フォトサロン「四季風情」

写真を通して四季や旅の風情を味わってもらえたら幸いに思います。                                                        お気軽にお立ち寄りください。なお写真の複製およびご使用はご遠慮願います。

夏風情

 空ツユかと思っていたら、突然の台風襲来。恵みの雨どころではなく、台風が去った後も北陸や西日本では豪雨が続いているようです。被災地の方々には、お見舞い申し上げます。
 昨日あたりから蝉が鳴き始めました。蝉が鳴き始めると梅雨明け間近だと、その昔良く耳にしました。



1_20170706173200796.jpg
暑い時期は外出も億劫になります。強い日射しの下での花撮も気が進みません。こんな時にはテーブルフォトが良いのでは。
百均で集めた小道具で夏風情を演出してみました。



2_20170706173201417.jpg
蒸したトウモロコシを頂きます。今時のトウモロコシは甘味があって美味しいのですが、食べ終わった後の歯に詰まったカスの手入れが大変です。余分な楊枝(用事)が増えます。(>_<)



3_2017070617320238f.jpg
今は使わなくなった蚊取り線香を、納戸から出して来て昔を懐かしんでみました。風鈴はゆらゆらと、風の弱まった時に撮ったので、かすかに煙が写っています。





  1. 2017/07/06(木) 17:51:18|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

いつもの花園へ

 春先から初夏にかけては花数も沢山あり、華やかな花ばかりで目移りしてしまいます。でもこの時期はそれに比べ、花数も少なくなって来ます。
 暑くなると遠出も億劫になります。そんな訳で、久々に私のホームグラウンドである「いつもの花園」に出かけてみました。




1_20170703154424e46.jpg
今年のアサガイは雨が少なくて気の毒に思います。
厚い雲の間から差し込んだ日差しで、白のアジサイの中に灯が灯ったように見えます。前ボケと背景にある色とりどりのアジサイのボケを意識しました。



2_201707031544270c1.jpg
ギボウシはシベが飛び出ているので、この部分だけをアップで狙ってみました。



3_20170703154427e70.jpg
花弁だと思えてしまうガクアジサイのガクを前ボケにして、本来の花弁にピントを合わせてみました。



4_201707031544302ad.jpg
池に浮かぶスイレンです。この花には小さな虫が沢山付きます。遠くから望遠で撮ってみると、後にその虫が沢山写っていることがあります。PLフィルターで水面の反射を抑えると水面が暗くなり、花が浮き出て見えます。このシチュエーションでは、マイナス補正をしないと花が露出オーバーになってしまいます。



5_201707031544316d4.jpg
花を更にアップにしてみました。虫はほとんどいないようですが、花が汚れているのが分かります。




6_201707031544328de.jpg
ハマナスのシベを超マクロで・・・・こうなると花というよりシベの形が楽しめます。




  1. 2017/07/03(月) 16:27:52|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:4

紫陽花色々

 あまり見かけることのない紫陽花を見つけました。




1_201706292039297af.jpg
これは良く見かける手毬ですが、色付始めは何とも言えないパステルな雰囲気です。



2_20170629203930130.jpg
上と下に色違いの前ボケを入れて賑やかに・・・・。



3_20170629203931b0a.jpg
ちょっと違ったガクの形をしたガクアジサイです。どう見ても花弁だと言いたくなりますが。



4_20170629203933bd4.jpg
白く色付く前のアナベルです。



5_20170629203934e8c.jpg
アナベルといえば白色がほとんどかなと思いますが、これはピンクのアナベルです。私は初めて見ました。



6_20170629203936e7c.jpg
上のアナベルの隙間にレンズを近づけ、前ボケを作り後ろの花を狙いました。



7_201706292039379f4.jpg
これはガク片が内側にまるまって渦を巻いたように見えることから、ウズアジサイといいます。又の名をオタフク、膨れているように見えるところからでしょうか。



8_201706292039390b4.jpg
これはおまけです。青モミジが綺麗だったので、ソフトフィルターでハイキー調に・・・・お口直しに如何でしょうか。




  1. 2017/06/30(金) 08:36:54|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:4

紫陽花のうんちく

 漢字で書く紫陽花は、「あじさい」とはとても読めませんね。たとえ読むことが出来ても、いきなり書いてみろと言われると、多分考え込んでしまう人が多いのかなと思います。なので、私は「しようばな」と覚えています。漢字の由来は中国から伝わったということです。花言葉は数ある中でも、なるほどといえるのは「移り気」ですね。土壌環境で色が変わるということだからです。種類は大きく分けると、一般的には「てまり」と「ガクアジサイ」の2つになるようです。




1_2017062719311791a.jpg
これは、ごく普通の「てまり」の部類です。元来赤色が主流ですが、土壌がアルカリ性だと赤系色、酸性だと青系色になるようです。



2_20170627193119bdc.jpg
こちらは、酸性で青系色に心変わりしたのですね。



3_201706271931208d3.jpg
これは?色の色素のアントシアニンを持たない種なので、土壌環境によらず、ずっと潔白を貫くそうです。



4_201706271931214a4.jpg
こちらは、だんだんと心変わりをしているようです。



5_20170627193123d37.jpg
すっかり酸性に変わってしまいました。



6_20170627193125fe4.jpg
こちらはガクアジサイですが、これはひとつの株でしたら、色が色々なのはどうしてか分かりません。
花弁だと思っていた部分がガクだなんて、初めて知った時には愕然?としました。(>_<)




紫陽花は園芸農家での品種改良が特に盛んで、色々なものが出回っているようなので色々楽しめますね。
  1. 2017/06/28(水) 08:10:05|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:2

ツユ晴れ

 今年の梅雨はカラ梅雨になってしまうのか。当たり前の話ですが、ほどよく降って欲しいものです。両極端では、どちらにしても日常生活に影響があります。 今朝は、久々の梅雨の合間の青空を見ることが出来ました。その青空には、秋空のような綺麗な雲が流れていました。そして、見る見るうちにその形は変わって行きます。雲の変化が予想外に速いのには驚きです。日射しの弱いうちに散歩をしようと思っていましたが、こんな光景を見逃す手はないと、雲の撮影を優先することにして散歩は後回です。




11_2017062616263893b.jpg
うろこ雲は高積雲といわれ上空5,000~12,000mに現れるそうです。その下を横切る雲は何だろう。あまり専門的なことは考えず、構図の面白さを切り取るのが良いのかなと思います。



12_201706261626419f1.jpg
これも上空5,000~12,000m級の巻雲です。ハケで掃いたような形からホウキ雲と呼ばれます。



13_201706261626425ee.jpg
こんな高いところの雲は秋に見られる雲です。空だけ見ていると秋だと勘違いしそうです。ワンポイントにねむの木を入れてみました。これで季節が夏だという季語?になります。


15_20170626162645575.jpg
ねむの木の下から覗いた青空です。



14_20170626162644dff.jpg
広角レンズで広く捉えると色々な雲が見られますが、これでは漠然とした構図になってしまいますね。。



17_20170626162648b17.jpg
巻雲が下から吹き上げられています。上空にはなかなり強い風が吹いていることが伺えます。



16_20170626162646ee7.jpg
こちらは今時の雲、積雲です。この雲が発達すると入道雲になるのですね。



*青空とひとことに言っても、方向で濃さが違います。撮影でいう順光の方向が一番濃いのです。つまり、太陽を背にして見る方向が一番濃いのです。でも青さだけを追ってしまうと、雲が平面的な感じに写ってしまう方向ということになります。でも最後の積雲などは、順光でも雲そのものに明暗があるので立体的に見えます。



  1. 2017/06/26(月) 17:17:44|
  2. 夏(6・7・8月)
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

訪問者

プロフィール

フォトハイカー

Author:フォトハイカー
埼玉県北部在住です。ローカルな写真素材ですが、写真に拘ったブログです。四季の風情で癒されるブログを目指していますので、気軽にお立ち寄り下さい。コメントも遠慮なく。      *写真の複製はご遠慮願います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面

フリーエリア

↓ ランキングにご協力お願いします にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

↓こちらにもご協力ください

FC2Blog Ranking

最新記事

カテゴリ

コレクション (19)
旅風情 (24)
春(3・4・5月) (74)
夏(6・7・8月) (37)
秋(9・10・11月) (35)
冬(12・1・2月) (32)

月別アーカイブ