冬枯れの様相。
こんな標高でも今日は穏やかな陽気で、駐車場は数台の車が止まっていた。
コロナ疲れなのだろうか、こんな殺風景の季節だというのに、カップルやおひとり様のハイカーが見られる。
当の私は何しに?


12_2020121314163330d.jpg
展望台からの雲の撮影にやって来たのです。
地上では風もなく穏やかな陽気なのに、上空ではかなりの強風となっているのだろう、
巻雲が素早く流れ、その形は目まぐるしく変化する。


13_20201213141633ccc.jpg
こんな時は面白い形の雲が矢継ぎ早にみられ、撮影意欲も湧いて来る。
景色を見に来た人たちは、展望を楽しむとすぐに帰ってしまう。
私はそんな人たちの会話を聞きながら、モクモクと撮影を続ける。
今はこの御時世なので、見ず知らずの人には話しかけないようにしている。
おしゃべり好きの人には耐えがたい時世ですよね。


14_20201213141634d8e.jpg
車内で昼食を済ませ、またカメラ持参で園内を歩き出す。
やはり自然の空間は気持ちが良いもんだ。
人影の少ない季節外れの公園で、ただぶらぶらしながら長居をしていると、不審者だと思われそうだが、
カメラを持っていると何となく格好が付きそうだ。
丁度園内の展示スペースで写真展もあり、地元の写真家の力作を見る事が出来ました。
さすが夕刻になると吹く風も冷たく、厚手の上着の出番となりました。
西の空を見ても夕焼けはなさそうなので、ボチボチ下山することに・・・・・。




  1. 2020/12/14(月) 06:14:34|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

年越し


医療がひっ迫していると叫ぶ医療関係者。一方でGOTOキャンペーン継続の政府。
双方が良いバランスで推移すれば理想でしょうが、政府は検討検討と時間稼ぎのように思えてならない。
こうなったら国民ひとりひとりが、危機をどのように受け止めるかの判断をするしかないでしょう。

11_20201212094044263.jpg
今はコロナの影響で生産ラインが低迷しているようです。
今年の暮れは家籠りで室内撮影でもしようかと、ネットでストロボを注文したのですが、
在庫不足でお届けは1~2ヶ月との表示が・・・・注文してしまったので後の祭り。
経済ではこんなことが起きている。
でも、こんなことは特別命にかかわることでもないので、じっと待てばいいこと。


12_20201212094047f61.jpg
家籠りともなると食べることがストレス解消になる。
糖分取りすぎとならないように、運動もしなくてはならないでしょうね。
密を気にしてのウオーキングで予防したいと思います。


13_202012120940483ba.jpg
昼は甘党で、そして今夜はお土産に頂いたお酒で辛党。
ちなみにお酒を飲むという表記では「呑む」を使うことがありますよね。
ネットで調べてみたら、「飲む」は、液体を口に入れて飲み込むことをいい、
「呑む」は個体やふつうはのまないようなものを丸ごと飲み込むことをいうとありました。
お酒の場合は、がぶがぶ飲むという様子を表すことに使われ、ものごとを信じきってしまう「鵜呑み」などを
表現するときに使うとあり、結びではどちらも間違いではないという。
日本語は難しいね。外国の人には理解できないでしょう。
このような曖昧な表現は国会答弁でよく耳にしますよね。



  1. 2020/12/13(日) 06:05:45|
  2. その他
  3. | コメント:0

まだまだ見られた


11_20201208142906503.jpg
もう枯れ木ばかりかなと思いつつ、いつもの花園へ出かけてみました。
というのも、この花園主催のフォトコンテストに作品を提出するためでした。
今年ここを訪れたのは今日で39回目、四季折々の風景をカメラに収めました。
新春はフクジュソウが咲き始めると、次から次へと色々な花が咲き始めるのです。


12_20201208142907f9b.jpg
何度足を運んでも私の場合は、ほとんどがマクロレンズでの花撮なので飽きることはありません。
次から次へと花盛りで撮るものがいっぱい。毎回毎回ワクワクしながらの撮影です。


13_20201208142909d89.jpg
花園は一年中開園していますが、このメタセコイアの紅葉が終わる頃には、どんな風景になっているのか?
私は今日でしばらく訪れることなく来春まで休園となります。


14_20201208142909057.jpg
ケヤキの木はもうすっかり冬の様相です。
フォトコンの表彰式は来年2月、その表彰式に出られることを祈りたいと思います。
写真がだめでも皆勤賞を下さい。!(^^)!

  1. 2020/12/10(木) 06:05:58|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

赤いモミジ


11_20201208135522a6f.jpg
散歩道にある観音堂では赤いモミジが見頃を迎えています。
この境内には大きな銀杏の木もあるのですが、先週までは黄葉が奇麗だった。
その頃にはこのモミジはまだ青々としていた。
この木たちは永遠に同時に見頃になることはないようです。


12_20201208135524706.jpg
こちらはPLフィルターで葉っぱのテカリを抑えてみたら、発色が奇麗になりました。
PLフィルターは効かせ過ぎると、かえって色が濁ってしまうことも。
奇麗な青空を撮るときなどは、かえって色が濁ってしまう。


13_20201208135523b09.jpg
こちらはオレンジ色のモミジをハイキーにしてみた。
オレンジや黄色はハイキーにすると日差しの温もりを感じられるかと思います。
平地の紅葉もだんだんと見られなくなると、今年もカウントダウンの時が訪れるのですね。

  1. 2020/12/09(水) 06:06:24|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

イルミネーション


11_20201205212702d39.jpg
12月はイルミネーションの季節ですが、コロナが猛威を振るっているところで、
中止を余儀なくされるところもあるのでしょう。
医療がひっ迫しているなかで、浮かれた師走もいかがなものか。
今年の師走は何とも後味の悪いことになりそうですね。
ひとりひとりが感染予防に自覚を持つことなのでしょう。


12_202012052127039bb.jpg
年末年始の行事もいつも通りというわけにはいかないのでしょう。
初詣の混雑を避けるために、今のうちに参拝をと呼び掛けている神社やお寺もあるようです。
願い事は早めに伝えた方が良いのかも。


13_202012052127056da.jpg

  1. 2020/12/06(日) 06:06:19|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

山茶花


1_20201202102221ef7.jpg
花が少なくなってくるこの時期は、あちらこちらで山茶花を見かけます。
手入れが行き届いているお宅の生け垣などには沢山の花が付いていますが、
我が家の山茶花は、剪定時期を考えずに剪定してしまうので花付きが少ないです。
それに品種のせいなのでしょうか?手入れが悪いのでしょうか?色付きが悪いのです。


2_202012021022213c5.jpg
玉ボケを意識して午後の逆光で撮ったのですが、ホワイトバランスを寒色系にして季節感を出してみました。
花も微妙に青みが加わった色合いになりました。


3_20201202102223e54.jpg
あまりに玉ボケが奇麗だったので、わざわざピンボケの写真にしてみました。
最近の世の中は多様性を重視する風潮になったようです。
このピンボケの写真も多様性と言えるのでは。


  1. 2020/12/03(木) 06:09:09|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

師走


1_20201130190220390.jpg
昨日はヒーター内蔵のベストの試着のため、夕刻にいつもの花園に出かけてみました。
しばらくぶりの花園もこの時期は閑散として人影はまばら。
落葉の始まったメタセコイアに夕陽が差して葉っぱが色濃くなりました。
ここでは毎年モミジをライトアップしているのですが、今年はコロナ自粛で中止ということに。
それに合わせたかのように、肝心のモミジの色付きが悪く、ライトアップどころではなさそう。


2_20201130190221bd5.jpg
空を見上げると、すじ雲が足早に流れて行きます。
その姿は数分もしないうちに消えてしまう。
園内の木々もほぼ落葉して、あの華やかだった花期の光景が嘘のよう。
自然界も一年の締めくくりということなんだろう、・・・そう思うと時の重みを感じる。
今年一年はコロナに振り廻され、実のない一年となったような気がします。
長~~い人生でこんな経験は初めて、完全な終息はなかなか無理のようですが、
せめて収まる「収束」になって欲しいと願うばかりです。
そんな思いにふけていると、気付けばヒーターの熱で体はほっかほっか・・・・やっぱり温かいのは良いね。



  1. 2020/12/01(火) 06:00:59|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (62)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (161)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ