FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

木漏れ日を浴びて


1_20210130145243ccb.jpg
椿の花が早春の木漏れ日を浴びている。
のどかな風景なのだが、この時期は花粉の季節でもある。
今年は花粉症予防とコロナ感染予防でマスクの需要が増えるのだろう。
こんなことでも経済効果になれば少しはましなのかな。


2_20210130150742612.jpg
確か昨年の今頃は、新型コロナウイルスが日本にもやってくるのかと、戦々恐々していた気がする。
まさかこんな長きにわたり蔓延するとは思ってもいなかった。
未だに収束の目途が立たないまま2年目を迎えてしまった。
大昔ならいざ知らず、現代医学をもっても抑え込むことが出来ない目に見えない脅威。
ものごとには始まりがあれば、必ず終わりが来るはず。
その終わりがいつ来るのか?とりあえずはワクチンに期待したいところですね。

  1. 2021/01/31(日) 06:04:00|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

旅回顧


1_20210129163027ba9.jpg
旅もオフシーズンですが、コロナ禍で余計に旅が遠ざかってしまいそう。
そんな旅先で迎えてくれた4体のお地蔵の教え。
何事もポジティブに感謝と笑い、マイペースが良いということなのかな。


2_2021012916302852f.jpg
がま口屋さんのショウウインドウです。
そういえば最近はキヤッシュレスで、小銭を持ち合わせることが少なくなりました。
私の場合は病院の支払いくらいかな、それ以外はスマホ決済やクレジットカード。
やはり病院の窓口は即決現金が自己負担の1~3割で、残りの診療報酬は数か月遅れということなのか。
そんなことで病院も完全キャッシュレスになるには、診療報酬の制度を工夫しないと前に進まないのでしょうね。


3_20210129163029a3e.jpg
全国コロッケコンクールで金賞受賞というお店。
有名人の写真も沢山で、活気あふれるファストフード店でしたが。
このお店は今はどうなっているのだろうか。
コロナ明けの観光地の様子が心配だが、コロナが下火になればGotoキャンぺーンが
無くても、満を持しての観光客でいっぱいになるのだろう。
その時が早く来ることを祈ります。



  1. 2021/01/30(土) 06:20:57|
  2. その他
  3. | コメント:4

ヨード卵

1_20210128130715aee.jpg
先日友人から頂いた酵母パンの他に、沢山のヨード卵も頂いてしまいました。
ヨード卵のヨードとはヨウ素のことで、海藻や魚粉などヨウ素をたくさん含んだ飼料を与えられた鶏が産んだ卵のこと。
割ってみると黄身の色が鮮やかなオレンジ色をしています。


2_20210128130717700.jpg
ヨード卵は卵かけご飯が一番おいしさを感じるそうです。
でも私はオムライスにしてみました。
やはり一般の卵と違い粘り気?があるのか卵焼きがうまく出来ました。
それでケーキを作る時にも、一般の卵に比べて生地がふっくら仕上がるようです。

  1. 2021/01/29(金) 06:06:28|
  2. その他
  3. | コメント:0

酵母パン


1_20210127194639bb8.jpg
これは大きな酵母パンだ。
昨日久しぶりに友人から電話があり、パンを焼いたからもっていくよといわれ、
私の家の近くのホームセンターまで届けるから、そこで落ち合おうという。
コロナ禍での気遣いということなのだろう。
その友達は全くの素人から趣味で始めた酵母パン作りにハマっている。


2_20210127194640c37.jpg
さっそく切り分けて頂いてみましたが、
市販のものよりも硬めに出来ているので実に食べ応えがある。
仕上がりが良ければ、当然あちらこちらにふるまいたくもなるだろう。
アレルギーの人もこれなら食べられるとの評判。
一時は近所の喫茶店に卸してくれと頼まれたこともあったとか。
コロナ禍のインドア生活の退屈しのぎで、何かしてみようと思う人が多くなっているようです。
皮肉にも今はインドア産業に経済効果が波及しているようです。


  1. 2021/01/28(木) 06:30:10|
  2. その他
  3. | コメント:2

富士見坂


IMG_2152090317153859.jpg
ここは東京都荒川区西日暮里にある富士見坂。
地名から言って富士山が見えるということになるのだろう。
高層建物など無かったその昔は、地球の丸みの影響を受けない距離の範囲で見られたのだろうが、
排気ガスの無い時代では、さぞかし奇麗な富士山が見られたに違いない。
列島で近年でも見ることが出来た北限は福島県、南限は和歌山県のようだが、
実際に見えるには視界の透明度が好条件でないとみられないという。


IMG_2157090317154330.jpg
坂を上り振り返ると、その先に富士山が見えるというポイントに立ったが、
今はビルの陰に垣間見える程度のようだ。
当たり前のように見えていた頃はそれが当たり前、見えなくなって初めて気付く
当たり前ではない世界。
物心ついた時からスマホや携帯が当たり前の世代には、
スマホや携帯がない公衆電話の時代は想像もつかないのだろう。



  1. 2021/01/27(水) 06:10:43|
  2. その他
  3. | コメント:2

東京散歩


1_20210125195405a95.jpg
古い写真を整理していたら、13年前の東京の「谷中ぎんざ」の風景が出て来た。
最寄り駅は日暮里だったかな。何処をどう歩いたのかはもう忘れてしまった。
そういえば13年前は休日の度に東京の町並みを撮りに出かけていたのだ。
生意気に「東京の下町」なんてテーマでプロカメラマン気取りで出かけていたのだ。
確かあの頃はスカイツリーの工事が始まったばかりだ。

2 (2)
香ばしい香りに誘われて、匂いの元をたどったら古びた木造のアーケード風の商店街に辿り着いた。
匂いの元はせんべい屋さんだった。そこで大きな堅焼せんべいを一枚買って食べた。
その味は子供の頃の駄菓子屋を思い出す味だった。


3_202101251954068a7.jpg
東京の下町商店街は、観光も兼ねられるような面白い企画で被写体も豊富だ。
昭和の店構えの総菜屋さんだったり揚げ物屋さんだったり、おいしそうな香りにそそられてふらふら。


2_20210125195406a7e.jpg
蕎麦屋の店先には観光雑誌が、どうぞご自由にとばかり置いてある。
呼び込みの看板に見入ってしまい、店に入るまで時間がかかってしまう。




  1. 2021/01/26(火) 06:04:25|
  2. その他
  3. | コメント:2

氷柱


IMG_2183.jpg
これから冷え込みが強くなるこの時期、殺風景な山間部で見られる厳寒の光景です。
渓谷に沢の水を噴射して出来た人工の氷柱ですが、ここまで成長させるには
大変な時間と労力が費やされるようです。
例年はTV中継もされるような賑やかさがあるのですが、
今シーズンはコロナ禍ということで公式公開はないようです。


IMG_2202.jpg
氷像のように何かの形を模して作るのではないので、被写体としては切り取りが難しいです。
何枚も撮っても、なかなかこれはというものは撮れません。


IMG_2227.jpg
稜線から顔を出す太陽を車の中で待ち続け、やっと撮れたのですが、光芒がいまいちでした。
何せ足元が凍っているので、滑って転倒しないように重心を保ちながらのアングル探しは必死です。


  1. 2021/01/24(日) 06:17:36|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:4

カレーライスの日


2_20210121193132e6b.jpg
今日1月22日は「カレーライスの日」です。
1982年(昭和57年)に全国学校栄養士協議会が全国の学校給食の統一メニューとして、
カレーを提供した日にちなんだということです。
本場のインドカレーと違った日本風のカレーというのでしょうが、
本格的な激辛を好む人もいますが、あの辛味は癖になるのでしょうね。
料理するのも簡単で多人数の時は良いですよね。
カレーライスの時は何故かライスの量がいつもより沢山食べられるのですが、
カレーが満腹中枢をマヒさせるのかな?それとも喉越しが良いのかな?


1_202101211931314c6.jpg
ちなみに6月2日は「カレーの日」です。
1859年6月2日に横浜港が開港して、外国から初めてカレーが入って来た
ということが由来だそうです。
でも私は横浜カレーというのは聞いたことがありませんが、横須賀の海軍カレーは耳にしますが。
あれは帝国海軍の栄養管理の一環の給食だといいます。
カレーは体にいいのですね。

  1. 2021/01/22(金) 06:05:41|
  2. その他
  3. | コメント:0

偶然


IMG_3286170525145011.jpg
昨日写真展に出品した作品が返って来ました。
テーマは「瞬間を捉える」
機首が別の飛行機の垂直尾翼に重なりそうな瞬間です。
狙ってシャツターを切ったという意識はなく偶然の結果でした。


IMG_3285170525144939.jpg
これは垂直尾翼で三角形を作った一瞬のシーンです。
滑走路へ向かう機の動きを狙っていたのですが、勿論そんな発想で撮ったわけでもなく
後々見て初めて分かりました。


IMG_3323170525151211.jpg
上の2作品は意識的に狙って撮れば撮れる瞬間ですが、
この作品が出品した作品で、実に驚きの瞬間でした。
着陸して来たエアドゥの機首と離陸に向かうJALの機首が垂直線にどんぴしゃりなのです。
連射で撮った中の一枚が偶然一致したのです。
物差しを当ててみると1ミリの狂いもなく、垂直の線が一致、競馬などでいう同着でした。
連射撮影といえど、1ミリの狂いもないというのは、そう撮れない瞬間だと思いますが。
お守り代わりに部屋に飾りました。


  1. 2021/01/20(水) 06:05:14|
  2. その他
  3. | コメント:0

寒い朝には


1_20210118190130436.jpg
これから2月に向けて寒さも本番ですね。
ますます目覚めの布団から中々出ることが出来ません。
そんな冬の朝食は、炬燵で温かい卵かけご飯と味噌汁が欲しくなります。


3_2021011819114234f.jpg
でも最近テーブルフォトを撮り始めたので、こんなパン食と和食を交互に頂いています。
部屋が暖かいと湯気が表現できないので、撮影が終わるまでは暖房は切っています。
そうなると、早々に料理が覚めてしまうので、早撮りしないといけません。
出来栄えは食事の後にPC画面でじっくりと見ながら自己反省しています。
でもなかなかうまく撮れません。私の持ち合わせは、団扇ばかりでセンス(扇子)?がないのです・・・・。(>_<)


2_20210118190131328.jpg
昨年の夏頃に応募したプレゼント企画で当たった苺が昨日届きました。
今の時期の苺は実が固めなので、撮影のためにあちこち触っても傷つきにくいようです。
それにしてもこの時期に苺が食べられるなんて幸せです。
それぞれの味はまさに一期(苺)一会です。(*^^*)



  1. 2021/01/19(火) 06:00:31|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

寒空に


IMG_2014.jpg
当地方は暫く雲ひとつない晴天の日々が続いていましたが、久々に青空に白い雲が流れている光景を見ることが出来ました。
夕焼け雲が見られるかなと、日の入り間近に近くの公園へ出かけてみました。


IMG_2056.jpg
生憎日の入り時刻には西の空には厚い雲が立ち込め、奇麗な夕景は見ることが出来ませんでした。


IMG_2070.jpg
寒さも増して来た薄暮になると、イルミネーションを見に来た人の車で駐車場はほぼ満車となりました。
寒さもあって皆さんマスク着用と防寒対策で完全装備です。


IMG_2074.jpg
皆さんコロナ対策を励行しつつのお出かけなのだと思います。
やはり閉じ籠りはストレスとなるのでしょうね。





  1. 2021/01/18(月) 06:07:47|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

コロナ禍


DSC_0122.jpg
感染源のやり玉に挙げられている飲食業界は今や窮地に追いやられているようです。
飲食の何がいけないのか?マスクを外し会話をしながらの飲食で飛沫が飛ぶことが感染リスクだとしたら・・・。
しゃべらなければいいのに。モクモクと味わいながら食べればいいのに。
その昔は食べながらおしゃべりするのは行儀が悪い、とされた昭和の時代。
「べちゃべちやしゃべりながら食べている客は、代金はいらねえからさっさと出て行ってくれ」
なんて職人気質の店主もいた昭和の時代。
料理人に敬意を払い、モクモクと無言で味わう食事方法もありなのでは。
「孤独のグルメ」のような、おひとり様が心のつぶやきで食を楽しむのもありだろう。
精進料理のように物静かに食べるのもある。
無言で食べるのであれば、飛沫は抑えられるのでは。
昼であろうが夜であろうが。
おしゃべりしながらの食事は、今は封印するしかないのでは。


IMG_5685.jpg
コロナに試されている人類、各々の本性が見え隠れ、こんな時世だからこそ、己を反省しながらのひとり酒もありかな。
医療と経済の両立が出来ない今、どちらを最優先にすればいいのか?
AIにでも解決策は見い出せないのだろう。









  1. 2021/01/16(土) 06:04:16|
  2. その他
  3. | コメント:4

冬景色


1_202101141447110b5.jpg
冬景色といっても雪景色ではありません。
私には枯草もこの時期には冬の被写体なのです。
絞り開放で中間あたりにピントを合わせ、前後をぼかして泡のように表現してみました。


2_202101141447127c5.jpg
泡の正体はこれです。
通称「バカ」正式名は「アメリカセンダングサ」。
逆光で撮ると結構アートになります。


3_20210114144715f8b.jpg
今年も「春胡椒」が・・・私がそう名付けたスギ花粉です。
これが飛び始めると何となく鼻がムズムズして、胡椒を吸ったように感じるのです。
まだ飛び始める前かと思いますが、すぐにでも爆発しそうな膨らみが見られます。
これからコロナと花粉のダブルパンチの季節がやって来るのですね。
今年も桜の開花は早そうな予想です。
コロナの蔓延が収まらないと、花見も昨年の二の舞になるのでしょう。
そうならないためにも、コロナ感染にいっそう気を付けたいと思います。


  1. 2021/01/15(金) 06:20:06|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

ろうばいの香り


1_20210113190123b3a.jpg
ろうばいは漢字では「狼狽」「蝋梅」「蠟梅」と書くようですが、いずれも難しいですね。
花期は12月中旬から2月頃までで、花の少ないこの時期を甘い香りで癒してくれます。


3_20210113190126ab3.jpg
ろうばいの香りは鎮静や精神の安定作用があり免疫力を上げるというのです。
でも抽出される油は医薬品扱いとなるので簡単には手に入らないということです。
それに抽出方法も技術的に難しく多量に抽出が出来ないということなので、
アロマオイルとしての流通はほとんどないようです。


2_2021011319012476f.jpg
これからコロナ自粛も長引きそうなので、花を部屋に持ち込んで香りを楽しむのも良いかも。
それにしても、ろうばいは花の形にメリハリがなく、枝ぶりが縦横無尽なので、本当に構図が難しいです。
毎年色々考えて撮るのですが、背景の枝が煩わしいので背景をすっきりさせるには、
このような青空の背景になってしまいます。


  1. 2021/01/14(木) 06:10:14|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

夢中の雨


IMG_5725.jpg
我が地方はしばらく雨が降っていません。2ヶ月くらいになるのかな。
乾燥は喉によろしくないし、風邪を引いたとしてもいつも通りには医者にかかれないだろう。
昨日の天気予報では夜中に雨かみぞれが降るということでした。
目覚めれば辺りはしっとりとしているだろうと、そんな思いで就寝しました。
夜中にふと目覚めると、案の定窓の外は雨音が。。。。

朝目覚めれば、いつもは明るいカーテン越しの窓の外は暗い空模様。
昨夜はさぞかし降っただろうとカーテンを引きながら外を眺めると・・・・。
庭の木々も地面もお隣の屋根もいつものカラカラ状態だ。
ええ、昨夜の雨音は夢の中の出来事だったのか。


IMG_5714.jpg
ベーカリーのサービスデーというので、テーブルフォトの題材にしようと菓子パンを買って来ました。
甘い物には目がない私には、撮ることより食べることの方が・・・・・
構図作りもおろそかに、数カットでもう脳の食欲中枢は限界だ・・・・脳はパンク(パン食う?)状態。(*^^)v


  1. 2021/01/13(水) 06:01:48|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

コロナと大雪


1_20210111091633bf5.jpg
コロナは今世界中で広がり、感染者は1億人に達しようとしている。
いつになったら収まるのだろうか。
連日TVではコロナと大雪のニュースばかりだ。
こんな報道の陰で埋もれてしまっているニュースも沢山あるのだろう。
大雪は立ち往生で車中で一夜を過ごした人もいるという。
コロナは第3波、大雪の車両渋滞は以前にも経験しているはずだ。
備えあれば憂いなし、損して得取れ、日頃の備えは何もなければ無駄になるだろうが、
今回のようなことがあった時には、被害が最小限にとどまるのに。
我々凡人から見ても非常時の国の対応に積極性が感じられない。
国民には見えない何かの力が働いているのかな?



2_20210111091635613.jpg
暫くはじっと我慢の日々で明るい兆しを待つしかないのだろう。
それはひとりひとりが予防法を励行するしかないということでは。
マスクは効果があるというが、正しい使い方をしないといけないのだろう。




  1. 2021/01/12(火) 06:05:39|
  2. その他
  3. | コメント:2

緊急事態宣言


IMG_68642005,680400140116102135
コロナ感染者が増加の一途で、関東一都三県に緊急事態宣言発出。
今回は医療崩壊阻止が狙いだという。
コロナのせいでコロナ以外の病気や怪我も診ることが出来なくなる日本の医療。
収容してくれる病院が無いとなると、救急車も機能しなくなるのだ。
おちおち急性アルコール中毒にもなれないですね。
コロナに掛からなくても、廻り廻ってコロナの付けが。
経済ひっ迫もみんなコロナのせい。
そのコロナウイルスを撲滅しない限り、世の中のすべてが機能しなくなる。
だからコロナの基本予防を忠実に守ることしかないだろう。特に特権階級?の人には範を示してもらいたい。
大人なんだからそんなことは言われたくないだろうが・・・・空気を読める人になって下さい。


  1. 2021/01/09(土) 06:01:15|
  2. その他
  3. | コメント:2

日本神社


1_2021010518422014c.jpg
観音堂の近くに日本神社があるので参拝することにしました。
日本と表記する神社は全国に何か所かあるということですが、
「にほん」と読むのはここだけ、つまり日本で唯一ということです。
起源は戦国時代に遡り、当時は「武運」いくさに勝つという御利益があったとか。


2_20210105184221e86.jpg
日本というメジャーな名称ですが、地域の守り神ということで、知る人ぞ知る神社ということです。
とはいえ過去には重量挙げの三宅宏美選手やサッカーのなでしこジャパンメンバーが参拝に訪れたとか。
それにあやかってか、サッカースポーツ少年団と思しき親子連れが何組か見られました。
私はコロナに打ち勝てるように祈願して参りました。
頑張れ日本・・・コロナに負けるな!


3_20210105184222f0d.jpg
参拝後は青い達磨と御朱印を頂いて来ました。
日本唯一の社と書いてあります。
先行きが見えないコロナ禍、どうにもならない部分は神仏にすがりたくもなりますね。

  1. 2021/01/07(木) 06:10:27|
  2. その他
  3. | コメント:4

ろうばい咲く


11_20210104172909acb.jpg
昨年は下旬に訪れたのですが、観音堂の境内に咲くろうばいが見頃と聞き、今年も出かけてみました。
冷たい空気とともにほのかな香りが漂ってくると、一年の始まりを感じるのです。


12_20210104172910718.jpg
撮影ポジションを探しながら枯草の中を歩いていると、ズボンの裾には沢山の「バカ」?が付いている。
子供の頃にみんなが言っていたこの草の名は、未だに私の中では「バカ」のままだ。
調べてみたら、「アメリカセンダングサ」というらしい。
でもこんな長ったらしい名称では、今まで通り「バカ」で良いかな。


13_20210104172911e70.jpg
絞りを絞った広角レンズを近づけてアップで狙ってみました。
広角レンズのアップは、手前の花は大きめに、背景の観音堂が見た目より小さく遠くに見えます。
ここのところ私の地域では晴天続きで、青空に浮かぶ雲はほとんど見られない。
なので空の背景が殺風景になる。
雪国のお正月には、こんな光景は想像できないのでしょうね。
でも空気が乾燥しているので、のどの渇きで風邪などひきやすく、また火災が心配されるのです。



  1. 2021/01/05(火) 06:30:59|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:2

妙義神社


1_20210103184538fb4.jpg
来週に出かけようとしていた初詣でしたが、意外に空いているとの情報を聞きつけ
急遽昨日参拝して参りました。
私の初詣は群馬県の妙義山山麓に鎮座する妙義神社です。
本殿へは165段ほどの凸凹した階段を上って行きます。
階段の上り口にはマスク着用の看板がありました。
ただでさえ息が切れる急な階段を、マスクしながらでは余計に呼吸が乱れ、
上りきったところで呼吸を整えないと次へは進めません。


2_202101031845390c8.jpg
眼下を見下ろすと遠くの山並みがくっきり見えます。
お正月ならではの澄み切った空気で、さらに普段は見る事のない遠~~くの山並みも見渡せるのです。


3_20210103184539380.jpg
いつものように家内安全のお札と交通安全のお守りを頂いて、今年の運勢を占うおみくじを・・・。
いつもは箱の中を手探りして拾い出すおみくじも、今回は箱から出された状態で並べてあり、
更にアルコール消毒が用意された念の入れようです。
ちなみに手水舎は使用禁止でした。
こんな光景が長きに続くことのないように願いたいものです。


4_20210103184539dce.jpg
いつものように沢山のおみくじが結び付けられています。
この風習は縁を結ぶという意味で、恋愛の縁や神様と縁を結ぶという意味があるそうです。


5_2021010318454142e.jpg
私のおみくじは「大吉」で、今年は幸先がよろしいようです。
でも戒めの言葉も沢山ありました。
有頂天にならず謙虚に一年を過ごしたいと思います。




  1. 2021/01/04(月) 06:06:04|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:0

茶の湯


13_202101021713071bd.jpg
以前ネット注文していたテーブルフォト用のアイテムが届いたので、さっそく撮ってみました。
茶碗と茶筅は撮影用に旅先で手に入れたものです。
百均の小物も結構溜まっています。
春の花の季節になるまでは、こんなことでインドアを楽しんでみようかと思います。


14_2021010217130908d.jpg
こちらは旅先で頂いた抹茶セット。
もちろん堅苦しい作法は抜きで、普通のお茶しましょうです。

今年の初詣の人出はどうだったのだろうか。
来週中には参拝しょうかな。
願い事をするときには、住所、氏名、生年月日を念じないと神様に届かないとか。
コロナが変える生活習慣、将来はネット祈願でアドレスに返信が来るのが当たり前。
勿論祈願料はキャッシュレスで。
コロナ早く収束しますように~~。(*_*)





  1. 2021/01/03(日) 06:11:22|
  2. その他
  3. | コメント:1

2021年賀正


11_202012311532155bc.jpg
昨年中はご訪問ありがとうございました。
ブログを開設してから本年で丁度10年目になりました。
時代とともにブログのスタイルも変わって行くことと思います。
試行錯誤しながら皆様に楽しんで頂ける内容にして行きたいと思っています。
この年末年始でも、医療関係者は例年にない体制で患者のサポートをしていると思います。
医療を守るという意味でも、病気に掛からないよう自粛に努めたいと思います。
本年も何卒よろしくお願い致します。


10_20201231211637261.jpg
15年ほど前に撮った懐かしい富士山です。
やっと本格的な寒さがやって参りましたが、今期は富士山の積雪が少ないようです。
今までが暖冬傾向だったのですね。
昨日のライブカメラでも、例年になくほとんど山肌が見えるほどでした。
太平洋側に降水がないと富士山に雪は降らないようで、日本海側の大雪とは対照的ですね。


  1. 2021/01/01(金) 00:00:26|
  2. 冬(12・1・2月)
  3. | コメント:8

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (63)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (209)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ