FC2ブログ

フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

夏の花

 焼けつくような日射しで花撮も億劫になります。でもこの時季は「日照りの朝曇り」といわれる現象で、朝のうちは雲が出て日射しが遮られることが多くなります。そんな午前中の時間帯は花もまだ生き生きしているので、花撮の狙い目かなと思います。




31_20180706080915e94.jpg
夏の花の代表は何といってもヒマワリですね。この花だけはカンカン照りのコントラストの強いシーンがお似合いかと思います。
花言葉は「あなただけを見つめる」・・・・そういえば何故か視線を感じます。
ヒマワリは太陽の動きを追うように方向を変えていくといわれていますが、実際は基本的には一定方向を向いているようです。今後はじっくり観察してみようとかと思います。



32_20180706080917405.jpg
アサガオは朝になって開花するものかなと思ったら、意外や暗いうちに開花し始め、ゆっくり時間を掛けて咲いていくので、すでに日の出の頃にはピークを過ぎているとか。



33_201807060809186d1.jpg
近くのお寺で白いハスを見つけました。大きな鉢に植わっていて高い位置にあったので、こんな窮屈なカットになってしまいました。
ハスとスイレンの違いがよく分からないので調べてみたら・・・・ハスは水面より高く咲き、葉に切れ込みが無く、スイレンは水面近くで咲き、葉に切れ込みがあるとありました。でも花そのものが大きく違うと思うのですが・・・・?
ちなみに、中華料理店のラーメンでスープをすくうスプーンをレンゲと言いますが、これってハスの花の一枚の花弁の形を見立てて名付けられたとか。




34_20180706080920ac8.jpg
ユリも色や柄によって様々な呼び名があるようです。細い茎に大きな花を咲かせるユリが風に揺れている様子から「揺すり」と呼ばれ、それが変化して「ユリ」と呼ばれるようになったとか。花の名の由来って、後付けの理屈のような気がしないでもないですね。



35_201807060809214e8.jpg
花弁が垂れ下がっているのは、エキナセアです。思わず玉ねぎヘアーを思い出してしまいました。これは形が面白いので造形的に撮るのも面白そうです。
この花は風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果があるハーブの仲間だということで、薬の原料として広く使われるといった驚きの薬草なんですね。




  1. 2018/07/05(木) 20:25:58|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0
<<夏の風物詩 | ホーム | 梅雨の戻り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (30)
旅風情 (35)
春(3・4・5月) (111)
夏(6・7・8月) (66)
秋(9・10・11月) (61)
冬(12・1・2月) (50)

月別アーカイブ