FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季風情を味わってもらえたら幸いです。お気軽にお立ち寄り下さい。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

ツユ晴れ

 今年の梅雨はカラ梅雨になってしまうのか。当たり前の話ですが、ほどよく降って欲しいものです。両極端では、どちらにしても日常生活に影響があります。 今朝は、久々の梅雨の合間の青空を見ることが出来ました。その青空には、秋空のような綺麗な雲が流れていました。そして、見る見るうちにその形は変わって行きます。雲の変化が予想外に速いのには驚きです。日射しの弱いうちに散歩をしようと思っていましたが、こんな光景を見逃す手はないと、雲の撮影を優先することにして散歩は後回です。




11_2017062616263893b.jpg
うろこ雲は高積雲といわれ上空5,000~12,000mに現れるそうです。その下を横切る雲は何だろう。あまり専門的なことは考えず、構図の面白さを切り取るのが良いのかなと思います。



12_201706261626419f1.jpg
これも上空5,000~12,000m級の巻雲です。ハケで掃いたような形からホウキ雲と呼ばれます。



13_201706261626425ee.jpg
こんな高いところの雲は秋に見られる雲です。空だけ見ていると秋だと勘違いしそうです。ワンポイントにねむの木を入れてみました。これで季節が夏だという季語?になります。


15_20170626162645575.jpg
ねむの木の下から覗いた青空です。



14_20170626162644dff.jpg
広角レンズで広く捉えると色々な雲が見られますが、これでは漠然とした構図になってしまいますね。。



17_20170626162648b17.jpg
巻雲が下から吹き上げられています。上空にはなかなり強い風が吹いていることが伺えます。



16_20170626162646ee7.jpg
こちらは今時の雲、積雲です。この雲が発達すると入道雲になるのですね。



*青空とひとことに言っても、方向で濃さが違います。撮影でいう順光の方向が一番濃いのです。つまり、太陽を背にして見る方向が一番濃いのです。でも青さだけを追ってしまうと、雲が平面的な感じに写ってしまう方向ということになります。でも最後の積雲などは、順光でも雲そのものに明暗があるので立体的に見えます。



  1. 2017/06/26(月) 17:17:44|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0
<<紫陽花のうんちく | ホーム | 今時の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部からの発信です。
ローカルな写真素材ですが写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指しています。お気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。
 *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

その他 (63)
旅風情 (45)
春(3・4・5月) (215)
夏(6・7・8月) (124)
秋(9・10・11月) (137)
冬(12・1・2月) (120)

月別アーカイブ